tip/resting Created with Sketch.

このページの情報は、古い課題ビューについての説明です。新しい Jira 課題ビューでの作業の詳細については、「課題を説明するファイル、画像、その他のコンテンツを追加する」と「課題のウォッチ、共有、コメント」を参照してください。


課題の編集とコラボレーションのための以下のヒントとコツを利用して、課題への取り組みの効率を高めましょう。

課題の編集とコメントの基本について学習できる以外にも、このページは以下に役に立ちます。

  • 課題タイプを変更する
  • コメントと説明をフォーマットする
  • チームや他のメンバーをメンションして課題を共有する
  • ラベルとウォッチャーで課題を追跡する

ファイルやスクリーンショットの添付

管理者が添付ファイルを有効にしている場合、ユーザーとそのカスタマーはファイルとスクリーンショットを作業中の課題に添付できます。詳細は、「ファイルとスクリーンショットを課題に添付する」を参照してください。

課題でのコラボレーション

共有アイコン () を使用して他の Jira ユーザーと課題を共有することで、チームが常に最新の情報を得られるようにします。

チームのメンバーと協力して課題に取り組みたい場合、課題の説明またはコメントに @ とメンバーのユーザー名を入力してメンションすることでメンバーを招待できます。メンションしたユーザーへの通知は、課題の説明やコメントを保存した時点で送信されます。 

課題の詳細の編集

何の権限が必要ですか?

課題を編集するには、その課題が関連するプロジェクトの 課題の編集プロジェクト権限が必要です。この権限を持っていない場合、管理者に連絡してください。 

既存の課題を編集するには [編集] を選択して課題の編集ダイアログを開き、課題の詳細を変更します。編集するフィールドを変更するには [フィールド設定] > [カスタム] を選択し、表示または非表示にするフィールドを選択します。[更新] をクリックして変更を保存します。ボード構成に応じてバックログ、アクティブ スプリント、またはカンバン ボードの課題の詳細ビューで直接課題を編集できます。

課題にコメントする

何の権限が必要ですか?

課題にコメントを追加する ([コメント] ボタンを表示する) には、その課題の関連プロジェクトで次のプロジェクト権限の両方を持っている必要があります。

  • プロジェクトの閲覧権限で課題のコメントが表示されます
  • コメントの追加権限でコメントを課題に追加します

コメントを追加した課題のウォッチャーに自動的に設定されます。これを無効にするには、[プロファイルと設定] () > [個人設定] へ移動して自動ウォッチ オプションを変更します。

 検索するコンテンツ操作方法 
コメントの追加

[コメント] を選択します。


コメントの削除

対象のコメントにカーソルを合わせて、さらに表示 (•••) > [削除] > 確認ダイアログで [削除] の順に選択します。

コメントの編集

対象のコメントにカーソルを合わせて、さらに表示(•••) > [編集] の順に選択します。編集ダイアログで、必要に応じてテキストを編集して [保存] を選択します。

保存後、コメントのタイムスタンプの横に「編集済み」と表示されます。「編集済み」の上にカーソルを重ねると、コメントの編集者と編集日時の詳細が表示されます。

コメントの制限

上記のコメントの編集に関する説明に従います。編集ダイアログで、ロック アイコンを選択して、コメントを制限するグループまたはプロジェクト ロールを選択します。

Jira Service Management で、[内部向けにコメントを追加] を選択して、コメントをチームに限定することもできます。

コメントへのリンク

対象のコメントにカーソルを合わせて [さらに表示] (•••) を選択し、右クリックで [固定リンク] をクリックしてリンク アドレスをコピーします。

コピーされた固定リンクを必要な場所に貼り付けます。固定リンクを選択すると、課題内の特定のコメントにジャンプします。課題内に多くのコメントがある場合、これは特に役立ちます。

テキストを wiki マークアップで整形する

新しい課題ビューのエディタは、wiki マークアップではなくマークダウンを使用します。現在は、古いエディタに wiki マークアップを追加しても、新しい課題ビュで適切にレンダリングされます。新しい課題ビューと新しいエディタの段階的な提供に伴い、Wiki マークアップのサポートは段階的に廃止され、最終的にはマークダウンに移行されます。

Jira アプリケーションのテキスト フォーマットの表記により、次のようなリッチテキスト機能を使用できます。

  • 斜体、太字、下線付きテキスト
  • 様々なレベルのヘッディング
  • 箇条書き、番号付きリスト、テーブル、引用
  • 画像
  • マクロ

課題の説明やコメント、またはリッチテキストフィールドを編集する場合、シンプルな wiki エディター ツール バーを展開してテキストをフォーマットし、[プレビュー] を選択して、フォーマットされたテキストがどのように表示されるか確認することができます。Jira 管理者は wiki マークアップを使用可能にするレンダラーの有効化、無効化および設定を行えるため、オプションは多少異なることがあります。

ラベルによる課題のトラッキング

ラベルは、課題を分類したり検索したりするのに役立ちます。課題の表示中にさらに表示 (•••) > [ラベル] を選択して、ラベルを追加または削除します。結果は詳細セクションに反映されます。

ラベル (たとえば、上記のスクリーンショットの「office-support」) を選択すると、課題ナビゲーターにジャンプしてこのラベルを持つすべての課題のリストを表示できます。

tip/resting Created with Sketch.

またラベル ガジェットをダッシュボードに追加することで、あなたやチームに関連するラベルが付いた課題を素早く検索できます。

課題のウォッチと投票

何の権限が必要ですか?

課題をウォッチしたり、課題に投票している他のユーザーを表示するには、投票者とウォッチャーの表示 プロジェクト権限とウォッチャー一覧の管理 プロジェクト権限が必要です。

管理者が必要な通知スキームをセットアップ済みの場合は、[この課題のウォッチを開始する] を選択して課題のアップデート通知を自動で受け取れます。また、課題で複数のウォッチャーを選択して他の Jira ユーザーをウォッチャーとして追加できます。 

管理者が課題に対する投票を有効化している場合、[この課題に投票する] を選択して、担当チームに課題の解決や完了を促すことができます。

新しい Jira 課題ビューでのウォッチの詳細については、「課題のウォッチ、共有、コメント」を参照してください。新しい Jira 課題ビューでは、投票はサポートされていません。