Jira で接続されたプロジェクトを作成する

接続されたプロジェクトによって、ソフトウェア チームは Atlassian ツールとサードパーティ製ツールの両方に Jira プロジェクトを自動で設定して構成できます。つまり、ツールチェーン全体でデータをリンクできるため、チームは常にツールを切り替えることなく 1 か所からすべてにアクセスできます。

現在、この機能は Confluence、Opsgenie、Bitbucket、GitHub、Gitlab に対応しています。サードパーティ製ツールにはまもなく対応する予定です。

はじめる前に

ツールとサイトの統合、新しいプロジェクトの作成、プロジェクトへのツールの接続など、関連するタスクの多くは、Jira 管理者のみが実行できます。

ツールチェーンを接続する

Atlassian またはサードパーティのツールを JIRA プロジェクトに接続するには、ツールが既にインストールされていてサイトと統合されている必要があります。グローバル ナビゲーションから [アプリ] > [アプリの管理] の順に移動すると、接続されているツールをいつでも表示または変更できます。

統合の詳細については、次をご参照ください。

プロジェクトの作成

プロジェクトを作成して、[Connect work across your tools (ツール間で作業を連携させる] オプションを選択します

このオプションを選択した場合は、将来的には接続プロジェクトがデフォルトで作成されます。これによって、プロジェクト作成フローにステップが追加されて、そこで接続されたツールから新しいプロジェクトに簡単に作業をリンクできます。これはいつでもスキップして、[プロジェクト設定] でのリンク付けを完了できます。

作業を連携する

次に、Jira サイトに接続されているすべての利用可能なツールのチェックリストが表示されます。

プロジェクトに接続するツールを選択します。デフォルトでは、プロジェクトと同じ名前のツールごとに新しいコンテナ (リポジトリやスペースなど) を作成して接続します。

現在、Bitbucket、GitHub、または Gitlab から複数のリポジトリをリンクできますが、リンクできる Confluence スペースと Opsgenie チームは 1 つだけです。

接続されたツールにアクセスする

チームは (ウィンドウの左側にある) プロジェクト ナビゲーションの次のタブを使用して、作業を表示して接続されたツールに簡単に移動できます。

  • [ コード] タブのリポジトリ

  • [ デプロイ] タブの CI/CD パイプライン

  • [ ページ] タブのドキュメント

  • [オンコール ] タブのオンコール スケジュール

現在、オンコール機能は、チーム管理対象プロジェクトでのみ利用できます。

管理者は、それぞれのタブでリンクされた作業を追加、変更、または削除できます。

最終更新日 2021年05月12日)
次でキャッシュ 3:41 PM on Sep 25, 2021 |

その他のヘルプ