Opsgenie で監視する

当社のチームは Jira Software とさまざまな接続ツールを使用してアプリケーションを開発、デプロイ、管理する方法を説明するために、機械学習を使用してイメージにラベルを添付する AWS 上に構築されたシンプルなデモ アプリケーションである ImageLabeller を作成しました。

このページでは、Opsgenie で ImageLabeller を監視する方法について説明します。はじめに、ImageLabeller アーキテクチャのページを読んでコンテキストを確認することをお勧めします

Opsgenie で監視する

アプリケーションをデプロイした後は、アプリケーションの監視が不可欠です。このガイドでは、Opsgenie と AWS CloudWatch を組み合わせて監視をセットアップする方法を説明します。

Opsgenie に移動して [チーム] をクリックします。

opsgenie クイックスタート ガイドのスクリーンショット

Opsgenie チームはすでに存在します。これは、Jira で接続プロジェクトを作成した際に自動で生成されたものです。チームをクリックします。

opsgenie チームの「ImageLabeller」のスクリーンショット

[チーム] メニューの [統合] をクリックします。

opsgenie 統合のスクリーンショット

[統合を追加] をクリックします。

opsgenie 統合を追加したスクリーンショット

CloudWatch を検索して AWS CloudWatch を選択します。

Opsgenie に AWS 統合を追加したスクリーンショット

追加をクリックします。

Opsgenie の AWS 監視の統合のスクリーンショット

これによって、AWS CloudWatch との既定の統合が設定されます。ここでは、サブスクリプション エンドポイント URL を取得することが重要です。アラームを定義するときに、これを AWS CloudFormation テンプレートに追加する必要があります。

Opsgenie で AWS 監視を設定する手順のスクリーンショット

サブスクリプション エンドポイント URL をコピーしたら、下にスクロールして [統合を保存] をクリックします。

Opsgenie で AWS 統合を保存したスクリーンショット

Slack 統合

Opsgenie に移動して、[チーム]、[統合]、[統合を追加] の順にクリックします。

Opsgenie の [統合を追加] ボタンのスクリーンショット

Slack を検索して [Slack] を選択し、[追加] をクリックします。

Opsgenie で Slack 統合を検索したスクリーンショット

[Slack に追加] をクリックします。

Opsgenie の Slack 統合ページのスクリーンショット

下にスクロールして、アラートを表示する Slack チャネルを選択します。

Opsgenie の Slack 統合認証モーダルのスクリーンショット

下にスクロールして、ニーズに合わせて [アラート] アクションを調整します。以下の統合は、アラートが作成済み、承認済み、クローズ済み、削除済みのいずれかになったときに Slack をアップデートするように設定されています。[統合を保存] をクリックして続行します。

Opsgenie の Slack 統合の保存のスクリーンショット

以上で終了です。次のステップでは、AWS CloudWatch アラームBitbucket GitHubまたは Gitlab のいずれかでセットアップします。ご自身に適したものをお選びください。

 

最終更新日 2021年09月24日)
次でキャッシュ 1:35 AM on Oct 19, 2021 |

その他のヘルプ