Jira と CI/CD の統合

当社のチームは Jira Software とさまざまな接続ツールを使用してアプリケーションを開発、デプロイ、管理する方法を説明するために、機械学習を使用してイメージにラベルを添付する AWS 上に構築されたシンプルなデモ アプリケーションである ImageLabeller を作成しました。

このページでは、Jira で Bitbucket、GitHub、Gitlab などの他のツールからデータがどのように表示されるかについて説明します。ガイドの後半部分では、Jira 課題でこれらのアップデートを確認できます。

Jira コード

[プロジェクト] メニューの [コード] をクリックします。この画面は、プロジェクトに接続されているすべてのリポジトリにリンクします。リポジトリ アイコンをクリックすると、特定のリポジトリに直接移動できます。

bitbucket

Bitbucket リポジトリを使用している Jira のコード画面

GitHub

GitHub リポジトリを使用している Jira のコード画面

GitLab

Gitlab リポジトリを使用している Jira のコード画面

Jira のデプロイ

[プロジェクト] メニューの [デプロイ] をクリックします。[デプロイ] ページには、プロジェクト全体で集計されたアクティビティが表示されます。Insight はデプロイ頻度やサイクル期間などの指標を提供します。開発者が Jira 課題タグでコミットにラベルを付けると、このデータが自動で生成されます。

Insight を使用している Jira のデプロイ画面

Jira のプロジェクト ページ

[プロジェクト] メニューの [プロジェクト ページ] をクリックします。プロジェクト ページは、このプロジェクトに接続されているすべての Confluence ページを集約し、新しいページを作成するのに役立つテンプレートを提供します。

関連する Confluence ドキュメントを表示した Jira のプロジェクト ページ

CI/CD からの Jira アップデート

このセクションの詳細は、ソースの管理や CI/CD ツールが Jira と統合されているかに応じて変更される可能性があります。以下のスクリーンショットは、Bitbucket 統合の場合です。GitHub と Gitlab にも同様の機能がありますが、詳細は異なる場合があります。

Jira に移動して、s3_infra リポジトリを追加する Jira 課題をクリックします。

CI/CD ツールからの Jira アップデート

[開発] セクションで、行われた作業の概要を確認できます。開発セクションをクリックすると、開発画面を表示できます。

CI/CD ツールからの Jira アップデート

変更を確認できる「コミット」

この課題にリンクされているすべてのコミットは、[コミット] タブで確認できます。[メッセージ] 列に示されているように、このリンクは Jira 課題 ID がコミット メッセージに追加されたときに作成されます。

CI/CD からのアップデートを含む Jira コミット タブ

プル リクエスト

この課題にリンクされているすべてのプル リクエストは、[プル リクエスト] タブで確認できます。

Jira のプル リクエスト タブ

デプロイメント

[デプロイ] タブのすべての [環境] 全体で、この課題にリンクされているすべてのデプロイが表示されます。

複数のデプロイが表示されている Jira デプロイ タブ

ImageLabeller をビルドするときに Jira がどのように動作するかが分かったら、今度は実際にデプロイします。最初のステップは AWS SageMaker をセットアップすることです。ここをクリックして始めましょう!

最終更新日 2021年09月24日)
次でキャッシュ 1:35 AM on Oct 19, 2021 |

その他のヘルプ