• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

アラート通知フロー

この文書では、次の図に基づいて、作成されたアラートのフローについて説明します。グラフィックのラベル付きのパイプライン (1 ~ 18) に従って、一般的なアラート フローと Opsgenie で通知を受けるユーザーとそのタイミングを設定する方法についてご確認ください。

Opsgenie のアラート機能は、サービスへの影響を考慮したインシデント管理と管理システムおよびプロセスを構築して最適化する際に役立ちます。Opsgenie アラートを監視システム、サービス管理とチケット発行の各ソリューション、コラボレーション ツール、その他のチーミング ツールと統合します。Opsgenie は、関連するアラートを (インシデントに) 結合して添付ファイル、メモ、リンクを追加することに加えて、アラートのコンテンツをフィルター、分類、強化します。これによって、インシデントに関する利用可能な情報を最大化して、アラートを評価して処理内容を決定するために必要な時間とトラブルを最小化できます。Opsgenie がアクションを同期したり簡単にマッピングしたりするためにカスタム アクションを実行することがわかっているため、アラートで簡単にコラボレーションしてさまざまなチャネルでアクションを実行できます。

Opsgenie は、システムで何が起こっているかを確認して、組織のイベントに迅速に対応できる能力を最適化する方法をさらに強化します。Opsgenie エスカレーション、オンコール スケジューリング、ルール、ポリシーをカスタマイズすることで、インシデント対応のメカニズムとプロセスを強化できます。アラート通知フローを理解すると、ユーザーはインシデント対応プロセスを調整し続ける機会を確認できます。以下の図と説明はこのフローの概要を示しています。各ステップの説明には、そのステップに関連付けられたプロセスに関する詳細のリンクが含まれています。

Opsgenie のアラート通知フローを示す画像。

1. アラートが作成されました

アラート作成フローは、アラート通知フローに先行して、アラート通知フローを開始するかどうかといつ開始するかを決定します。アラート作成フローがアラート通知フローを開始すると、アラートのステータスはオープンになります。

a. アラート作成フロー
アラート作成フローで、Opsgenie はアラート通知フローの開始前にすべてのソース (受信アラート) からの受信データに対するルール、ポリシー、その他の操作を処理します。

例:

i. アラートのフィルタリングと抑制
Opsgenie 統合では、着信アラートのフィルタリング、アラートの作成、構成可能な条件の一致に基づいた他のアクション (着信アラートの無視を含む) の実行が可能です。その他の統合ルールや設定では、通知フローの開始前にアラートを抑制できます。通知は送信されませんが、ユーザーはアラートにアクセスできます。

ii. 通知ポリシー
通知ポリシーアラート通知フローの開始を遅らせられます。Opsgenie は、アラート作成フロー中にすべてのソースからの着信アラートをチェックします。また、ソースが設定された回数である同じエイリアス (アラートの一意の ID) によって Opsgenie アラートの作成を試行するまで、アラート通知フローを遅らせるように設定できます。

iii. 重複除外
同じエイリアスを含むオープン アラートが既に存在している際に、いずれかのソースから受信されたアラートが新しい Opsgenie アラートを作成しようとすると、Opsgenie はアラートを重複除外します。重複除外では、別のアラートを作成する代わりにアラートのアラート カウント値を 1 つ増加します。Opsgenie はこれらのイベントをアラートのアクティビティ ログに追加します (追跡を強化するため)。

Opsgenie は (状態がオープンである限り) アラートの重複除外を続行しますが、アラート カウントの値とアクティビティ ログには、100 回発生すると以降は重複除外アクティビティが表示されなくなります。

b. アラート状態
手動または統合ツールによってアラートを最初に作成すると、アラートの状態はオープン未承認になります。アラートのライフサイクルの過程で、ルール、ポリシー、ユーザー アクションの操作の結果としてアラートの状態が変化します。

Opsgenie がアラート通知を送信するかどうかは、アラートの状態によって異なります。

Opsgenie は、アラート通知フローのすべてのステップでアラートの状態をチェックします。Opsgenie がユーザーのアクション、自動クローズ ポリシー、または統合クローズ アラート ルールによってアラートクローズ済みであると判断した場合、アラートの通知フローは終了します。

2. 自動クローズ ポリシーが処理されました

アラート コンテンツが自動クローズ ポリシーの条件に一致すると、自動クローズ イベントがトリガーされます。自動クローズ イベントに設定された時間になると、Opsgenie は自動でアラートを閉じます。

3. 自動再起動通知ポリシーが処理されました

自動再起動通知ポリシーを設定した場合、アラートクローズ済みでない限り、現在の通知フローは破棄されて (現在の受信者またはエスカレーションの状態に関係なく) アラートの作成後にポリシーで指定された時刻の後に再起動されます。したがって、オープン アラートは現在の状態に関係なくステップ 3 に移動します。

次のポリシーも再トリガーされて、それらの時間状態が更新されます。

  • 自動クローズ

  • 遅延オプションまたは抑制オプションを含む通知ポリシー

4. - 8. 通知先は誰ですか?

次にアラートで発生することは、アラートで直属アラート受信者またはチームが識別されるかどうかによって異なります。

  • アラート コンテンツ (4) に直属/個々の受信者のみ、または個々の受信者チームの両方が指定されている場合は、アラート通知 (8) に追加されます。

  • アラート コンテンツ (5) にチームのみ (直属の受信者なし) が指定されている場合、次に発生することは、そのチームに一致するルーティング ルールがあるかどうか (6) によって異なります。

    • 一致するルーティング ルールがない場合、通知は送信されません (チーム メンバーはアラートを表示してアクセスできます)。

    • 一致するルーティング ルールがある場合、次に最初に一致したルーティング ルールは、チームのエスカレーションまたはオンコール スケジュールに従って、アラート通知をルーティングするか、誰にもルーティングしません。チーム メンバーは引き続きアラートを表示できアクセスできます (ただし通知は送信されません)。(7)

アラートで 1 人でも受信者が指定されている場合、ルーティング ルールはトリガーされません。アラート通知フローは、(11) (組織の Opsgenie プランにポリシーが含まれている場合) または (15) (プランにポリシーが含まれていない場合) に移動します。

9. - 10. エスカレーションが処理されました

エスカレーションがトリガーされた場合 (エスカレーションが [受信者] フィールドにいつ追加されたかに関係なく)、Opsgenie はエスカレーション ルールの処理 (9) を開始して、アラート通知に新しい受信者を追加するかどうかを確認します。Opsgenie はこれらのルールをアラート状態に対してチェックします。

例:

  • エスカレーション ルール承認済みではない (または未承認の) アラートについてのみ受信者に通知する場合は、アラートがオープンかつ未承認である場合 (「承認されていない場合」) にのみ Opsgenie は新しい受信者アラート通知に追加します。

  • アラートクローズ済みではないときにのみに、エスカレーション ルール受信者に通知する、アラートがオープンの場合、アラート承認済みであっても、ターゲット受信者アラートに追加されます。

エスカレーション ルールによってチームが新しい受信者として追加された場合、追加したチーム受信者通知フローはステップ 6 で開始されます。個々の受信者が追加された場合、これらの受信者はシングル ユーザー、チームの他のメンバー、またはオンコール スケジュールのメンバーであるかどうかにかかわらず、これらの新しい受信者の通知フローはステップ 8 で開始されます。

11. - 14. 通知ポリシーが処理されました

Opsgenie プランによっては、組織の管理ユーザーは、通知ポリシーを使用してアラート通知に異なる操作を適用できます。組織の計画に通知ポリシーが含まれていない場合、通知フローは (15) まで続きます。アラートのコンテンツが通知ポリシーの条件に一致する場合、Opsgenie は通知ポリシーを処理します (11)。

ユーザーは、自分のプロファイルの [通知] タブで通知ルール (アラート通知の配信方法に関連する) を設定します。Opsgenie は (17) の [Recipient Notifications (受信者通知)] 設定を処理します。

通知は抑制されましたか (12) ?
通知ポリシーによってアラート通知が抑制される場合、Opsgenie はアラートの受信者に通知しません。ただし、ユーザーは抑制されたアラートにアクセスしてアクションを実行できます。

統合では、アラートの作成フロー中にアラートを抑制できます。統合によってアラートが抑制されている場合は、アラートの作成フロー中にアラート通知フローは開始されません。

通知は遅れていましたか (13) ?
一致する通知ポリシーが通知を遅延すると、遅延イベントがトリガーされます。遅延に設定された時間が終了すると (14)、フローは継続されます。

また、通知ポリシーはアラート作成フロー中にアラートを遅延させられます。アラート作成フロー中にアラート遅延すると、ソースが同じエイリアス (設定可能な回数) で Opsgenie アラートの作成を繰り返し試行するまで、アラートは作成されずにアラート通知フローは開始されません。

15. アラートの状態と受信者の準備状態がチェックされます

Opsgenie は通知を送信する前に、受信者の準備ができていることを確認します。

受信者が用意できました。

  • 受信者が追加されると必ず、一致するポリシーがない限りは遅延が追加されます。

  • 受信者が追加されるたびに遅延時間を追加する -- 一致するポリシーによって遅延が追加された場合。

Opsgenie は、アラートの状態をもう 1 度チェックします。

アラート状態

結果

Closed

受信者には通知されません。

オープン承認済み

アラートクローズ済みでない限り、エスカレーションに通知が必要なルールがある場合を除き、受信者に通知されなくなります。

ユーザー アクションでアラート承認が解除された場合、アラート通知フローはステップ 1 で再開します。

オープン未承認

アラートの詳細を表示していない受信者に通知されます。受信者が (Opsgenie または任意の通信チャネルで) アラートの詳細を表示している場合、その受信者には通知されません。

例外:
アラートの詳細を表示した受信者は、遅延、スヌーズ済み、または抑制済みの各アラートの通知を受け取る場合があります。
Opsgenie はエスカレーションのためにアラートを受信したが、エスカレーション通知の前にアラートの詳細を表示した受信者にも通知を送信します。
*ユーザー アクションでアラートの承認が解除された場合、アラート通知フローはステップ 1 で再開します。

16. ユーザー通知設定が処理されました

プロファイルの [通知] タブで、Opsgenie がアラート通知を配信する方法を決定する通知ルールを設定できます。Opsgenie は、これらのユーザー通知設定を次の優先順位に従って処理します。

ユーザーが受信者として識別されたとき

Opsgenie が適用する通知ルール

ステップ 37

新しいアラート通知ルール

アラートのコンテンツ内 (アラートが作成されたとき)

新しいアラート通知ルール

スヌーズまたは未承認アクションの結果として

新しいアラート通知ルール

ユーザーまたはチームが既存のアラートに追加された場合:

新しいアラート通知ルール

他のアラート アクションの結果として:

承認アクション > 承認済みアラート ルール クローズ アクション > クローズ済みアラート ルール割り当てアクション > 割り当て済みアラート ルール メモ追加アクション > メモ追加ルール

他のユーザー アクションの結果として:

新しいアラート通知ルール

受信者転送ルールを設定した場合、Opsgenie はアラート通知を設定した時間枠で新しい受信者に転送します。通知フローは元の受信者に終了して、前の受信者を置き換えてステップ 15 前のフローで代わりの受信者を追加します。転送ルール期間が過ぎても、以前の受信者はそのアラート通知の更新を受信しなくなります。

[メモの追加]、[承認]、および [クローズ] アクションでは、受信者がそのアラートを認識している場合にのみ、Opsgenie から通知が送信されます。これは、受信者がアラートについて既に通知されているか、または受信者がアラートを確認したことを意味します。

17. 一致する通知ルールに対して連絡方式が有効になっていますか?

Opsgenie は、ユーザーがプロファイルの [通知設定] タブで一致する通知ルール連絡方法を有効化している場合にのみ、アラート通知を送信できます。一致する通知ルールがない、または一致する通知ルールに対して連絡方法が有効になっていない場合、次に Opsgenie はアラートを送信しません。

18. アラート通知が送信されました

Opsgenie は、各ユーザーが選択した連絡先方法に従って、1 人以上の受信者アラート通知を送信します。

一部のユーザー アクションは、アラート通知フローを中断または変更します。例: チーム メンバーがユーザーに未承認アラートを割り当てた場合は、通知を受けているすべてのユーザーに対してアラート通知フローが続行されます。新しく割り当てられたユーザーが割り当てられた通知を受信することを除いて、フローには影響しません (一致する通知ルールを有効にした場合)。
ただし、チーム メンバーが (割り当て前に) アラート承認すると、既存のアラート通知フローはチームの残りの部分で停止して新しく割り当てられたユーザーに対して開始されます。



 

その他のヘルプ