• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Opsgenie を Microsoft Azure OMS と統合する

Azure OMS ロゴ

Opsgenie が Azure OMS ユーザーに提供するもの

OpsgenieAzure OMS 統合を使用して Azure OMS アラートを Opsgenie に転送します。Opsgenie は、オンコール スケジュールに基づいて通知する適切な担当者を決定します。メール、テキスト メッセージ (SMS)、電話、iOS および Android のプッシュ通知によって通知し、アラートが承認されるかクローズされるまでアラートをエスカレートします。

統合の機能性

アラートが Azure OMS で作成されると、アラートが Opsgenie で作成されます。

Opsgenie で Azure OMS 統合を追加する

この統合はチーム ダッシュボードから追加可能

Opsgenie の Free または Essentials の各プランを使用している、または Jira Service Management の Standard プランで Opsgenie を使用している場合、このプランでは [設定] の [統合] ページが利用できないため、この統合はチーム ダッシュボードからのみ追加できます。

統合をチーム ダッシュボードから追加すると、そのチーム統合の所有者になります。Opsgenie では、この統合を通じて受信したアラートはそのチームのみに割り当てられます。

そのためには、次の手順に従います。

  1. Teams からチーム ダッシュボードに移動します。

  2. [統合] > [統合を追加] の順に選択します。

残りの手順に従って統合を完了します。

  1. [設定] > [統合] の順に移動します。Azure OMS を検索して [追加] を選択します。 

  2. [応答者] フィールドによって Azure OMS アラートの通知先を指定します。入力し始めると、オートコンプリートの候補が表示されます。

  3. Webhook の URL をコピーします。

  4. [Save Integration (統合の保存)] を選択します。

Azure OMS での設定

  1. Azure ポータルで、[すべてのサービス] をクリックします。リソースのリストで、[ログ 分析] と入力します。入力を開始すると、入力に基づいてリストがフィルターされます。[ログ 分析] を選択します。

  2. OMS ポータル を選択して OMS ポータルを起動し、概要ページで [ログ検索] を選択します。

Azure OMS ポータル

3. 新しいログ検索クエリを作成するか、保存したログ検索を選択します。

4. ページ上部の [アラート] をクリックして、[アラート ルールの追加] 画面を開きます。

Azure OMS アラート

5. 次の設定でアラート ルールを作成します。

  • Webhook の場合は [はい] を選択し、その他のアクションには [いいえ] を選択します。

6. Webhook URL を [Webhook URL] フィールドに貼り付けます。

7. カスタム JSON ペイロードを含む オプションを選択します。

注: ペイロードにカスタム パラメーターを追加する際は、次の形式に従ってください。
"customParameter":"§§#customParameterValue§§"

Webhook 設定

Webhook の設定時に使用される上記のテンプレートは、まったく同じでなければならず、カスタマイズは現在サポートされていません。別のテンプレートを使用すると、解析の課題が発生し、おそらく Webhook イベントは統合によって破棄されます。

Azure OMS アラート

Azure OMS から送信されるペイロードのサンプル

アラートのペイロードを作成します。

JSON

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 { "alertRuleName":"§§#alertrulename§§", "alertThresholdOperator":"§§#thresholdoperator§§", "alertThresholdValue":"§§#thresholdvalue§§", "linkToSearchResults":"§§#linktosearchresults§§", "resultCount":"§§#searchresultcount§§", "searchIntervalEndtimeUtc":"§§#searchintervalendtimeutc§§", "searchIntervalInSeconds":"§§#searchinterval§§", "searchIntervalStartTimeUtc":"§§#searchintervalstarttimeutc§§", "searchQuery":"§§#searchquery§§", "workspaceID":"§§#workspaceid§§" }

その他のヘルプ