• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

インシデントを手動で作成する

インシデントは、手動で (Opsgenie Web アプリケーションを介したユーザーのアクションによって) 作成することも、自動的に (監視対象のアラートへの定義と条件の適用によって) 作成することもできます。

Opsgenie では、インシデントの作成を自動化するインシデントルールの使用を推奨しています。ただし、組織によっては、インシデントを手動で作成するほうが望ましい場合があることも認識しています。このため、当社のインシデント対応プラットフォームでは、組織がインシデントを手動で (ユーザーが直接設計して) 作成することも、自動的に (インシデントルールを操作して) 作成することもできるようになっています。

インシデントを手動で設計する理由はさまざまです。

例:

  • アラート ストームには関連するアラートが含まれていることを認識している場合があるインシデント指揮官は、関連するすべてのアラートを集約するインシデントを手動で設計できます。

  • 特定のタイプのインシデントは、インシデントルールによって正確に識別される可能性を低下させる特性を持つことがあります。カスタムインシデントを手動で作成することで、正確に識別できる可能性を高めることができます。

  • 組織が、現在のニーズに合ったワークフローを使用している場合があります。インシデントの作成を自動化するという考え方にまだ馴染めない組織は、手動でインシデントを作成できます。これには、テンプレートを使用するか、アラートを組み合わせるか、アラートを既存のインシデントに関連付けるか、情報を入力して特定の目的に応じたカスタムインシデントを作成します。

カスタムインシデントの作成

カスタムインシデントを手動で作成するには、以下の手順に従います。これにより、アラートが関連付けられていないインシデントが作成されます。

インシデントを手動で作成するには

  1. インシデント ダッシュボードで、[作成] をクリックします。

  2. [Create Incident (インシデントの作成)] ページで、インシデント自体に関するフィールドに入力します。
    [インシデントのメッセージ] は必須フィールドです。
    テンプレートを選択して、フィールドに入力することもできます。

  3. インシデントに使用するカンファレンス ブリッジを選択します (オプション)。

  4. インシデントの作成時に関係者に通知を送信する場合は、[Notify stakeholders when incident is created (インシデントの作成時に関係者に通知する)] チェックボックスをオンにします。このオプションを無効にした場合、関係者は通知を受信しません。
    関係者のメール通知テンプレートを指定することもできます。

  5. [I'll use a custom entry title and entry description while informing the stakeholder (関係者に通知する際、カスタム エントリのタイトルとエントリの説明を使用する)] オプションが無効になっている場合は、インシデント メッセージが関係者のエントリ タイトルとして自動で使用されます。このオプションを有効にすると、エントリのタイトルとエントリの概要を個別に指定できます。

  6. [次へ] をクリックして、インシデントの解決に積極的に関与する必要がある追加のチームと個人を選択します。インシデントから、インシデントを承認できる唯一のチームである、所有者チームに通知されます。追加された対応者チーム追加された対応者ユーザーには、個別のアラートによって通知されます。インシデントとアラート両方のインシデント通知フローは、Opsgenie インシデント通知フローに基づいています。

  7. [次へ] をクリックして、[Stakeholders (関係者)] を選択します。インシデントについて (さまざまなコミュニケーション チャネルを通じて) 通知する関係者を組織全体から追加します。関係者を個別に追加するか、特定の条件に一致するユーザー情報から関係者を選択するルールを構成します。

  8. Opsgenie ユーザー名を入力して、個々の関係者を追加します。

  9. [+ Add new type (+ 新しいタイプを追加)] をクリックして、ルールの条件の入力を開始します。

  10. [作成] をクリックします。


インシデントを作成する他の方法を参照してください。

 

その他のヘルプ