• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

問題の報告

問題報告は、関係者が使用しているサービスで発生した問題を報告するためのものです。

Opsgenieの問題報告:

  • 関係者がリアルタイムで問題を報告できるようにする

  • 異なる通信を1つの中央チャネルに統合する

  • セルフサービスを奨励し、対応者の設定に基づいて報告された課題をフィルターします。

  • 対応者との双方向通信が可能

  • 報告者がコラボレーションし、解決までの道筋を追跡できるようにします。

報告された問題はアラートになり、適切なタイミングで適切なチームにルーティングされ、課題を修復できるようにエスカレーションパターンに従って処理されます。ステータス ページの問題報告から問題が報告されると、同様の課題が発生している他の関係者がその問題にプラスの投票を行って、問題にコメントを追加できるようになります。サービス ステータス ページを表示するのに必要なユーザー権限を持つ対応者も、報告されているオープンまたはクローズ済みの問題を表示できます。

問題報告の概要については、こちらの動画をご覧ください。

問題報告を有効にする

問題報告機能は、サービスに対して既定で有効になっています。サービス構成を編集するために必要なユーザー権限を持つ対応者ユーザーは、これらの設定を編集することもできます。

サイドバーまたはチームのダッシュボードの [サービス] タブにあるサービスリストから、目的のサービスに移動します。

問題報告を有効化するサービスをクリックします。

問題の報告

[Priority mapping (優先度マッピング)] タブをクリックします。

[Enable/Disable Problem Reporting via Status Page (ステータス ページからの問題報告の有効化/無効化)] のトグルをクリックして、問題報告をオンまたはオフにします。

[Problem Severity - Alert Priority Mapping (問題の重大度 - アラート優先度マッピング)] を指定して、報告された問題から作成されるアラートに優先度レベルを割り当てます。

[Alert Priority Updates Based on Problem Count (問題の数に基づくアラート優先度のアップデート)] を設定して、問題の数に基づいて、報告された問題から作成されるアラートの優先度レベルをアップデートします。

報告された問題から作成されるアラートにタグを追加します。

[更新] をクリックして、このサービスの問題報告設定への変更を保存します。

問題の報告者向け

問題をレポートする:
サイドバーにある [サービス リスト] メニューから、目的のサービスに移動して問題をレポートします。

問題報告

[Report a problem (問題の報告)] をクリックして、問題の詳細、重大度、関連するすべての添付ファイルを含む、課題について説明する簡単なフォームに入力します。

問題の報告

[レポート] をクリックします。

新しく報告された問題が、サービスページの [Open (オープン)] セクションに表示されます。

報告された問題に対するアラートが作成されます。報告された問題から作成されるアラートは、次のようになります。

Alert (警告する)

優先度マッピングによって P2 優先度のアラートが作成されますが、問題は P1 優先度で報告されていることに注意してください。

オープンしている問題

オープンしている問題

同様の課題が発生した場合は、オープンしている問題をクリックしてプラスに投票し、コメントの追加、添付ファイルの追加、以前のコメントの確認を行います。問題に対してプラスの投票を行うと、報告者アイコンの数が増加し、プラスに投票したユーザーが [報告者] セクションに追加されます。

オープンしている問題

クローズされた問題

スイッチを切り替えて、クローズ済みの問題を表示します。

クローズ済みの問題をクリックすると、オープンしている問題と同じ情報がすべて表示されますが、コメントにプラスの投票をしたり、コメントを追加したりするオプションは示されません。

その他のヘルプ