• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

インシデントとは

企業がどれほどうまく回避しようとしてもインシデントは発生します。IT インフラストラクチャと Web サイトのダウンタイムを最小限に抑えることが、組織の存続に不可欠です。インシデントの過程では時間が最大の敵となるためです。Opsgenie のインシデント管理機能によって、組織が問題を迅速かつ効果的に特定し、適切な担当者に通知し、ビジネス ユニット間のコミュニケーションを促進し、コラボレーションして問題を解決できるようになります。Opsgenie は、インシデントがニュースやソーシャル メディアを埋め尽くす種類の災害にならないようにします。

Atlassian の Opsgenie でのインシデント対応を YouTube で視聴する

インシデントは、優先度の高いサービスの中断を示す特殊な種類の Opsgenie アラートです。インシデントによって、現状を把握する必要があるユーザーに通知されます。また、インフラストラクチャに影響を与える可能性のある停止と類似の問題に関連する情報や通信を、組織が自動化、管理、追跡するのに役立ちます。

インシデントについて

対応者は通常、Opsgenie のアラート ダッシュボードでインシデントの表示と操作を開始します。ダッシュボードでは、インシデントを表示して作成し、アクションを実行できます。組織がチャット ツールを Opsgenie と統合している場合、ユーザーはチャット チャネルを通じて同じ操作を行えます。関係者閲覧者はアラートとインシデントにアクセスできませんが、関係者はサービス リスト上のこの情報の一部にアクセスできます。

閲覧者ロールは、2018 年 11 月 2 日前に Opsgenie に加入した旧プランのお客様のみ利用できます。

インシデントは 1 つ以上のアラートで構成される場合があります。インシデントの作成方法によって、優先順位とメッセージが異なる可能性があります。

自動化されたインシデント
インシデント作成が自動化されている場合 (インシデント ルールによってアラートを統合)、インシデントのメッセージ、関係者のメッセージ、関係者の説明の値は、アラート データから取得されます。たとえば、{{message}}、{{priority}} などのプロパティとフィールド値はアラート データから取得されて、サービスのインシデント ルールの設定に一致します。

カスタム インシデントとインシデント テンプレート
カスタム インシデントを手動で作成する場合は、インシデント作成時にインシデントのメッセージと他のプロパティを手動で入力するか、優先度、メッセージなどのプロパティが既に指定されているインシデント テンプレートを選択します。

インシデントを作成または更新するためのアラートの関連付け
アラートを組み合わせてインシデントを作成する、またはアラートをインシデントに追加する場合は、インシデントの優先度とメッセージに関連して競合する選択肢が含まれる可能性があります。このコンテキストでは、Opsgenie は次のように競合を解決します。

  • インシデントの優先度は、テンプレートの作成時または手動でのインシデント作成時にオプトインした場合、優先度が最も高いアラートから任意で継承できます。

  • インシデントの基になるイベント メッセージは、既定でインシデント メッセージになりますが、任意でインシデント メッセージを手動で更新できます。

 

インシデントの特性および機能の詳細

 

その他のヘルプ