• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

最初のアラート通知を受け取る方法

Opsgenie アカウントの所有者がメールをまだ確認していない場合、組織内のユーザーは API インテグレーションを使用できるようになりません。

Free プランと Essentials プランでは、種類ごとに 1 つの通知ルールしか設定できません。種類は、新しいアラート、スケジュール開始/終了、その他の通知に限定されます。

通知設定を設定する

Opsgenie では、ユーザーが通知を受け取る方法が通知設定で特定されます。

サインアップする場合:

Opsgenie は、ユーザー名として定義したメール アドレスを使用してメール連絡先方法を作成し、通知タイプごとに通知ルールを作成します。通知イベントが発生した直後に、この連絡先アドレスから通知を受け取ります。

ステップ バイ ステップのオンボーディング プロセスで電話番号を入力した場合、Opsgenie は指定された番号を使用して音声SMS の連絡先方法を作成します。加えて、Opsgenie は次の連絡方法を使用して、新しいアラート通知タイプの通知ルール ステップを作成します。

  • 1 分後に <your_phone_number_for_SMS> によって通知される

  • 2 分後に <your_phone_number_for_Voice> によって通知される

Opsgenie モバイル アプリをインストールしてログインすると、モバイル デバイスがモバイル連絡先アドレスとして追加されて、通知の種類ごとの通知イベント発生直後にプッシュ通知を受信するように設定されます。

管理者の 1 人がユーザー ロールの中央通知テンプレートを定義すると、通知ルールがこのテンプレートに従って準備されます。必要なのは連絡先方法を設定するだけです。

タイム ゾーンを選択する

アカウントの所有者または管理者の場合は、[設定] ページから、組織に該当するタイム ゾーンを設定してください。また、個別のタイム ゾーンは [プロファイル] ページから設定してください。アラートの作成と通知の各フローに対するタイム ゾーンの影響に関する詳細については、時間の制約とタイム ゾーンのドキュメントを参照してください。

アラートを手動で作成する

通知をテストするアラートの例を作成するには、[アラート] ページに移動して [アラートの作成] を選択します。モーダルの作成で、次の手順に従います。

  1. アラートのメッセージを入力します。これは、作成するアラートの唯一の必須フィールドである点にご注意ください。

  2. [詳細フィールドを表示] スイッチをクリックして [詳細設定] に切り替えます

  3. [受信者] フィールドに名前を入力し始めます。入力時にオート コンプリートによって提案が提供されるはずです。名前を選択します。

  4. [作成] をクリックします。これによって、アラートが作成されて唯一の受信者として自分が指定されます。Opsgenie は、この通知設定を使用して通知を送信します。

通知を受けた場合の対処方法

アラートの通知を受けたら、アラートの詳細を表示してアラートに対してアクションを実行できます。アラートの [詳細] ページには、受信者、タグ、添付ファイルなど、アラートに関するすべての情報が表示されます。アラート フィールドの詳細については、アラートおよびアラート フィールドを参照してください。

[アラート] ページのアラートに関するメッセージをクリックすると、アラートの詳細を表示できます。

また、通知を介してアラートの詳細を表示できます。モバイル通知を受け取った場合は、受信したプッシュ通知をクリックするとモバイル アプリ内で詳細を表示できます。

Opsgenie の Android アプリに関するアラート詳細のスクリーンショット。

また、SMS およびメール通知内のリンクをクリックして、アラートの詳細を表示できます。

当社のアプリケーション (Web またはモバイル) を介してアラートの詳細を表示すると、Opsgenie は表示されたアラートに関する通知の送信を停止します。たとえば、SMS を 2 分後に送信する通知ルールがあり、2 分以内に Web UI 経由でアラートの詳細を表示した場合、Opsgenie は SMS 通知を送信しません。通知フローの詳細については、アラート通知フローを参照してください。

Opsgenie は、すべてのアラート アクティビティを追跡して記録します。アクティビティ ログをクリックすると、アラートの詳細を表示できます。

アラート対応のために実行できるさまざまなアクションを用意しました。アラートへのメモの追加、別のユーザーへのアラートの割り当て、アラートの承認、通知のスヌーズ、追加したカスタム アクションなどのその他のアクションを実行できます。また、アクティビティ ログには実行したアクションが含まれます。

Opsgenie のアラート アクションを示すスクリーンショット。

その他のヘルプ