• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

インシデント管理用 Slack アプリを接続する

 

この機能は、インシデント管理機能セットにアクセスできるサブスクリプション プランで利用できます。

Slack のロゴ

Opsgenie の Slack 用インシデント管理アプリへようこそ。このアプリは、Slack によってインシデント時のコミュニケーションを向上します。Slack アプリの仕組みをご覧ください

Slack を Opsgenie に接続するには、まずインシデント コミュニケーションを管理するワークスペースを選択します。

ワークスペースを選択すると、そのワークスペースで Slack チャネルを作成、チャネルへのインシデント対応者を追加、インシデントの優先順位を更新、インシデントに対するアクションを実行、インシデント発生時のチームによる迅速な対応を支援できます。

次は、Opsgenie をインシデント管理用の Slack アプリに接続した後に実行できることの要約です。

  • インシデント用の Slack チャネルを作成する

  • インシデント対応者をチャネルに自動招待する

  • Slack チャネルからインシデントの詳細を表示する

  • Slack チャネルからインシデントに対するアクションを実行する

  • Opsgenie のインシデント タイムラインに Slack メッセージを追加する

Slack ワークスペースの接続

  1. [設定] に移動して [統合] タブで Slack を見つけます。

  2. Slack ページで、Slack for incident management (インシデント管理用 Slack) を見つけて [Slack ワークスペースの接続] をクリックします。

  3. 複数のワークスペースを一度に接続できるため、Slack アプリに複数のワークスペースがある場合は正しいワークスペースを選択します。1 つしかない場合は、既存のものが自動で選択されます。

  4. アプリに対してリクエストされた権限を確認します。

  5. [許可] をクリックして接続を有効にします。ワークスペースによっては、接続を有効にする権限が必要な場合があります。その場合は、アプリの管理者にメッセージを送信できます。

複数のワークスペースを Opsgenie アカウントに接続できますが、Slack ワークスペースは一度に 1 つの Opsgenie アカウントにのみ接続できます。

Slack チャネルの作成とインシデントへの追加

  1. ワークスペースを接続すると、インシデント内から Slack チャネルを作成できます。これを行うには、インシデントの詳細に移動します。

  2. [詳細] タブを確認して [コミュニケーション] パネルの [Create Slack channel (Slack チャネルを作成)] ボタンをクリックします。

  3. モーダルでは、チャネル名にインシデントのタイニー ID が自動で入力されていることがわかります。編集するかそのままにしておけます。複数のワークスペースが接続されている場合は、1 つのワークスペースを選択するように求められます。

  4. チャネルの説明を追加して [作成] をクリックします。接続した Slack ワークスペースに Slack チャネルが作成されて、インシデントの詳細へのリンクが追加されます。また、インシデント対応者がそのチャネルに自動で追加されるため、すぐにコミュニケーションを開始できます。

Slack と Opsgenie の間のユーザー マッピング

Slack チャネルがオンでアクティブになると、そのチャネルから複数のインシデント機能を実行できます。たとえば、インシデントの優先順位を変更したりアクションを実行したりできます。これを行うには、Opsgenie はメールを使用して Opsgenie と Slack のユーザーと一致させる必要があります。そのため、ユーザーが Slack チャネルを通じてインシデントの詳細に対してアクションを実行する際は、Opsgenie はまず Opsgenie でアクションを実行するためのユーザーの権利と権限を確認します。

Slack と Opsgenie に別々のメール アドレスを使用している場合は、Slack の [Connect Slack user (Slack ユーザーの接続)] を使用すると Slack ユーザーを Opsgenie ユーザーに割り当てられます。このショートカットが実行されると、Opsgenie で正しいアカウントに接続するために認証を求められて、アクションを確認する必要があるページに移動します。

Slack でインシデント アクションを実行する

Slack チャネルを作成すると、チャネルに概要メッセージが表示されます。このメッセージを使用して、対応者または関係者の追加、インシデントの解決または終了、インシデントの優先順位の変更を行えます。
インシデント タイムラインに特定のメッセージを追加する場合は、メッセージにカーソルを合わせて省略記号から [Add to incident timeline (インシデントのタイムラインに追加)] ボタンをクリックします。

画像や添付ファイルを含むメッセージはタイムラインに追加できません

Slack チャンネルの削除

  1. インシデントの詳細に移動します。コミュニケーション パネルにある Slack チャネルのタイトルにカーソルを合わせます。[閉じる] ボタンをクリックしてチャネルを削除します。

  2. アクションの確認を求められます。[OK] をクリックして確定します。

Slack チャネルは削除しても、Slack アプリからは削除されません。インシデントとの接続のみが解除されます。ただし、既存のチャネルはインシデントに接続できません。したがって、一度チャネルを削除すると再接続できません。しかし、いつでも別のものを作成して新しいチャネルからコミュニケーションを続けられます。

Slack ワークスペースの削除

  1. [設定] に移動して [統合] タブで Slack を見つけます。

  2. Slack for incident management (インシデント管理用 Slack) タイトルを見つけます。追加した Slack ワークスペースが表示されます。削除するワークスペースにカーソルを合わせて、[閉じる] ボタンをクリックします。

  3. アクションの確認を求められます。[OK] をクリックして確定します。

Slack ワークスペースを削除しても、Slack アプリからは削除されません。Opsgenie との接続のみが解除されます。必要に応じて、後からいつでも再接続できます。

その他のヘルプ