• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Opsgenie のクイックスタート ガイドを読む

Opsgenie はご使用の監視ツールと統合され、アラートを統合し、適切なユーザーに適切なタイミングで通知します。このクイックスタートガイドでは、短期間でアカウントを利用できるようになることを目標に、Opsgenie アカウントの基本的なセットアップについて説明しています。基本的な設定には、次のものがあります。

ユーザー プロファイルの設定
チーム構成
オンコール スケジュールの作成
統合ツールのセットアップ
アラート管理

Opsgenie のクイック設定ビデオをご覧ください。

製品とインターフェースについて詳しく説明する前に、通常のアラートフローにおけるこれらの主要な柱を理解してください。そうすれば、後で追加のフィーチャーや機能を理解する際により簡単に理解できるようになり、初期構成にかかる時間も短縮できます。

プロファイル設定は、重要な開始点です。[Profile (プロファイル)] セクションで、連絡先情報と通知設定を定義します。Opsgenie はチームを中心として動作するため、次にチームについての設定を行うことが重要です。初期設定のほとんどは、チーム ダッシュボードから行えます。ここからスケジュールを定義することで、チームの設定を視覚化し、ルーティングルールやエスカレーションなどの追加機能によって、アラートについてどのユーザーがいつ通知を受け取るかを定義できます。これにより、必要な通知の対応者とスケジュールが定義されるため、ご使用のいずれかのツールに統合するための準備が整います。最後に、アラートのライフサイクルを作成、管理、監視する方法について理解を深められるように、アラート管理について簡単に説明します。

ステップ 1: プロファイルの設定

Opsgenieでは、ユーザーがアラートを意識するようになる最良の方法は、ユーザーに少なくとも独自のルールを設定してもらうことだと考えています。プロファイルで基本設定を行ったら (連絡方法とタイムゾーンの選択が非常に重要です)、[通知] タブに移動して、[通知ルール] セクションを見つけます。

簡単に言うと、アラートの通知はユーザーレベルで処理されます。これらのルールは、ユーザーごとに、どの通知チャネルをどのような状況で使用するかを規定します。Opsgenieのあらゆる要素と同様に、これらは細かくカスタマイズできます。ルールは、タイプごとにトップダウンの順序で実行されます。つまり、ユーザーは複数のルールを持つことができます。

通知ルールは、アラートの内容に基づいて、または 1 日の特定の時間帯にトリガーできます。たとえば、日中にはメールと即時プッシュのみが必要で、SMS/音声通話は、最初の通話を取り逃した場合に、しばらく経ってからのみ応答するような場合です。夜間には、最初からすぐに音声通話につなぐなど、より積極的な通知チャネルの利用に関する別のルールを設定できます。

専門的なヒント: モバイルアプリケーションを使用してプッシュ通知を受け取ってください。アプリからはすべての詳細とアクションに即時にアクセスできます。これは間違いなく、最良の通知チャネルです。

ステップ 2: チーム

Atlassian サイトの管理者パネルからアクセスしているユーザーについては、Opsgenie へのアクセス権を付与されているすべてのユーザーで構成される、最初のチームが自動的に作成されます。

チームはOpsgenieの中核です。時間と内容に基づいて、適切なユーザーの一群を自動的に選択する完璧なメカニズムを提供しながら、組織が適切に区分化され、管理の負荷がチーム間で分担されるようにします。ユーザーが少数であってもチームを使用します。これはオンコール時間の均等な分散に非常に役立ちます。

チームは 3 つの機能を組み合わせたものです。

  • ルーティングルール-どのエスカレーションをどのアラートに対し、いつトリガーするか。

  • エスカレーション-最初のユーザーがアラートに対応しなかった場合に、誰に通知し、どのような対応をするか。

  • スケジュール - 特定の時間にオンコールのユーザーと、オンコール シフトをチーム メンバー間に自動的に分散する方法。

エスカレーションは、スケジュールでオンコール担当者を指定し、ルーティングルールは、アラートの内容または時刻に基づいてエスカレーションポリシーを指定 (トリガー) します。

チームの管理者とメンバーを指定できます。チーム管理者は、ユーザーの追加/削除、スケジュール/エスカレーション/ルールの作成とアップデートなど、チームのあらゆる要素を管理でき、チームにインテグレーションを追加することもできます。

プロからのヒント: 担当のサービスに従ってチームを編成します。チームは、インテグレーションとアラートフロー全体を自分たち自身で管理できるようになります。

ステップ 3: オンコールスケジュールの作成

オンコール スケジュールは、特定の時間に誰がオンコール中であるかを決定するために使用されます。

Opsgenie では、チームが作成されるとオンコール スケジュールが自動で作成されます。Opsgenie では、ほんの数ステップでオンコール スケジュールを作成して管理できるようにします。管理者 (とチーム管理者) は、毎日、毎週、カスタム ローテーションでスケジュールを設定できます。

スケジュールを作成するには、チームのダッシュボードに移動し、[オンコール] タブのエスカレーションポリシーの後にある、オンコール スケジュールの概要に移動します。

[Add Schedule (スケジュールの追加)] をクリックしてフォームに記入し、新しい必要なオンコール スケジュールを作成します。

ステップ 4: インテグレーション ツールを設定する

プラットフォームが動作しているかどうかを確認するには、使用する既存のツールのいずれかを統合します。一般的なメールまたは API インテグレーションを使用してアラートを送信することも、アトラシアンが提供している、すぐに利用できるインテグレーションのいずれかを選択することもできます (推奨)。

インテグレーションごとに、設定ページに簡単な使用方法が記載されています。初歩的なアラートを作成するには、インテグレーションの既定のルールで十分ですが、多数の高度なツールが提供されています。次の 2 つのリンクを参照してください。

a. インテグレーションドキュメントフォルダ: セットアップするインテグレーションを選択し、手順に従います。

b. インテグレーション フレームワーク ドキュメント: これは、すぐにインテグレーションを始めたい場合にのみ使用します。正規表現、文字列処理メソッド、動的フィールドなどの便利なツールがすべて用意されています。

プロからのヒント:権限に関しては、チームに割り当てられるインテグレーションと、グローバル インテグレーション ([チームなし] に割り当てられます) の 2 つの大きなカテゴリがあります。インテグレーションがチームに関連付けられている場合、チーム管理者はそれらのインテグレーションにアクセスして管理できます。これらのインテグレーションは、選択されているチームに属する構成およびアラートデータにのみアクセスできます。

ステップ 5: アラート管理

アラートが作成され、チームに割り当てられると、チームのエスカレーションポリシーが実行され、そのアラートを通知するユーザーが決定されます。アラートへのチームの割り当ては、Web UI、REST API、またはインテグレーションを通じて行えます。アラートは複数のチームに割り当てることができます。ユーザーへの通知は、通知設定に従ってアラートが承認またはクローズされるまで行われます。

アラートの作成は、受信/双方向インテグレーション、メール、アラート API、Heartbeats 監視、着信、Opsgenie の Web アプリケーション、および iOS と Android 用の Opsgenie のモバイルアプリケーションを使用して行えます。

その他のヘルプ