• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Opsgenie を Jira Software Cloud と統合する

Opsgenie が Jira ユーザーに提供するもの

Opsgenie には、Opsgenie と Jira の双方向のインテグレーションを可能にする特定の更新セットがあります。インテグレーションを使用して、Jira に詳細情報と共に問題を Opsgenie に送信させます。Opsgenie はアラートを問題として Jira に転送します。Opsgenie は、オンコール スケジュールに基づいて通知する適切な担当者を決定します。メール、テキスト メッセージ (SMS)、電話、iOS、Android のプッシュ通知によって通知し、アラートが確認されるかクローズされるまでアラートをエスカレートします。

この統合により実行できる操作

  • Jira で Jira 課題を作成するか再度開くと、統合によって Opsgenie でアラートが自動で作成されます。

  • Jira で課題が解決、クローズ、または修正されると、統合によって Opsgenie で関連するアラートが自動でクローズされます。

  • Jira 課題がコメントを受信すると、統合によって Opsgenie で関連するアラートにコメントが自動で追加されます。

  • [Send alert updates to Jira (アラートの更新を Jira に送信)] を選択すると、統合によって、指定した Opsgenie アラート アクションを使用してユーザーの Jira アカウントで Jira アクションが実行されます。事前に Jira でアラートを作成する必要があります。 

  • [Create and update Jira issues with Opsgenie alerts that are created by other integrations (他の統合によって作成される Opsgenie アラートで Jira 課題を作成して更新する)] を選択すると、統合によって、指定した Opsgenie アラート アクションを使用してユーザーの Jira アカウントで Jira アクションが実行されます。サード パーティのツールでアラートを作成する必要があります。

新しい Jira Software Cloud 統合を追加する

新しい統合を作成するには、次のステップを実行します。

  1. [設定] > [統合] の順に移動します

  2. [Add integration (統合の追加)] を選択します。

  3. Jira Software Cloud を選択します。

  4. 作成画面で、[Integration name (統合の名前)] を入力します。

  5. 特定のチームがその統合からアラートを受信できるようにする場合は、[Assigned to team (チームに割り当て済み)] を選択します。それ以外の場合は、空のままにします。

  6. Atlassian サイトに接続している場合は、[接続] フィールドに表示されます。

  7. Opsgenie と統合する Jira プロジェクトを選択します。Opsgenie を複数のプロジェクトと統合する場合は、別の統合を作成します。

  8. [保存] を選択します。

この統合はチーム ダッシュボードから追加可能

Opsgenie の Free または Essentials の各プランを使用している、または Jira Service Management の Standard プランで Opsgenie を使用している場合、このプランでは [設定] の [統合] ページが利用できないため、この統合はチーム ダッシュボードからのみ追加できます。

統合をチーム ダッシュボードから追加すると、そのチーム統合の所有者になります。Opsgenie では、この統合を通じて受信したアラートはそのチームのみに割り当てられます。

そのためには、次の手順に従います。

  1. Teams からチーム ダッシュボードに移動します。

  2. [統合] > [統合を追加] の順に選択します。

残りの手順に従って統合を完了します。

これで基本設定が完了しました。この統合のルール作成を開始できます。Opsgenie では、次の 2 つのルール セットを提供しています。

受信自動化ルールは、Jira 統合によってトリガーされる際に、新規または既存のアラートを自動化するために使用されます。Jira 課題から、アラートの確認または更新、コメントの追加、クローズ、または新しいアラートの作成を実行できます。次のように初期設定されています。

  • 選択したプロジェクトで Jira 課題が作成されるたびに、Opsgenie は新しいアラートを作成します。

  • アラートを作成した Jira 課題が解決済み、クローズ、または完了に更新されるたびに、Opsgenie はアラートをクローズします。

  • Jira 課題にコメントが追加されるたびに、Opsgenie は新しいコメントをアラートに追加します。

アクションごとに複数のルールを追加できます。さらに、アラートを確認するルールを追加したり、アラートのタイプを選択してこの統合を無視したりできます。

送信自動化ルールは、Opsgenie アラートが Jira に与える影響を定義します。送信自動化に作成できるルールには、次の 2 種類があります。

  • Send alert updates to Jira (アラートの更新を Jira に送信): Jira 課題によってトリガーされるアラートが Opsgenie で更新されると、その課題が更新されます。つまり、受信自動化ルールによって、Jira で作成された課題が Opsgenie でアラートをトリガーし、そのアラートが更新されると、Opsgenie はこの更新情報を Jira に送信して課題を更新します。

  • Create and update Jira issues with Opsgenie alerts that are created by other integrations (他の統合によって作成される Opsgenie アラートで Jira 課題を作成して更新する): これも、アラートで Jira 課題をトリガーするためのルールです。ただし、このオプションを使用すると、他のツールから受信したアラートで Jira 課題をトリガーできます。

受信自動化ルールを追加する

受信自動化ルールを作成するには、次のステップを実行します。

  1. [設定] → [Integrations (統合)] の順に移動します。

  2. 統合を選択して、詳細を表示します。

  3. [Incoming automation rules (受信自動化ルール)] で、[ルールの追加] を選択します。

  4. ルール名を入力します。

  5. [Rule type (ルール タイプ)] を選択します。これは、次のステップで定義するアラートに対して Opsgenie が実行するアクションです。

  6. 条件を追加して、このルールに適用するアラートを選択します。アクション フィルターの詳細をご確認ください。この時点で、Opsgenie ではどのアラートに対してどのアクションを実行するかが認識されています。次のステップでは、アラートの詳細をカスタマイズできます。

  7. [Alert properties (アラートのプロパティ)] で、動的フィールドを関連するアラート フィールドにドラッグします。すべてのアラート フィールドを表示するには、[Show all fields (すべてのフィールドを表示)] を選択します。

  8. このルールを今すぐ有効にするには、[今すぐ有効にする] チェックボックスをオンにします。

  9. [保存] を選択して、ルールを追加します。

送信自動化ルールを追加する

送信自動化ルールには、次の 2 つのオプションがあります。

アラートの更新を Jira に送信する

Jira インテグレーションの受信自動化ルールによってトリガーされたアラートを受信した場合は、アラートが更新される際に Jira 課題を同時に更新できます。これを実行するには、次のステップに従います。

  1. [設定] → [Integrations (統合)] の順に移動します。

  2. 統合を選択して、詳細を表示します。

  3. [Outgoing automation rules (送信自動化ルール)] で、[Send alert updates back to Jira (アラートの更新を Jira に返信する)] を選択します。

  4. [Add update rule (更新ルールの追加)] を選択します。

  5. 設定可能な行を追加して、ルールを作成します。アクション、更新タイプの順に選択します。

  6. 必要な数のルールを追加して、[保存] を選択します。

チェックボックスをオフにすると、ルール セットを無効にできます。ルールは保持されますが、再度有効にするまで適用されません。

他の統合によって作成される Opsgenie アラートで、Jira 課題を作成して更新する

いずれかのツールから受信したアラートで Jira 課題をトリガーするには、このオプションを選択します。

  1. [設定] → [Integrations (統合)] の順に移動します。

  2. 統合を選択して、詳細を表示します。

  3. [Outgoing automation rules (送信自動化ルール)] で、[Create and update Jira issues with Opsgenie alerts that are created by other integrations (他の統合によって作成される Opsgenie アラートで Jira 課題を作成して更新する)] を選択します。

  4. [Add issue creation rule (課題作成ルールの追加)] を選択します。

  5. ルール名を入力します。

  6. [Filter alerts (アラートの絞り込み)] に条件を追加して、このルールを適用するアラートを選択します。アクション フィルターの詳細

  7. この課題の作成をトリガーする必要があるアラート アクションを選択します。前のステップで選択したアラートの種類にのみ、アラート アクションが適用されます。

  8. [Issue properties (課題プロパティ)] で、[課題タイプ] を選択します。

  9. [Customize the issue details (課題の詳細をカスタマイズする)] を選択して、このルールによって作成される課題のフィールドを編集します。

  10. 動的フィールドをドラッグしてカスタマイズし、[適用] を選択します。

  11. この時点で、Opsgenie では、アラートによって Jira で課題が作成されるタイミングと方法が認識されています。

  12. 課題の更新アクションを設定して、課題の更新方法を定義します。[Add new action (新しいアクションの追加)] を選択します。

  13. 設定可能な行を追加して、ルールを作成します。アクション、更新タイプの順に選択します。

  14. このルールを今すぐ有効にするには、[今すぐ有効にする] チェックボックスをオンにします。

  15. 必要な数のルールを追加して、[保存] を選択します。

すべてのルールを追加したら、ページの上部から [Enable integration (統合を有効化する)] を選択します。

その他のヘルプ