• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Opsgenie を StruxureWare Data Center Expert と統合する

StruxureWare のロゴ

Opsgenie が StruxureWare Data Center Expert ユーザーに提供するもの

OpsgenieStruxureWare Data Center Expert インテグレーションを使用して、StruxureWare Data Center Expert アラートを Opsgenie に転送できます。Opsgenie は、オンコール スケジュールに基づいて通知する適切な担当者を決定します。メール、テキスト メッセージ (SMS)、電話、iPhone と Android のプッシュ通知によって通知し、アラートが承認されるかクローズされるまでアラートをエスカレートします。

統合の機能性

  • アラートが StruxureWare Data Center Expert で作成されると、Opsgenie でもアラートが作成されます。

Opsgenie で StruxureWare Data Center Expert インテグレーションを追加する

Opsgenie の Free プランまたは Essentials プランを使用している、または Jira Service Management の Standard プランで Opsgenie を使用している場合は、チーム ダッシュボードからのみこの統合を追加できます。このプランでは、[設定] の [統合] ページが利用できません。

  1. [チーム] に移動して自分のチームを選択します。

  2. 左側のナビゲーションで [統合] を選択し、[統合を追加] を選択します。

統合をチーム ダッシュボードから追加すると、そのチーム統合の所有者になります。Opsgenie では、この統合を通じて受信したアラートはそのチームのみに割り当てられます。このセクションの残りの手順に従って、統合を設定してください。

  1. [設定] > [統合] の順に移動します。StruxureWare Data Center Expert を検索して [追加] を選択します。 

  2. [応答者] フィールドによって StruxureWare Data Center Expert アラートの通知先を指定します。入力し始めると、オートコンプリートの候補が表示されます。

  3. Webhook の URL をコピーします。

  4. [Save Integration (統合の保存)] を選択します。

StruxureWare Data Center Expert での設定

  1. StruxureWare Data Center Expert で、「HTTP POST を送信する」アラート通知を使用するアラート アクションを作成します。

  2. [Alert Actions (アラートアクション)] アイコンをダブルクリックします。

  3. [Add... (追加...)] をクリックして [Add Alert Action (アラートアクションの追加)] ウィンドウを開きます。

  4. [Send HTTP Post (HTTP POST を送信する)] を選択し、[OK] をクリックします。

  5. [Alert action name (アラートアクション名)] フィールドに、このアラート アクションの名前を入力します。

  6. [Locales (ロケール)] ドロップダウンリストを使用して言語と地域を選択します。

  7. [Maximum Camera Pictures (カメラ画像最大数)] に、生成されたデータと一緒に含まれる使用可能な画像の最大数を入力します。

  8. アラートに関連するセンサー値のグラフをデータに含めるには、[Include a graph with the alert (アラートにグラフを含める)] をオンにします。

  9. カメラポッドによってキャプチャされた音声をデータに含めるには、[Include a sound clip with the alert (アラートと一緒にサウンドクリップを含める)] をオンにします。

  10. アラートアクションを生成したセンサーを示すマップを含めるには、[Include Related Maps with the Alert (アラートと一緒に関連マップを含める)] をオンにします。

  11. [Advanced Scheduling (詳細なスケジュール)] (オプション) を指定します。初期設定では、すべてのアラート アクションは常時アクティブです。特定の時間範囲内にアラートの状態が発生した場合にのみアクティブにするアラート アクションを指定します。詳細なスケジュールを設定するには、次の手順に従います。

    • [Advanced Scheduling (詳細なスケジュール)] をクリックします。

    • デフォルトでは、すべての期間が [Enabled (有効)] です。クリックアンドドラッグして時間範囲をハイライトし、[Disable (無効にする)] をクリックしてアラートアクションを無効にします。クリックアンドドラッグして時間範囲をハイライトし、[Enable (有効にする)] をクリックして無効になっている時間範囲を有効にします。

  • [OK] をクリックしてスケジュールを保存し、[Add Alert Action (アラートアクションの追加)] ウィンドウに戻ります。

12. 有効化するボタンに適用されるアラートの重大度を確認します。

13. Opsgenie のインテグレーション ページから前にコピーした Webhook URL を [Basic (基本)] タブの [Target URL (ターゲット URL)] に貼り付けます。

14. [Target User ID (ターゲットユーザー ID)] フィールドに「Opsgenie」と入力し、[Basic(基本)] タブの [Target Password (ターゲットパスワード)] フィールドに「123」と入力します。[Target User ID (ターゲットユーザー ID)] フィールドと [Target Password (ターゲットパスワード)] フィールドの値は、インテグレーションには影響しません。

15. [Advanced (詳細設定)] タブで、[Target URL (ターゲット URL)] にバックアップ情報を入力し、[SSL Verify Options (SSL 検証オプション)] に任意の SSL 検証オプションを入力します。

16. [OK] をクリックして、このアラートアクションを保存します。

その他のヘルプ