• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Opsgenie を Jira Cloud と使用する

アトラシアンの新しい Jira Cloud 統合によって、インシデントの原因となった課題のコンテキスト、またはインシデント解決後に対応者がフォローアップする必要があるタスクについて、チームが情報を管理できるようにします。Opsgenie の Jira Cloud との新しい統合によって、Opsgenie から直接 Jira の課題を作成して Opsgenie のインシデントやアラートにリンクできます。

Jira 統合で提供される機能を使用するには、まず Opsgenie と Jira 間の接続を確立する必要があります。Opsgenie を Jira に接続後、Jira の課題を作成して Opsgenie のインシデントとアラートにリンクできます。接続がセットアップされたら、Opsgenie で課題のリンクを有効にするための追加設定は必要ありません。

Opsgenie と Jira の接続

下記の前提条件が満たされると、お客様のアカウントは自動的に Jira に接続されます。接続を確認するには、[設定] > [接続済みのアプリ] > [アトラシアン製品] の順に移動します。製品リストから [Jira Cloud] を選択します。

Jira との接続を確立するために、アカウントが満たす必要のある前提条件がいくつかあります。

1. この統合を機能させるには、Opsgenie アカウントがアトラシアン サイトにある必要があります。アカウントがアトラシアン サイトを持たない場合は、まずアカウントを移行する必要があります。Opsgenie アカウントを移行する際には、Jira アカウントに接続されているアトラシアン サイトを選択していることをご確認ください。アカウント設定に移動して、移行プロセスを開始します。アトラシアン サイトへの移行の詳細とその意義については、こちらをご確認ください。


2. この統合で使用する Jira アカウントは、Opsgenie アカウントと同じアトラシアン サイトにある必要があります。同じサイトにない場合は、統合を使用できません。

上記の前提条件を満たすと、アカウントは自動的に Jira Cloud に接続され、下記の機能を利用できるようになります。

課題リンク

Opsgenie と Jira の間で接続が確立されると、アラートの詳細ページインシデントの詳細ページに、「Jira 課題」という名前の新しいセクションが表示されます。このセクションから、Jira の課題を Opsgenie のアラートとインシデントにリンクできるようになります。

  1. [課題をリンク] をクリックして、課題のリンクを開始します。インライン リンク コンポーネントは、セクションのすぐ下に表示されます。

  2. 最初のドロップダウンから、リンクの関連タイプを選択します。

  3. 検索ボックスから Jira の課題を検索し、 [リンク] をクリックして検索した課題をアラートやインシデントにリンクします。

リンクされた課題をクリックすると、Jira の課題の詳細が新しいタブで開きます。リンクされた課題の上にカーソルを置き、削除アイコンをクリックすることで、リンクを削除することもできます。

Opsgenie からの課題の作成とリンク

Opsgenie から Jira の課題を直接作成し、作成した課題をアラートやインシデントにリンクすることもできます。

1. [課題を作成] をクリックして課題の作成を開始します。インライン リンク コンポーネントは、セクションのすぐ下に表示されます。

2. 最初のドロップダウンから、リンクの関連タイプを選択します。

3. 課題を作成するプロジェクトを選択し、課題タイプのドロップダウンから課題タイプを選択します。

4. 課題の概要を書き込み、[Create and link (作成し、リンクする)] をクリックします。

4a. 課題タイプに追加の必須フィールドがある場合は、課題を作成する前に、これらの必須フィールドに入力するようモーダルが表示されます。

4b. いつでも省略記号ボタンに移動して、[Create with all fields (すべてのフィールドで作成)] をクリックし、より多くのフィールドに入力して課題を作成できます。

Opsgenie インシデントでのインライン課題リンクのドロップダウンを示すスクリーンショット。

その他のヘルプ