• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Opsgenie を Lamp ベース Nagios XI と統合する

インストールされ、適切に設定されると、Nagios XI通知が送信されたときに Opsgenieアラートが作成され、関連するホストまたはサービスに関係する追加情報 (ステータス、アラート ヒストグラム、トレンドなど) を添付します。この追加情報はアラートとともに、Opsgenie アプリで直接確認できます。

インストール

以下の手順では、OpsgenieNagios 統合プラグインを使用して、OpsgenieNagios XI を統合する方法を説明します。ご使用の Linux ディストリビューションと Nagios XI 設定によっては、これらの指示に若干の変更が必要になる場合があることにご注意ください。

このドキュメントには、非推奨の Nagios 統合に関する特定の指示のみが含まれています。その他の手順については、新しい Nagios 統合のドキュメントを参照してください。

前提条件

パッケージは Red Hat および Debian ベースの Linux ディストリビューション用に提供されます。Opsgenie Nagios XI プラグインは Java アプリケーションであるため、Java Runtime バージョン 1.6 以上が必要ですオープン JDK と Oracle JVM の両方を使用できます。あなたの環境で定義された JAVA_HOME 環境変数が必要です。

JAVA_HOME 環境変数が設定されていることを確認します。そうでない場合は、/etc/opsgenie/profile ファイルの次の行の先頭にあるコメントを削除して設定し、JAVA_HOME を JRE インストール ディレクトリに設定します。
#JAVA_HOME=<path/to/JDK or JRE/install>

Opsgenie で Nagios XI 統合を追加する

  1. OpsgenieNagios XI 統合を追加するには、[設定] > [統合] の順に移動します。Nagios XI を検索して [追加] を選択します。

  2. 統合の詳細を編集し、[統合を保存] を選択します。この統合のための API キーを生成します。このキーは、Nagios XI によって Opsgenie での認証に使用され、Nagios XI アラートの処理に使用する必要がある統合を指定します。

NagiosXI 統合

Opsgenie Nagios プラグインの設定

プラグインは、Opsgenie でアラートを作成、確認、クローズするために lamp (プラグインに含まれる) を使用します。lamp は、HTTPS 経由で Opsgenie サービスと連動するコマンド ライン ユーティリティです。lamp は、アラートを操作したり、ポリシーや統合を有効/無効にしたりするために使用できます。Nagios XI は、Opsgenie でアラートを作成、確認、クローズするために lamp を使用するように設定されています。

Lamp 設定パラメーターは、/etc/opsgenie/conf/opsgenie-integration.conf ファイルにあります。

設定パラメーター

 

入力必須

API キー

上記で作成した Nagios XI 統合から API キーをコピーします。Lamp はこのキーを使用して Opsgenie への認証を行います。API キーは、lamp によって転送されたアラートの処理に使用する必要がある適切な統合構成を識別するためにも用いられます。

はい

nagios.nagiosServer

nagiosServer フィールドは OpsgenieNagios XI サーバーを識別するために使用され、複数の Nagios XI サーバーがある場合にのみ必要です。このフィールドは、Opsgenie がユーザーが実行したアクション (承認、クローズなど) を Marid 経由で Nagios XI サーバーに送り返すときに使用されます。

任意

nagios.attachFiles

アラートへのヒストグラムとトレンド画像の添付を有効/無効にします。

任意

nagios.alert_histogram_image_url

Nagios ヒストグラム画像を取得するためのURL。localhost をあなたの Nagios サーバーのアドレスに置き換える必要があります。

任意

nagios.trends_image_url

Nagiosトレンド画像を取得するためのURL。localhost をあなたの Nagios サーバーのアドレスに置き換える必要があります。

任意

nagios.command_url

アラートが承認されたとき、コメントを受け取ったときなどに Nagios XI アラートをアップデートするための URL

任意

nagios.user





nagios.ticket

Nagios ヒストグラムとトレンド画像を取得するために、Nagios web サーバーを認証する資格情報。資格情報を取得するには、以下の手順に従ってください。
Nagios XI 管理者 >> コンポーネントの管理 >> バックエンド API の URL ページに移動します。
[アカウントの選択] からユーザーを選択し、[設定の適用] をクリックします。
リストされたバックエンド API URL の 1 つにチケット情報をコピーします。

任意

nagios.http.timeout

Nagios ヒストグラムとトレンド画像を取得するためのタイムアウト時間 (ミリ秒)。

任意

Nagios XI チケット

シェル スクリプトですべてのロジックを実装する代わりに、統合パッケージはスクリプト (/var/opsgenie/lamp/scripts/ogCreateAlert.groovy) を提供します。groovy で書かれ、強力な JAVA ベースのスクリプト言語を lamp で実行することができます。要するに、スクリプトは Opsgenie アラートを作成し、Nagios XI PHPを介して、アラート ヒストグラムと関連するホストまたはサービスのトレンドを取得し、通知が発生したときにエンティティのステータスを表示する HTML ファイルを作成し、アラートに添付します。スクリプトはそのまま動作しますが、必要に応じてさらにカスタマイズできます。

トラブルシューティング ガイド

統合が期待通りに機能する場合、Nagios XIでホストまたはサービスの状態がダウンすると、Opsgenie でアラートが作成されます。ホストやサービスが復帰すると、Opsgenie のアラートも自動的にクローズします。

lamp が Opsgenie にアクセスできることを確認する
Opsgenie でシェルから lamp を使用してテスト アラートを作成します。

テキスト

1 lamp createAlert --message "nagios test alert" --recipients nobody

Opsgenie でアラートが作成されているかどうかを確認します。アラートが作成されていない場合は、/var/log/opsgenie/lamp ディレクトリにある lamp ユーティリティのログをチェックして、エラーメッセージがないか確認します。opsgeniescripter または opsgeniescriptout ログに「JAVA_HOME」が定義されていないというエラーが表示される場合は、 /etc/opsgenie/profile シェル スクリプトで定義する必要があります。

Nagios XI が Opsgenie でアラートを作成できることを確認する
OpsgenieNagios XI からのアラートがあるかどうかを確認します。Nagios XI はアラートを生成しているが Opsgenie でアラートが作成されていない場合は、/var/log/opsgenie/lamp ディレクトリにある lamp ユーティリティのログでエラー メッセージを確認します。

ログがない場合は、Nagios ユーザーが /var/log/opsgenie/lamp ディレクトリへの書き込み権限を持っていることを確認してください。

アラートにグラフが添付されていることを確認する
プラグインは、HTTP(S) 経由で Nagios XI サーバーから関連するグラフを取得して、アラートに添付します。Opsgenie のアラートが添付ファイルとしてこれらのグラフを含まない場合は、プラグインが Nagios XI サーバーにアクセスできないことが原因である可能性があります。設定ファイル内の指定した URL が正しいかどうかを確認します。curl などを使用してこれらのファイルを取得できるかどうかを確認します。

/var/log/opsgenie/lamp ディレクトリにある lamp ユーティリティのログをチェックして、エラー メッセージがないかどうかを確認します。

その他のヘルプ