• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Opsgenie を Slack と統合する

 

Slack のロゴ

このビデオを見る: Slack で Opsgenie アラートを管理する

Opsgenie は Slack ユーザーに何を提供しますか?

OpsgenieSlack との双方向統合を提供します。設定が簡単でパワフル: Opsgenie の堅牢なアラートの通知が Slack チャンネルにすぐ送信されます。また、ユーザーは、/genie ack 12 のようなコマンドを入力するのと同じくらい簡単に、チャンネルからこれらのアラートの承認、クローズ、または割り当てを行うことができます。

OpsgenieSlack 統合を追加すると、Slack の使いやすいチーム コラボレーション プラットフォームと Opsgenie の豊富なアラート通知システムおよびオンコール ローテーションが数秒で結合されます。チャットに /genie コマンドを入力するだけで、アラートに対してアクションを実行できます。

その他にも Opsgenieでは、Slack チャンネルに簡単なコマンドを入力するだけで達成できることが多くあります。/genie コマンドを使用して Opsgenie 通知のミュート、アラートの詳細の取得、オンコールスケジュールの表示などを行います。

新しい Slack ボタンが用意されているので、Opsgenie ユーザーはボタンをクリックするだけでアラートの承認、承認解除、クローズを行うことができます。

[ユーザーの一致が必要] オプションは、Slack アカウントと Opsgenie アカウントの一致を強制するために使用されます。チャット ユーザー マッピング セクションでは、この課題に対処しています。

Opsgenie の Slack 用アプリをインストールする

この統合はチーム ダッシュボードから追加可能

Opsgenie の Free または Essentials の各プランを使用している、または Jira Service Management の Standard プランで Opsgenie を使用している場合、このプランでは [設定] の [統合] ページが利用できないため、この統合はチーム ダッシュボードからのみ追加できます。

統合をチーム ダッシュボードから追加すると、そのチーム統合の所有者になります。Opsgenie では、この統合を通じて受信したアラートはそのチームのみに割り当てられます。

そのためには、次の手順に従います。

  1. Teams からチーム ダッシュボードに移動します。

  2. [統合] > [統合を追加] の順に選択します。

残りの手順に従って統合を完了します。

  1. [設定] > [統合] の順に移動します。Slack を検索して [追加] を選択します。

  2. [Slack に追加] を選択します。

Slack セットアップ

3. [Slack Team (Slack チーム)] と [Channel (チャネル)] を選択します。

4. [認証] をクリックして、OpsgenieSlack 用アプリへのアクセスを許可します。

Slack アプリを承認する

5. 統合が自動的に作成されます。(Opsgenie にログインしていない場合は、ログインします)

6.Opsgenie で統合を追加するには権限が必要なことに注意してください。

Slack 設定

7. Slack チャネルに送信されるアラート メッセージを変更します。Slack 統合のページで、ユーザーは説明、タグ、ルーティングされたチーム情報を Slack メッセージに送信できます。

Slack メッセージ修飾子

Slack ボタン

  1. Slack ボタンの使用はオプションです。統合の編集ページで、[Slack ボタンを使用する] オプションを使用して無効にします。

  2. Slack ボタンのメッセージは次のように表示されます。

Slack 新しいアラート

Slack メッセージには、メッセージの左側に、緑、赤、青のいずれかの色のストライプが表示されます。緑はクローズ 、赤はオープン、青は承認済みまたはアップデート優先度を示します。アクションが実行されると色はアップデートされ、関連するアラートの色もアップデートされます。

3. アラートを承認承認解除、またはクローズします。

4. 一括通知を閉じます

5. アラートが既に承認、承認解除、またはクローズされている場合は、関連する応答が Slack で送信され、それに応じてボタンが変更されます。

Slack アラート ack

Slack メッセージ メニュー

  1. メッセージ メニューは、Slack ボタンと同様に、Slack の対話型メッセージ フレームワーク上に構築されています。ユーザーの [Slack ボタンの使用] 設定はメッセージ メニューにも適用されます。

Slack メニュー

2. アラートに対する割り当て 所有権の取得スヌーズ、およびメモの追加アクションを実行します。選択に応じて、メッセージがアップデートされ、さらに処理が進みます。たとえば、[メモの追加] オプションを選択した後で、以下に示すように、メモを入力するためのダイアログ ボックスが表示されます。

Slack メモを追加する

3. メッセージ メニューは、実行されたアクションに応じてアップデートされます。アクションの結果がチャンネルに投稿されます。

Slack メニュー

[コマンドの実行] オプション

  1. [コマンドの実行] オプションは、genie コマンドを実行する統合を決定するために使用されます。

  2. これを行うのは、Slack はチーム全体でスラッシュ コマンドを登録しますが、複数の Opsgenie インテグレーションを Slack にインストールできるためです。

  3. Slack チームに対して [コマンドの実行] をチェックできるのは、Slack インテグレーション 1 つだけです。

  4. [ユーザーの一致が必要] オプションは、スラッシュ コマンドがこの統合に関連付けられるため、[コマンドの実行] オプションが選択されている同じ統合によって決定されます。

チャット ユーザー マッピング

  1. [ユーザーの一致が必要] は、Slack アカウントと Opsgenie アカウントの一致を強制するために使用されます。

  2. /genie connect コマンドを使用して、Slack アカウントを Opsgenie アカウントに関連付けます。Opsgenie EU インスタンスを使用している場合、代わりに /eugenie connect コマンドを使用してください。

  3. チャット ユーザー マッピング フロー:

/genie コマンドの使用

Opsgenie EU インスタンスを使用している場合、/genie コマンドの代わりに /eugenie コマンドを使用してください。
たとえば、アラートを承認するには、次のコマンドを実行します。
/eugenie ack [tinyID tinyID2..]

アラートの tinyID を含むコマンドを Slack ルームに入力することで、Opsgenie アラートに対するアクションを簡単に実行できます。複数のアラートに対して 1 つのコマンドを実行できます。

アラートも作成します。アラート コマンドを使用して、OpsgenieSlack チャネルからアラートを作成します。

アラートを承認する:

/genie ack [tinyID tinyID2..]

例:

/genie ack 1

/genie ack 1 2 3

アラートをクローズする:

/genie close [tinyID tinyID2..]

例:

/genie close 1

/genie close 1 2 3

警告にメモを追加する:

/genie note [note] to [tinyID tinyID2..]

例:

/genie note this is note to 1

/genie note this is note to 1 2 3

アラートにタグを追加する:

/genie addtag [tag1,tag2,..] to [tinyID tinyID2..]

例:

/genie addtag high priority,important to 1

genie addtag high priority,important to 1 2 3

すべてのオープン アラートを承認する:

/genie ackall

すべてのオープン アラートをクローズする:

/genie closeall

アラートを割り当てる:

/genie assign [tinyID tinyID2..] to [user]

例:

/genie assign 1 to john.smith@acme.com

/genie assign 1 2 3 to john.smith@acme.com

アラートの所有権を取得する:

/genie own [tinyID tinyID2..]

例:

/genie own 1

/genie own 1 2 3

アラートの優先度を更新する:

/genie update priority to [P1, P2, P3, P4 or P5] for [tinyID]

例:

/genie update priority to P2 for 1341

アクションを実行する:

/genie exec [action] on [tinyID tinyID2..]

例:

/genie exec customAction on 1

/genie exec customAction on 1 2 3

アラートを作成する:

/genie alert [alert message] for [team1,team2,user1..]

例:

/genie alert this is alert message for john.smith@acme.com

/genie alert this is alert message for integration team, product team

/genie alert this is alert message for myTeam, john.smith@acme.com

アラートを取得する:

/genie get [tinyID]

例:

/genie get 1

アラートをリストする:
すべてのオープン アラートをリストします。

/genie list

指定されたチームの開いているすべてのアラートを一覧表示します。

/genie list alerts of team1

統合をリストする:

/genie list integrations

ポリシーをリストする:

/genie list policies

チームをリストする:

/genie list teams

/genie list teams contains [search query]

/genie list teams starts with [search query]

統合/ポリシーを有効化する:

/genie enable [name]

例:

/genie enable policy

インテグレーション / ポリシーを無効にする:

/genie disable [name]

例:

/genie disable policy

オンコールを取る:
チームまたはスケジュールに対して、指定された時間だけオンコールを実行します。既定時間は 1 時間です。スケジュール/チームが指定されていない場合、ユーザーは自分のチームのスケジュール、または参加している単一のスケジュールに対してオンコールを実行します。

/genie oncall [me/user] [h/m/d] for [team/schedule/all]

使用例は次のとおりです。

/genie oncall me 2h for weekend_schedule

/genie oncall john.smith@acme.com 1d for ops_team

/genie oncall me 2h for all

/genie oncall me 45m

/genie oncall me

オンコールの相手:
すべてのスケジュールからオンコール ユーザー情報を取得します。

/genie whoisoncall

ミュート:
ユーザーの通知をミュートします。指定しない場合は 5 分間ミュートします。

/genie mute [me/username] [minutes(optional)]

例:

/genie mute john.smith@acme.com

/genie mute john.smith@acme.com 15

ミュート解除:
ミュート設定をクリアします。

/genie unmute [me/username]

例:

/genie unmute john.smith@acme.com

接続:
Opsgenie アカウントをチャット アカウントに接続します。接続が存在する場合は、現在接続されている Opsgenie ユーザーが表示されて切断を選択できます。

詳細については、チャット ユーザー マッピングのドキュメント ページをご参照ください。

/genie connect

ヘルプ:

/genie help

Slack コマンド

[再同期] ボタン

Opsgenie インテグレーションを非公開 Slack チャンネルに追加したユーザーがチャンネルを離れた場合、Opsgenie からのアラート作成通知がチャンネルに表示されなくなる可能性があります。この場合、Slack インテグレーションの設定ページの手順の最後にある [再同期] ボタンを使用してください。

Slack 統合の再同期

 

 

その他のヘルプ