• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

外部サービスを管理する

Opsgenieでは、ユーザーが任意の公開Statuspage.ioページインシデントを外部サービス機能を使用して追跡できます。公開 Statuspage ページで作成されたインシデントに関するアラートまたは通知を受信するには、そのページを外部サービスとして追加するか、既存の外部サービスをサブスクライブします。

外部サービスを追加すると、対応する Statuspage で作成されたインシデントによって、所有者チームとサブスクライブしたチームに対するアラートがトリガーされます。外部サービスへのチームサブスクリプションの詳細については、こちらをご覧ください。

外部サービスの操作

自分のチームが所有する外部サービスを追加、表示、編集、削除するには、チームのダッシュボードの [サービス] タブにアクセスします。

内部サービス

または、ロールで許可されている場合は、[サービス] ページから外部サービスを追加できます。

別のチームが所有している既存の外部サービスに関する情報を表示するには、[サービス] に移動します (そのチームがそのサービスを組織に対して公開し、かつご使用の Opsgenie ユーザーロールによって許可される場合):

サービスを追加

外部サービスの追加と編集

外部サービスを作成するには、[サービス] タブで、チームのダッシュボードの [サービスの追加] をクリックします。[外部サービス] を選択し、「Statuspage」を検索します。情報を取得するコンポーネントをフィルターできます。

サービスの制限

Opsgenie チームには、最大 1000 のサービスを作成できます。Opsgenie アカウントには、最大 2000 のサービスを作成できます。サービス名は 512 文字以下にする必要があります。サービスの説明は 4096 文字以下にする必要があります。

外部サービスの追加

ページ検索には、3 文字以上が必要であることに注意してください。

サービス名サービス説明を入力 (保存) して、外部サービスを定義します。

サービスチームに追加したら、サービスをアップデートして、インシデントおよび対応者関係者とのコミュニケーションのためにインシデント ルールを追加する必要があります。

  • インシデントルールは、ユーザーが指定した条件に基づいて、アラートからインシデントを自動的に生成します。

ルール

コンポーネント

コンポーネントの設定は、[コンポーネント] タブで編集できます。外部サービスの所有者チームおよびサブスクライブされたチームに、選択したコンポーネントに影響するインシデントが通知されます。

コンポーネントの編集

影響マッピング

既定の Statuspage インシデントの影響と Opsgenie アラート優先度のマッピングは、[Impact mapping (影響マッピング)] タブで構成できます。サブスクライブされたチームも、構成された優先度マッピングと所有者チームによって定義されたアラートタグによるアラートを受信します。

スクリーンショット

影響マッピング

テンプレートを作成および追加して、インシデントと、対応者サービスに影響するインシデントに関与する必要がある関係者とのコミュニケーションの両方を設計できます。「インシデントテンプレートの作成」を参照してください。

  • 既定では、インシデントルールテンプレートは、サービスで指定したのと同じ対応者関係者に適用されます。インシデントの作成時に、これらの対応者関係者を変更できます。

対応者テンプレート

インシデントの解決には、他のチームまたは個人が関与する必要がある場合があります。他の Opsgenie ユーザーを対応者としてサービスに追加して、(個別のアラートで) ユーザーに通知し、インシデントを表示できるようにすることができます。

  • 所有者チーム - インシデントのコンテキストでは、影響を受けるサービスを所有するチーム (所有者チーム) がメインのインシデント通知を受け取ります。また、アラートを承認できる唯一の対応者でもあります。

  • その他のチーム: インシデントに関連して、対応者としてインシデントに追加されるチームであり、(インシデントの) サブアラート通知を受信します。対応者チームに対して作成されるサブアラートは、アラート ダッシュボードの下に通常のアラートとして表示されます。サブアラートには、影響を受けるサービスのサービス ステータス ページへのリンクが含まれています。これによって、関連するインシデントでは同じコラボレーション ツールにアクセスできます。

  • 個人: インシデントのコンテキストでは、ユーザー管理者所有者のリストから、個々の対応者対応者として追加できます。

インシデントおよびアラート情報へのアクセス権と、サービスに関連するインシデントに対するアクションの実行権限を追加のパートナーに付与する場合は、以下の手順に従って対応者を追加します。

サービスに対応者を追加するには

  1. チームのダッシュボードで、開いているサービスの [Responders (対応者)] タブをクリックします。

  2. 対応者の追加:

  • [Add Team(s) (チームの追加)] にチームの名前の先頭部分を入力し、リストから選択して、1 つ以上のチーム対応者として追加します。

  • 個々の Opsgenie ユーザー対応者として追加するには、[Add Responders (対応者の追加)] にユーザーの名前の先頭部分を入力し、リストから選択します。

3. [更新] をクリックします。
通知は Opsgenie のアラート通知フローに基づいています。

関係者テンプレート

Opsgenie では、(さまざまなコミュニケーションチャネルを通じて) サービスに関連するインシデントについて、組織全体の関係者に自動的に通知できます。これには、以下の手順に従って、通知する関係者を追加します。

インシデントについて通知を受ける関係者を追加するには

  1. 個々のOpsgenieユーザーを関係者として追加するか、ユーザー プロファイルが特定の条件に一致するタイプの関係者を選択するようにOpsgenieルールを構成します。
    入力を開始して個々の関係者を追加するか、Opsgenie で使用するルール構成を選択し、[+Add new type (+新しいタイプを追加)] をクリックします (続けて、Opsgenie がユーザーデータと照合する条件の入力を開始します)。

[関係者] タブ
  • 複数の条件で [Match all conditions (すべての条件に一致)] が入力されている場合、Opsgenie はすべての条件に一致するユーザーのみを選択します。

たとえば、州がバージニア州で、都市がフォールズチャーチという条件が含まれる場合、Opsgenie はバージニア州フォールズチャーチのユーザーのみを検索し、それらのユーザーにのみ関係者通知を送信します。

2. [更新] をクリックします。
Opsgenie は、連絡方法プロファイル設定、または組織が設定したそれを上書きする通知テンプレートに従って、関係者に通知します。

外部サービスへのインシデントルールの追加

インシデントルールを使用すると、インシデントを自動的に作成する方法をカスタマイズできます。複数のインシデントルールを任意のサービスに適用でき、インシデントルールには複数の条件を含めることができます。

インシデントルールを作成するときは、統合ソースからの着信アラートデータをフィルターする条件を設定し、着信アラートデータが設定された条件に一致する場合にインシデントを作成します。

  • Match all alerts (すべてのアラートと一致):
    Opsgenie は、任意のソースから着信アラートを受信したときにインシデントを作成します。

  • 次の条件のいずれかと一致する:
    Opsgenie は、着信アラートデータが指定されたいずれかの条件に一致した場合にインシデントを作成します。

  • 次のすべての条件と一致する:
    Opsgenie は、着信アラートデータが指定されたすべての条件に一致する場合にのみ、インシデントを作成します。一致しない条件がある場合、Opsgenie はアクションを実行しません。

  1. インシデントルールを追加および構成するには、[Add Incident Rule (インシデントルールの追加)] ボタンをクリックします。

インシデントルール

2.アラートルールを作成する場合と同様に、フィールドに情報を入力します。

条件が指定されている場合:

  1. 調査するフィールドを選択します。

  2. [equals (等しい)] や [contains (含む)] などの条件を選択します。

  3. アラート情報と比較する任意の値を入力します。

ルール条件



その他のヘルプ