• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Opsgenie を Microsoft Teams V2 と統合する

Microsoft Teams のロゴ

Youtube で Opsgenie と Microsoft Teams の統合に関するビデオを視聴する

Opsgenie が Microsoft Teams ユーザーに提供するもの

OpsgenieMicrosoft Teams との強力な統合を持っています。統合により Microsoft Teams ユーザーは Microsoft Teams 内の Opsgenie アラートに対して、承認、クローズ、スヌーズなどのアクションを実行できます。アラート、統合、ポリシーなどをリストにしましょう。Opsgenie アラートでアクションが実行されると、Microsoft Teams チャネルにメッセージが送信されます。この統合では、カードのアクションボタンを介した Opsgenie アラートに対するアクションの実行もサポートしています。

統合の機能性

  • Microsoft Teams 内の Opsgenie アラートでコマンドを実行します。

  • Opsgenie アラート アクションを Microsoft Teams チャネルに転送します。

  • Microsoft Teams 内でアクション ボタンを使用して、Opsgenie アラートに対するアクションを実行します。

Opsgenie に Microsoft Teams を追加する

Opsgenie アカウントに Microsoft Teams を追加するプロセスは、Opsgenie のデータ レジデンシーに応じて若干異なります。Opsgenie がヨーロッパのサービス リージョンに含まれる場合は、下にスクロールしてアカウントに対する手順を表示します。

この統合はチーム ダッシュボードから追加可能

Opsgenie の Free または Essentials の各プランを使用している、または Jira Service Management の Standard プランで Opsgenie を使用している場合、このプランでは [設定] の [統合] ページが利用できないため、この統合はチーム ダッシュボードからのみ追加できます。

統合をチーム ダッシュボードから追加すると、そのチーム統合の所有者になります。Opsgenie では、この統合を通じて受信したアラートはそのチームのみに割り当てられます。

そのためには、次の手順に従います。

  1. Teams からチーム ダッシュボードに移動します。

  2. [統合] > [統合を追加] の順に選択します。

残りの手順に従って統合を完了します。

米国サービス リージョンの Opsgenie アカウントに Microsoft Teams を追加する

  1. Microsoft Marketplace に移動して、Opsgenie アプリを Microsoft Teams アカウントに追加します。

  2. 次に、Opsgenie アカウントから [設定] → [統合] の順に移動します。Microsoft Teams を検索して [追加] を選択します。

  3. 統合手順に記載されている設定コマンドをコピーします。これは後続のステップで使用します。

Microsoft Teams 統合

4. [Save Integration (統合を保存)] を選択します。

5. Microsoft Teams アカウントに移動して、サイド ナビゲーション メニューから [アプリ] を選択します。

6. Opsgenie を探します。

Microsoft Teams 検索アプリ

7. [Add to a team (チームに追加)] を選択します。

Microsoft Teams に Opsgenie アプリを追加

8. チームのチャネルを選択します。

Microsoft Teams チャンネルを選択

9. [Set up a bot (ボットを設定)] を選択します。

10. ボットに対する設定コマンド (前に Opsgenie の Microsoft Teams 統合ページでコピーしたもの) を貼り付けて、メッセージとしてボットに送信します。メッセージは次の画像のようになるはずです。

Microsoft Teams 統合が設定された

12. 「統合が正常に設定されました」という応答をボットから受け取ります。

13. これ以降、このチャネル内の統合設定ページで設定したアラート アクション メッセージを受信します。

14.Opsgenie ボットを追加したチームどのチャンネルでも、それ以上の設定を行わずにボット コマンドを使用することもできます。

15. Opsgenie ボットを複数のチームに設定するには、上記の手順を繰り返します。

 

EU サービス リージョンの Opsgenie アカウントに Microsoft Teams を追加する

  1. 製品データが EU 内にある場合は、Opsgenie の Microsoft Teams アプリケーション パッケージをダウンロードして開始します。

  2. 次に、Opsgenie アカウントから [設定] → [統合] の順に移動します。Microsoft Teams を検索して [追加] を選択します。

  3. 統合手順に記載されている設定コマンドをコピーします。これは後続のステップで使用します。

  4. [Save Integration (統合の保存)] を選択します。

  5. Microsoft Teams アカウントに移動して、左側のメニューから [アプリ] を選択します。

  6. サイド ナビゲーション メニューの下部から [Upload a custom app (カスタム アプリをアップロード)] を選択します。

  7. Opsgenie の Microsoft Teams アプリケーション パッケージをアップロードしてインストールします。

  8. 完了すると、Microsoft Teams に画面が表示されます。[Add to a team (チームに追加)] を選択します。

  9. チームのチャネルを選択します。

  10. [Set up a bot (ボットを設定)] を選択します。

  11. ボットに対する設定コマンド (前に Opsgenie の Microsoft Teams 統合ページでコピーしたもの) を貼り付けて、メッセージとしてボットに送信します。

  12. 統合が正常に設定されました」という応答をボットから受け取ります。

  13. 以降、このチャネル内の統合設定ページで設定したアラート アクション メッセージを受信します。

  14. Opsgenie ボットを追加したチームどのチャンネルでも、それ以上の設定を行わずにボット コマンドを使用することもできます。

  15. Opsgenie ボットを複数のチームに設定するには、上記の手順を繰り返します。

Microsoft Teams はグローバルな Opsgenie 統合ですが、独自の機能があることからチームに対する関連付けが必要になります。

アクション マッピング機能

  • Opsgenie では、顧客が Microsoft Teams に転送するアラート アクションを選択できます。

  • 既定では、作成、承認、承認解除、クローズ、メモの追加、所有権の割り当てのアクションが Microsoft Teams に転送されます。

  • さらにアクションを追加するか、転送する必要がないアクションを削除します。

  • 作成アクションの転送は必須です。

Opsgenie の Microsoft Teams ボットを使う

Opsgenie アカウントを認証してください。アカウントが認証されていない場合は、Microsoft Teams ボットを使用できず、ボットはあなたが送信するコマンドに一切応答しません。

  1. 統合設定ページで [コマンドの実行] オプションが有効になっていることを確認します。

  2. Opsgenie ボットが追加されたチーム チャンネルから追加で設定しなくても、ボットコマンドを使用できます。

Opsgenie 内のチーム

ボットに送信できるコマンド

  • アラートを承認する: ack [tinyID tinyID2...]

  • アラートの承認を取り消す: unack [tinyID tinyID2...]

  • 指定した期間、アラートをスヌーズする: snooze [tinyID tinyID2...] for [number] [m/h/d]

  • アラートを次のレベルにエスカレートする: escalate [tinyID tinyID2...]

  • 指定した名前のアラートを次のレベルにエスカレートする: escalate [tinyID tinyID2...] for [escalation name]

  • すべてのアラートを承認またはクローズする: ackallcloseall

  • アラートに受信者を追加する: addrec [user] to [tinyID tinyID2...]

  • アラートにチームを追加する: addteam [team] to [tinyID tinyID2...]

  • アラートにタグを追加する: addtag [tag1, tag2...] to [tinyID tinyID2...]

  • アラートをユーザーに割り当てる: assign [tinyID tinyID2...] to [user]

  • アラートの所有権を取得する: own [tinyID tinyID2...]

  • アラートをクローズする: close [tinyID tinyID2...]

  • ポリシーまたは統合を有効または無効にする: enable/disable [name]

  • アラートに対してアクションを実行する: exec [action] on [tinyID tinyID2...]

  • アラートの詳細を取得する: get [tinyID]

  • すべてのボット コマンドを一覧表示する: help

  • すべてのオープン アラート (初期設定)、統合、またはポリシーを一覧表示する: list alerts/integrations/policies

  • アラートにメモを追加する: note [note] to [tinyID tinyID2...]

  • 特定の時間だけ通知をミュートする (初期設定では 5 分): mute/unmute [Opsgenie username/me] [minutes (optional for mute)]

  • すべてのスケジュールまたは特定のスケジュールでオンコールのユーザーを表示する: whoisoncall [schedule (optional)]

  • 指定した受信者またはチームに対してアラートを作成する: alert [message] for [teams/users]

  • スケジュールまたはチームで指定された時間 (初期設定では 1 時間) オンコールを引き受ける: oncall [me/user] [h/m/d] for [team/schedule/all]

  • Opsgenie アカウントを Microsoft アカウントに接続する: connect

  • Microsoft Teams の統合を有効にする: setup [API key]

チャット ユーザー マッピング

  1. [ユーザーの一致が必要] は、Microsoft Teams アカウントと Opsgenie アカウントの一致を強制するために使用されます。

  2. @Opsgenie connect コマンドを使用して、Microsoft Teams アカウントを Opsgenie アカウントに関連付けます。

  3. チャット ユーザー マッピング フロー:

チャット ユーザー マッピング
接続成功

その他のヘルプ