• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Opsgenie を Magentrix と統合する

Megantrix ロゴ

概要

統合でできるようになること

OpsgenieMagentrix との強力な双方向の統合を提供します。Magentrix 統合を使用して、カスタマー ポータルでケースが作成されたときに Opsgenie でアラートを作成します。その逆も同様です。このミラーリングは、Opsgenie の堅牢なオンコール設定とルーティング ルールによって、適切なユーザーに適切なタイミングでアラートを集約するのに役立ちます。

統合による機能

  • Magentrix カスタマー ポータルでケースが作成されると、Opsgenie でアラートが作成されます。

  • Magentrix カスタマー ポータルでケースがクローズされると、Opsgenie でアラートがクローズされます。

  • Magentrix カスタマー ポータルでケースのステータスが「アクティブ」に変更されると、Opsgenie でアラートが承認されます。

  • Opsgenie でアラートが作成されると、Magentrix カスタマー ポータルでケースが作成されます。

統合をセットアップする

Magentrix は双方向の統合です。次のステップに沿ってセットアップを行います。

  • OpsgenieMagentrix 統合を追加する

  • アラート アクションをマッピングする

  • Magentrix で統合を設定する

Magentrix 統合を追加する

この統合は、Opsgenie の Standard プランと Enterprise プラン、および Jira Service Management の Premium プランと Enterprise プランでのみ利用できます。

統合をチーム ダッシュボードから追加すると、そのチーム統合の所有者になります。Opsgenie では、この統合を通じて受信したアラートはそのチームのみに割り当てられます。このセクションの残りの手順に従って、統合を設定してください。

OpsgenieMagentrix 統合を追加するには、次の手順に従います。

  1. [設定] > [統合] の順に移動します。

  2. [統合を追加] を選択します。

  3. 検索を実行して「Magentrix」を選択します。

  4. 次の画面で、統合の名前を入力します。

  5. オプション: 特定のチームが統合からのアラートを受信するようにする場合は、[Assignee team (担当者チーム)] のチームを選択します。

  6. [続行] を選択します。
    この時点で、統合が保存されます。

  7. [統合を設定するステップ] セクションを展開して、API キーをコピーします。
    このキーは、後ほど Magentrix で統合を設定する際に使用します。

  8. [統合をオンにする] を選択します。
    統合のために作成したルールは、統合をオンにした場合にのみ機能します。

Magentrix で統合を設定する

受信用

1. Magentrix で、左側のメニューにある [開発] を展開します。

2. [クラスとトリガー] を選択します。

3. [新規] を選択します。

4. [トリガー] > [次へ] を選択します。

5. "エンティティ" フィールドで [ケース (強制)] を選択して [次へ] を選択します。

6. [名前] に「OpsgenieAlertTrigger」と入力します。

Magentrix はクラス情報を提供する

7. [バージョン] で [3.0] を選択します。

8. [保存] を選択します。

9. このファイルの内容を Magentrix UI エディターにコピーします。

10. Opsgenie に統合を追加する際にコピーした API キーを "Opsgenie_API_KEY" フィールドに貼り付けます。

11. [保存] を選択します。

送信用

  1. Magentrix サブドメインには、Magentrix インスタンスのサブドメインを入力します。
    たとえば、Magentrix の URL が https://test.magentrixcloud.com である場合は、フィールドに「test」と入力します。

  2. Magentrix ユーザー名には、Magentrix のユーザー名を入力します。

  3. Magentrix パスワードには、Magentrix のユーザー パスワードを入力します。

アラート アクションをマッピングする

Opsgenie アクションと Magentrix アクション間のアクション マッピングを定義できます。アラートのソースが Magentrix ではない場合 (つまり、アラートが別の統合によって作成された場合) のマッピングも行えます。マッピングの Opsgenie アクションのリストから選択できます。

ケース タイプが指定されていない場合は、その値が既定で「問題」に設定されます。

カスタマイズしたフィールドの Magentrix トリガーを設定する

Opsgenie アラートでカスタム フィールドを使用するには、Magentrix トリガーをカスタマイズします。トリガーには、編集可能なカスタム フィールドが 10 個あります。これらのフィールドは定義されていますが、初期化されていません。ペイロードでカスタム フィールドを送信するには、次のステップに従います。

  • Magentrix を初期化して、カスタム フィールドを選択します。
    カスタム フィールドはペイロードにすでに追加されています。フィールドを初期化すると Opsgenie に送信されます。

  • Opsgenie アラートにカスタム フィールドを追加するには、[受信] セクションを展開して、必要に応じてアラート ルールを追加します。

Magentrix から送信されたペイロードのサンプル

(JSON 形式)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 { "caseId": "5002600000DHQfbACH", "caseDescription": "Sample case description", "severity": "S3 - Medium", "caseNumber": "00314044", "description": "Sample description", "priority": "Medium", "subject": "[OpsGenie] Sample message", "caseType": "Problem", "ownerEmail": "sampleemail@sample.com", "caseStatus": "New", "accountName": "Sample Account", "assetName": "Sample Asset", "isEscalated": "TRUE", "escalatedBy": "0032600000dQcsPAAS", "customField1": "Sample Custom Field", "customField2": "Sample Custom Field", "customField3": "Sample Custom Field", "customField4": "Sample Custom Field", "customField5": "Sample Custom Field", "customField6": "Sample Custom Field", "customField7": "Sample Custom Field", "customField8": "Sample Custom Field", "customField9": "Sample Custom Field", "customField10": "Sample Custom Field" }

その他のヘルプ