• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

アラートの検索クエリ

Opsgenie 内でのアラートの検索に役立つ説明は、Youtube の Opsgenie 内でのアラート検索をご覧ください。

ほとんどのアラートフィールドで、field:valueの組み合わせを使用できます。

条件

説明

createdAt : 1470394841148


ミリ秒形式の UNIX タイムスタンプ。(1470394841148 -> Fri, 05 Aug 2016 11:00:41.148 GMT)

createdAt : 15-05-2020

DD-MM-YYYY の形式。

lastOccurredAt : 1470394841148

ミリ秒形式の UNIX タイムスタンプ。(1470394841148 -> Fri, 05 Aug 2016 11:00:41.148 GMT)


snoozedUntil: 1470394841148

ミリ秒形式の UNIX タイムスタンプ。(1470394841148 -> Fri, 05 Aug 2016 11:00:41.148 GMT)

alertId : b9a2fb13-1b76-4b41-be28-eed2c61978fa

アラートのID。

tinyId : 28

アラートに割り当てられている短い ID。このフィールドは変動するため、使用は推奨されないことに注意してください。

alias : host_down

取得するアラートのエイリアス。エイリアスを使用すると、そのエイリアスを持つオープンアラートのみが取得されます (存在する場合)。

count : 5

いずれかのソースが、指定されたエイリアスを持つオープンアラートがある場合に新しいアラートを作成しようとすると、新しいアラートを作成する代わりに、オープンアラートのカウント値が 1 増加します。

message : Server apollo average




文字列

description : Monitoring tool is reporting that the

文字列

source : john.smith@opsgenie.com

文字列

entity : entity1

文字列

status : open

open | closed

owner : john.smith@opsgenie.com






Opsgenie ユーザー名

acknowledgedBy : john.smith@opsgenie.com

Opsgenie ユーザー名

closedBy: john.smith@opsgenie.com

Opsgenie ユーザー名

recipients : john.smith@opsgenie.com

Opsgenie ユーザー名

isSeen : true

true | false

acknowledged : true

true | false

snoozed : false

true | false

teams : team1

チームの名前。

integration.name : "API Integration"

インテグレーションの名前。

integration.type : API

インテグレーションのタイプ。

tag : EC2


文字列

actions : start

文字列

details.key : Impact

文字列

details.value : External

文字列

detailsPair : status:open

文字列

条件演算子

: 完全一致演算子に加えて、<<=>、および >= 演算子も使用できます。

count > 5

count <= 4

lastOccurredAt < 1470394841148

論理演算子

AND演算子とOR演算子を使用して、複数のを組み合わせます。ただし、値は必ず括弧 () で囲んでください。

説明

message: (lorem OR ipsum)

message フィールドには "lorem" または "ipsum" が含まれます。

description: (lorem AND ipsum)

description フィールドには、"lorem" と "ipsum" の両方が含まれます。

AND演算子とOR演算子を使用して、複数の条件を組み合わせることもできます。

message: lorem AND count >= 3

message: (lorem OR ipsum) AND count >= 3

status: open AND (count >= 3 OR entity:lipsum)
Expand

特定の値に対する検索結果を不適格にするには、NOT検索クエリを使用します。

説明

NOT message: lorem

message フィールドに lorem が含まれません。

NOT status: open

アラート結果の status が open ではありません (つまり、closed または resolved)

 

アスタリスク (*) をワイルドカードとして使用

ワイルドカードは文字の後にのみ使用でき、文字列の最初にのみ一致するものが検索されます。ワイルドカードで文字列ごとに一致するものを検索するには、文字列がスペースで区切られている必要があります。

たとえば、[アラート メッセージ] フィールドで「lorem」で始まることはわかっているが、メッセージの残りの部分は思い出せないアラートを検索する場合を考えます。

検索ボックスには、次のように入力します。

1 message: lorem*

これによって、[アラート メッセージ] フィールドで「lorem」で始まる文字列が検索され、一致した結果が一覧表示されます。

結果では、ワイルドカードが単独で文字列として表示される場合と、文字列の先頭部分になっている場合があります。

  • Lorem ipsum dolor

  • Loremipsum123

  • qui do Lorem ipsum

ただし、ワイルドカードが文字列の途中にある場合、検索は一致しません。

  • qui dolorem ipsum

つまり、ワイルドカードは文字列の先頭にあるか、アスタリスクで見つかる部分が区切られている必要があります。

 

ワイルドカードは、チームとユーザーではサポートされていません。つまり、チーム名またはユーザー名を使用してアラートを検索するときには、アスタリスク (*) を使用できません。正しい結果を得るには、チームまたはユーザーの名前全体を入力します。

Null クエリ

Null クエリを使用して、フィールドを含む、またはフィールドを含まないアラートをリストできます。フィールドが設定されていない場合、または空白の場合、そのフィールドは null と見なされることに注意してください。

NULL クエリがサポートするフィールドには、source、entity、tag、actions、owner、teams、acknowledgedBy、closedBy、recipients、details.key、details.value、integration.name、integration.type があります。

owner : null

teams is null

details.key is not null

tag !: null



その他のヘルプ