• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Opsgenie を Microsoft SCOM と統合する

SCOM ロゴ

Opsgenie が SCOM ユーザーに提供するもの

SCOMOpsgenie をオペレーション マネージャーのアラートとアップデートの両方を Opsgenie に転送するために統合し、Opsgenieの実用的なアラート、強力なオンコール スケジュール、エスカレーション、レポート サービスのメリットを享受できます。Microsoft System Center Operations Manager は Opsgenie にアラート イベントを転送して、PowerShell を使用してアラートの作成、承認、クローズ、メモの追加をします。SCOM 統合を使用した Opsgenieアラートの重複排除 からメリットを享受できます。

統合の機能性

  • SCOM でアラートが作成されると、統合によって Opsgenie でアラートが自動で作成されます。

  • SCOM でアラートが解決またはクローズされると、関連するアラートは Opsgenie でクローズされます。

  • SCOM でアラートが承認されると、関連するアラートは Opsgenie でも承認されます。

Microsoft SCOM 統合の設定手順:

統合機能

このガイドは、次のバージョンの Windows でテストされています。

Windows サーバー 2012 R2 (Windows サーバー 2012 も動作するはずです)
Windows サーバー 2016
Windows サーバー 2019

このガイドは、次のバージョンの SCOM でテストされています。

System Center Operations Manager 2012 R2 (SCOM 2012 でも機能します)
System Center Operations Manager 2016
System Center Operations Manager 2019

2018 年のSCOMリリースでは統合はテストされていませんが、統合は問題なしで動作すると予測されます。

System Center Operations Manager 1801
System Center Operations Manager 1807

Opsgenie で SCOM 統合を追加する

この統合はチーム ダッシュボードから追加可能

Opsgenie の Free または Essentials の各プランを使用している、または Jira Service Management の Standard プランで Opsgenie を使用している場合、このプランでは [設定] の [統合] ページが利用できないため、この統合はチーム ダッシュボードからのみ追加できます。

統合をチーム ダッシュボードから追加すると、そのチーム統合の所有者になります。Opsgenie では、この統合を通じて受信したアラートはそのチームのみに割り当てられます。

そのためには、次の手順に従います。

  1. Teams からチーム ダッシュボードに移動します。

  2. [統合] > [統合を追加] の順に選択します。

残りの手順に従って統合を完了します。

  1. [設定] > [統合] の順に移動します。SCOM を検索して [追加] を選択します。 

  2. [Save Integration (統合の保存)] を選択します。

  3. 手順に記載されている URL をコピーします。

  4. 「SCOM統合」のデフォルト ルールを変更するには、[詳細設定に移動] をクリックします。

  5. [フィルター] セグメントで SCOM アラートをフィルタリングするための条件を作成 / 編集します。

  6. [アラート フィールド] セグメントを使用して SCOM によって生成されたアラートのフィールドを変更します。

Microsoft SCOM での設定

  • クラスター内の各 SCOM アプリケーション ホストで、ルート スクリプト ディレクトリに opsgenie という名前の新しいフォルダーを作成します。結果のディレクトリは C:\scripts\opsgenie

  • Opsgenie の SCOM PowerShell スクリプトをダウンロードし、前の手順で作成したディレクトリに配置します。スクリプトファイルの名前が opsgenie.ps1 であることを確認してくださいファイルの最終パスは C:\scripts\opsgenie\opsgenie.ps1 です。

スクリプトが動作するために必要な最低限の PowerShell バージョンは 3.0 です。3.0 以下のバージョンを使用している場合は、JSON の値を変換し、HTTP リクエストを Opsgenie に投稿する PowerShell スクリプト コードは、ユーザー側で開発する必要があります。

  • インストールするには、管理者特権でのコマンド プロンプトを開き、以下のコマンドを入力します。

まず、ファイルのブロックを解除して実行できるようにします。これは、クラスター内のすべての SCOM アプリケーション ホストで実行する必要があります

シェル

1 Powershell -command "Unblock-File C:\scripts\opsgenie\opsgenie.ps1"

次に、インストールします。これは、クラスター内の 1 つの SCOM アプリケーション ホストでのみ行う必要があるわけではありません

シェル

1 Powershell -ExecutionPolicy bypass -file C:\scripts\opsgenie\opsgenie.ps1 -Url [integration url] -install

SCOM から Opsgenie に送信されるペイロードのサンプル

JSON

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 { "owner": "np", "lastModified": "12/24/2015 11:47:16 AM", "resolutionState": "New", "timeRaised": "12/24/2015 11:47:16 AM", "resolutionStateLastModified": "np", "workflowId": "{7eba60fd-b179-69a7-3897-47b6753601f2}", "category": "Custom", "alertId": "{2ba87d56-a7af-4b42-bdcc-eb18486bd8cd}", "alertName": "Alert for event 999", "priority": "1", "severity": "2", "createdByMonitor": "false", "repeatCount": "0", "alertDescription": "np", "managedEntitySource": "WIN-RQTU8UB5TU5.opsgeniescom.com" }

その他のヘルプ