• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Opsgenie アクションで AWS EC2Rescue ツールを実行する

Opsgenie アクションによる AWS EC2Rescue ツールの実行

EC2 インスタンスで実行される無料の AWS トラブルシューティング ツールである EC2Rescue は、オペレーティング システム レベルの課題を解決して、今後の分析のために詳細ログと設定ファイルを収集します。EC2Rescue ツールは、ヘルス チェックの失敗や到達不能なインスタンスなど、さまざまなトラブルシューティングのケースに使用されます。ファイアウォール、RDP、またはネットワーク インターフェイスの設定によって引き起こされた接続の問題によって、EC2 インスタンスに到達できない場合があります。レジストリやブート ループの破損などのオペレーティング システムの起動に関する問題も、異常な状態の原因となる場合があります。

Opsgenie は、AWS Systems Manager に標準で付属する AWSSupport-ExecuteEC2Rescue オートメーション ドキュメントを使用して、EC2Rescue をトリガーするアクションを提供します。Opsgenie のアクション チャネル内で、EC2Rescue ツールの Opsgenie アクションを簡単に設定して、EC2 インスタンス関連のアラートを受信するたびに実行できます。

Opsgenie で AWSSupport-ExecuteEC2Rescue アクションを設定する

Opsgenie アクションを作成するには、AWS Systems Manager に対応する自動化テンプレートが必要です。

  1. チームのダッシュボードにある [アクション] タブにアクセスします。

  2. AWS アカウント ID、AWS リージョン、AWS ロールを使用して、AWS Systems Manager チャネルを作成します。

  3. アカウント ID、リージョン、ロールが AWS Systems Manager オートメーション ドキュメントと互換性がある限り、同じチャネルを使用して複数のアクションを作成します。

EC2Rescue には、アクションを実行するための権限が必要です。アクション チャネルを作成する際に CloudFormation テンプレートを使用してロールを作成するか、AWS コンソールで IAM ロールを追加できます。

AWS ロール
スタックを作成する

セキュリティ上の問題により、アクションを実行するには、IAM ロールが接頭辞 opsgenie-automation-action-で始まる必要があります。管理者権限がある場合は、以下のポリシー ドキュメントを使用してアクションを簡単に実行できます。それ以外の場合は、アカウント管理者に連絡して必要な権限を設定する必要がある場合があります。
詳細については、この AWS Systems Manager ユーザー ガイドを参照してください。

要約

4. チャネルが作成されたら、[アクションの管理] セクションから関連する Opsgenie アクションを追加します。

5. アクションの名前を指定して、タイプとして「AWS Systems Manager」、前のステップで作成したアクション チャネルの順に選択します。

6. AWS SM ドキュメント セクションから AWSSupport-ExecuteEC2Rescue ドキュメントを選択します。ドロップダウン リストからドキュメントを検索するか、検索ボックスにドキュメントの名前を入力します。

アクションの作成

この次のセクションでは、アクションに設定できるパラメーターをリスト表示します。Opsgenie は、AWS SM の対応するオートメーション ドキュメントのパラメーターを直接インポートします。「必須」とマークされているパラメーターは、実行に必須です。EC2Rescue ツールの場合は、UnreachableInstanceIdEC2RescueInstanceType を指定する必要があります。一方、LogDestinationSubnetIdAssumeRole はオプションです。

アクションパラメーター

7. Opsgenie の CloudWatch イベント統合でアクションを追加できます。この統合から EC2 インスタンスに関するアラートを受信する場合は、常に EC2Rescue アクションを実行できます。

操作

8. 関連するアラートに対して実行するアクションが選択されると、ウィンドウが表示されます。必要なすべてのパラメーターに事前に定義された値がある場合は、[Execute (実行)] をクリックします。それ以外の場合は、アクションを実行する前にパラメーターの値を指定します。

EC2 レスキュー
EC2 実行

9. [アクティビティ ログ] タブに移動して、実行結果を確認します。Opsgenie は、アクションの実行を AWS に送信するまでしか追跡できません。EC2Rescue アクションが正常に送信された場合は、AWS 実行 ID が関連ログに表示されます。AWS アカウントでこの ID を使用して、アクションのステータスを確認します。

アクティビティ ログ

その他のヘルプ