• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Opsgenie を Solarwinds NPM と統合する

SolarWinds のロゴ

SolarWinds NPM のクイック インストールで、デバイスが検出されて監視が開始されます。SolarWinds NPM は、ネットワーク デバイスの応答時間、可用性、パフォーマンスを監視して表示します。また、インテリジェントなアラート システムを備えているため、アラートの作成とリセット時にアクション (メールを送信、取得またはポスト URL 機能など) を実行します。

SolarWinds NPM アラートは、サーバーが応答しないなどのネットワーク イベントが発生したことに関する自動通知です。アラートをトリガーするネットワーク イベントは、アラートを構成する際に設定された条件によって決まります。

Opsgenie は SolarWinds NPM ユーザーに何を提供しますか?

Opsgenie では、SolarWinds NPM の双方向の統合を提供します。この統合は、SolarWinds NPM の [Web サーバーへの Post リクエスト送信] 機能と OEC ユーティリティを活用してアラートを自動で作成し、SolarWinds NPMOpsgenie の間でアラートのステータスを同期します。

Opsgenie の SolarWinds NPM インテグレーションを使用すると Opsgenie はこれらのアラートのディスパッチャーとして機能して、オンコール スケジュールに基づいて通知する適切な担当者を決定します。メール、テキスト メッセージ (SMS)、電話、iPhone、Android のプッシュ通知によって通知して、アラートが承認されるかクローズされるまでアラートをエスカレートします。

Opsgenie には、SolarWinds NPM インテグレーション向けに特定の API が用意されています。SolarWinds NPMOpsgenie にアラートを送信して、Opsgenie はアラートの自動作成を処理します。

統合の機能性

  • SolarWinds NPM は、監視対象オブジェクトがアラートの条件を満たした際にアラートをトリガーします。SolarWinds NPM でアラートが作成されると、統合によって Opsgenie でもアラートが自動で作成されます。

  • Opsgenie でアラートが承認されると、OEC でスクリプトを実行することによって SolarWinds NPM でもアラートが自動で承認されます。

  • Opsgenie でアラートにメモが追加されると、OEC でスクリプトを実行することによって SolarWinds NPM でもアラートにメモが追加されます。

重要な注意事項: 使用している Microsoft サーバーに、次の更新プログラムがインストールされていることをご確認ください: https://support.microsoft.com/en-us/kb/3109853
Microsoft サーバー (.NET ベースのアプリ、MS S Channel など) には、Cloudflare に対する TLS (https) の処理に問題があります。接続障害が 1 時間ごとに発生します。この更新プログラムをインストールして、より安定した統合をご利用ください

SolarWinds NPM インテグレーションを Opsgenie に追加する

この統合はチーム ダッシュボードから追加可能

Opsgenie の Free または Essentials の各プランを使用している、または Jira Service Management の Standard プランで Opsgenie を使用している場合、このプランでは [設定] の [統合] ページが利用できないため、この統合はチーム ダッシュボードからのみ追加できます。

統合をチーム ダッシュボードから追加すると、そのチーム統合の所有者になります。Opsgenie では、この統合を通じて受信したアラートはそのチームのみに割り当てられます。

そのためには、次の手順に従います。

  1. Teams からチーム ダッシュボードに移動します。

  2. [統合] > [統合を追加] の順に選択します。

残りの手順に従って統合を完了します。

  1. [設定] > [統合] の順に移動します。SolarWinds NPM を検索して [追加] を選択します。

  2. [応答者] フィールドを使用して、SolarWinds NPM アラートの通知先を指定します。入力し始めると、オート コンプリートの候補が表示されます。

  3. API キーをコピーします。

  4. [Save Integration (統合の保存)] を選択します。

SolarWinds NPM における設定

  1. SolarWinds NPM で、[設定]、[アラートの管理]、アラート マネージャーの順に移動します。

  2. [アラート マネージャー] で [新しいアラートの追加] をクリックします。

  3. アラートのプロパティを設定します。名前、重大度、条件を評価する頻度、アカウント制限を使用してアラート全体のアクセスを制限するかどうかなど、アラートに関する情報を指定します。

Solarwinds アラート プロパティ

4. トリガー条件を設定します。トリガー アクションは、トリガー条件が満たされたときに実行されます。SolarWinds NPM には、ユーザーが複雑な条件を構築できる強力な条件メカニズムがあります。データベースで利用可能なすべてのフィールドを、これらの条件で使用できます。

利用できる変数の多様性と柔軟性を考慮して、Opsgenie ではなく SolarWinds で条件を構築することを強くお勧めします。

Solarwinds NPM トリガー条件

5. リセット条件を設定します。条件が満たされるとリセット アクションが実行されます。

Solarwinds NPM リセット条件

6. アラートがネットワークを監視する時間間隔を設定します (常に有効、または指定した時間に制限)。

Solarwinds NPM 時刻

7. トリガー アクションを設定します。このトリガー アクションを使用すると、SolarWinds NPM はアラート データを Opsgenie に投稿して、Opsgenie でアラートが作成されます。Opsgenie にデータを POST するには、トリガー アクションを [Web サーバーに Get または Post リクエストを送信] に設定します。

Solarwinds NPM トリガー アクション
Solarwinds NPM アクションの追加

[投稿方法] を選択して、OpsgenieSolarWinds NPM インテグレーションを保存した際にコピーしたインレグレーション URL を貼り付けます。

次に、variable1=val1&variable2=val2 形式で Opsgenie に送信する変数を入力します。Opsgenie にトリガー アクションと併せて送信されるすべての変数は、SolarWinds NPM 統合の [アラート アクションの作成] アラート フィールドで使用できます。

チーム、受信者、タグは、コンテンツに配置することで指定します。デフォルトのトリガー アクションの本文は、ここで SolarWinds から送信できます。

次の例の「エイリアス」フィールドは、SolarWinds NPM アラート エイリアス フィールドになります。別のエイリアス設定を行うには、投稿コンテンツのエイリアス フィールドの値を変更します。「トリガー」と「リセット」の両方のエイリアス設定が同じであることをご確認ください。

Solarwinds NPM HTTP リクエスト設定

Opsgenie は受信データを解析して、受信コンテンツに応じて堅牢なアラートを作成します。受信データを使用したアラート フィールドの変更は、ドラッグ可能なフィールドで行えます。

SolarWinds NPM で、監視対象オブジェクト (ノード、ボリューム、インターフェイスなど) のアラートを作成します。共通フィールドと監視対象オブジェクト固有フィールドを送信するには、[HTTP リクエストを送信] アクションを使用します。OpsgenieSolarWinds NPM インテグレーションでは、アラート固有のフィールドをカスタム統合フィールドとして利用できます。また、Opsgenie に送信される動的フィールドを引き続きサポートします。

SolarwindsNPM 設定

例: Opsgenie のアラートに NodeID 変数を含めるには、利用可能な統合フィールドの 1 つではないので、SolarWinds NPM から送信してアラート設定で動的に使用します。OpsgenieSolarWinds NPM で使用される変数名が同じであることをご確認ください。

NodeID=${N=SwisEntity;M=NodeID} を使用して、HTTP Post 本文に NodeID 変数を追加します。

 次に、SolarWinds NPM 統合の [アラート アクションの作成] アラート フィールドで使用します。{{NodeID}} の例を次に示します。

SolarwindsNPM 動的フィールド

8. リセット アクションを設定します。リセット アクションを使用すると、SolarWinds NPM は対応するアラートを閉じるデータを Opsgenie に投稿します。[Web サーバーに Get リクエストまたは Post リクエストを送信する] オプションを使用して、リセット アクションを設定します。SolarWinds NPM から送信するデフォルトのリセット アクション本文は、こちらをご参照ください。

SolarwindsNPM HTTP リクエストの設定

9. アラート設定を確認したら [送信] をクリックします。

Opsgenie を SolarWinds インテグレーションに設定する (オプション)

Opsgenie の OEC と SolarWinds スクリプトを使用して、SolarWinds でアラートをアップデートします。これによって、独自のスクリプトや機能をデプロイして提供された機能を変更し、カスタマイズされたアクションを SolarWinds で実行できます。

SolarWinds インテグレーション パッケージを使用するには、以下のセクションのステップを最後まで実行します。

OEC の最新バージョンをダウンロードする

Solarwinds パッケージの最新バージョンをダウンロードするには、oec-scripts リポジトリの readme ファイルを使用してください。

インストール

  • OEC パッケージを含む Opsgenie インテグレーションの zip ファイルを、ディレクトリ内に解凍します (C:\opsgenie\oec は優先パスです)。Windows に OEC をインストールするには、こちらの指示に従います。

  • OEC の実行方法について詳しくは、OEC の実行のドキュメントを参照してください。

SolarWinds でアクションを実行できるようにするには、OEC で設定ファイルから設定パラメーターを取得します。設定ファイルは、zip ファイルが展開されるディレクトリにあります。上記の手順に従った場合は C:\opsgenie\oec\config.json です

この機能を使用するには、[アラート アクションを SolarWinds に送信する] チェックボックスを、Opsgenie SolarWinds インテグレーションで有効化する必要があります。

設定パラメーター

 

URL

アラートが承認された、コメントなどを受け取った際などに、SolarWinds アラートをアップデートするための URL

ホスト

SolarWinds ホスト。

ログイン

SolarWinds Web サーバーを認証する資格情報。アラートが承認された、コメントなどを受け取った際などにアップデート アラートを受け取ります。

パスワード

SolarWinds Web サーバーを認証する資格情報。アラートが承認された、コメントなどを受け取った際などにアップデート アラートを受け取ります。

SolarWinds インテグレーション パッケージは SSL v1.0 をサポートしていません。SolarWinds Server で SSL v1.0 を使用している場合は、SSL サーバーをアップグレードすることをお勧めします。

SolarWinds から Opsgenie に送信されるサンプル パラメーター

テキスト

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 ActionType:Create alias:1 ObjectID:1 NodeName:172.31.14.211 Acknowledged:Not Acknowledged AcknowledgedBy: AcknowledgedTime:Never AcknowledgeUrl:http://WIN-PM7542TQNF9:8787/Orion/Netperfmon/AckAlert.aspx?AlertDefID=1 AlertDefID:e896e98d-b36b-4d7d-a32b-d6016269841d AlertDescription:default description AlertDetailsUrl:http://WIN-PM7542TQNF9:8787/Orion/View.aspx?NetObject=AAT:1 AlertID:49 AlertMessage:deneme was triggered AlertName:deneme AlertTriggerCount:312 AlertTriggerTime:Tuesday, January 5, 2016 8:16 AM Application:SolarWinds.Core.Common DateTime:Tuesday, January 5, 2016 8:16 AM DownTime:0 LastEdit:Tuesday, January 5, 2016 8:16 AM ObjectType:Node Severity:Critical TimeOfDay:Alert is always enabled teams:team1, team2 recipients:test@abc.com, test2@abc.com tags:tag1,tag2

これらのパラメーターは Opsgenie によって次のように解析されます。

JSON

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 [ "ActionType": "Create", "ObjectID": "1", "NodeName": "172.31.14.211", "AlertDefID": "e896e98d-b36b-4d7d-a32b-d6016269841d", "DownTime": 0, "AlertTriggerTime": "Tuesday, January 5, 2016 8:16 AM", "DateTime": "Tuesday, January 5, 2016 8:16 AM", "AlertTriggerCount": 312, "ObjectType": "Node", "AlertID": "49", "alias": "1", "AcknowledgedTime": "Never", "AlertMessage": "deneme was triggered", "TimeOfDay": "Alert is always enabled", "AcknowledgedBy": "", "AlertName": "deneme", "teams": "[team1, team2]", "originalTags": "[tag1, tag2]", "AcknowledgeUrl": "http://WIN-PM7542TQNF9:8787/Orion/Netperfmon/AckAlert.aspx?AlertDefID=1", "Severity": "Critical", "originalExtraProperties": "[AlertDefinitionID:e896e98d-b36b-4d7d-a32b-d6016269841d, ObjectType:Node, ObjectID:1]", "tags": "[tag1, tag2]", "AlertDescription": "default description", "LastEdit": "Tuesday, January 5, 2016 8:16 AM", "recipients": "[test@abc.com, test2@abc.com]", "AlertDetailsUrl": "http://WIN-PM7542TQNF9:8787/Orion/View.aspx?NetObject=AAT:1", "Application": "SolarWinds.Core.Common", "Acknowledged": "Not Acknowledged" ]

トラブルシューティング

SolarWinds NPM は、データでエスケープを行わずに本文を送信します。したがって、エスケープする必要がある文字(& など)が変数に含まれている場合は、高度なモードでデータを送信してください。= の代わりに µ#µ& の代わりに §#§ を使用します。トリガー アクションのデフォルト コンテンツのトラブルシューティング バージョンについてはこちら、リセット アクションについてはこちらを参照してください。

次の 2 つの形式のいずれかで SolarWinds NPM から Opsgenie にデータを送信すると、Opsgenie で同じ結果が生成されます。

SolarwindsNPM URL パラメーターの内容
SolarWindsNPM の高度なコンテンツ

SolarWinds 側で承認/クローズ/メモの追加の各アクションを実行できるように、投稿する本文テキストここにあるテキストと一致していることをご確認ください。



その他のヘルプ