• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Marid をインストールする (非推奨)

Marid は廃止予定で、2022 年 11 月 21 日に完全に廃止されます。詳細はコミュニティの投稿をご覧ください。

アトラシアンの拡張性プラットフォームをこれまでご利用になられたことがない場合は「拡張性プラットフォームとしての Opsgenie Edge Connector」をご参照のうえ、Opsgenie アカウントで実行する方法をご確認ください。

Marid をご利用で Opsgenie Edge Connector に移行する場合は「Opsgenie Edge Connector に移行する必要がある理由」をご参照ください。

Marid の概要については、Opsgenie Marid: オンプレミス モニタリングと ITSM ツールの接続を視聴してください。

Marid は Opsgenie の統合サーバーです。これは、内外部システムの統合で直面する課題を解決するように設計されています。コア機能は次のとおりです。

Marid をインストールする

前提条件:

  • Oracle/OpenJDK Java SE 8 または 11 (LTS) が必要です。

Red Hat ベースのディストリビューションに関するインストール手順

  1. Opsgenie Marid パッケージをダウンロードします

  2. 次のコマンドを実行して Lamp と Marid をインストールします:

 

rpm -i opsgenie-marid-<your_version>.rpm

 

アップグレード時、rpm パッケージは既存の設定を上書きしません。これによって、新しい既定の設定ファイルが marid.conf.rpmnew として保存されます。rpm アップグレード設定ファイルの処理の詳細については、こちらをご参照ください。

Debian ベースのディストリビューションに関するインストール手順

  1. Opsgenie Marid パッケージをダウンロードします

  2. 次のコマンドを実行して Lamp と Marid をインストールします:
    dpkg -i opsgenie-marid-<your_version>.deb

Windows (およびその他の OS ディストリビューション) のインストール手順

  1. Opsgenie Marid パッケージをダウンロードします

  2. opsgenie marid の zip ファイルをディレクトリ内に解凍します (C:\marid は優先パスです。C:\marid は、ドキュメントの後半では MARID_HOME と表記されます)。

  3. Marid をサービスとしてインストールするには:

  • コマンド ウィンドウを開く

  • <MARID_HOME> ディレクトリに移動する

  • 32 ビット システムの場合は、marid.exe -install を実行します

  • 64 ビット システムの場合は、marid_64.exe -install を実行します

サービスの名前が「Opsgenie Marid」に割り当てられます

  1. また、RPM または DEB パッケージをインストールしない場合は、Linux ディストリビューションでこの ZIP パッケージを使用できます。

JAVA_HOME 環境変数を設定するには、JAVA_HOME の設定を参照してください。

Ruby のスクリプトを有効にするには、JRuby Complete jar ファイルをダウンロードし、この jar ファイルを lib ディレクトリ (Linux システムでは /var/lib/opsgenie/marid、Windows システムでは MARID_HOME/lib) に配置する必要があります。

http://support.microsoft.com/kb/821761 で報告された問題によって、Windows XP/2000/2003 オペレーティング システムの JAVA_HOME 環境変数を設定した後にシステムを再起動する必要があります。

Marid 設定

アプリケーション設定

スタンドアロン opsgenie-marid パッケージをダウンロードする場合、Marid アプリケーション設定ファイルは次の場所にあります。

  • Windows の場合: <MARID_HOME>/conf/marid.conf

  • Linux の場合: /etc/opsgenie/marid/marid.conf

統合パッケージ (nagios、zabbix、zenoss など) 内で marid を使用している場合、Marid アプリケーション設定ファイルは次の場所にあります。

  • /etc/opsgenie/conf/opsgenie-integration.conf

Marid が何に使用されるかによって、異なる設定パラメーターを定義する必要があります。

JVM 設定

オペレーティング システムに応じてアプリケーション設定ファイルを変更可能なアクション、最大 / 最小メモリ、ガベージ コレクション設定などの JVM 設定を変更できます。

Linux の場合
/etc/opsgenie/profile ファイルの MARID_JVM 変数を変更する必要があります。たとえば、最大メモリを 1,024MB に設定するには、MARID_JVM を次のように変更する必要があります。

 

MARID_JVM=" -Xmx1024m $MARID_JVM"

 

Windows の場合

32 ビット Windows の場合

JVM 設定を <MARID_HOME>/marid.vmoptions ファイルで変更する必要があります。たとえば、最大メモリを 1,024MB に設定するには、-Xmx 設定を次のように変更する必要があります。

 

-Xmx1024m

 

64 ビット Windows の場合

JVM 設定を <MARID_HOME>/marid_64.vmoptions ファイルで変更する必要があります。たとえば、最大メモリを 1,024MB に設定するには、-Xmx 設定を次のように変更する必要があります。

 

-Xmx1024m

 

ログ設定

Marid ログ設定ファイルは、次の場所にあります。

  • Windows の場合: <MARID_HOME>/conf/log.properties

  • Linux の場合: /etc/opsgenie/marid/log.properties

これは、標準の Apache Log4J 設定ファイルです。ログ レベル、ログ ファイル名、アペンダ設定などを変更できます。Log4J 設定の完全なリストについては、Apache Log4J マニュアルを参照してください。

たとえば、スクリプト ロガーのログ レベルを WARN から DEBUG に変更する場合 

log4j.logger.script=WARN, script

 以下のように変更 

log4j.logger.script=DEBUG, script

 

Marid ログ ファイルが書き込まれるファイル (ドキュメントの残りの部分では LOGS_DIR として参照されます):

Linux の場合: /var/log/opsgenie/marid

Windowsの場合: MARID_HOME/logs

Marid は SSL v1.0 をサポートしていません。SSL v1.0 のサーバーで Marid を使用している場合は、SSL サーバーをアップグレードすることをお勧めします。

開始 / 停止

Linux の場合

 

/etc/init.d/marid start



/etc/init.d/marid stop

 

Windows の場合

  • 32 ビットの場合: marid.exe -start / marid.exe -stop

  • 64 ビットの場合: marid_64.exe -start / marid_64.exe -stop

  • または、32 ビットおよび 64 ビット共通: Windows サービスのコントロール パネルからサービスを開始 / 停止

ソース

ソース コードは GitHub から入手できます。

その他のヘルプ