Confluence データベースの使用を開始する

Confluence のデータベースを使用すると、チームでは構造化データを 1 か所に保存して整理できます。たとえば、データベースを次の用途に使用できます。

  • 記録と情報のための信頼できる唯一の情報源を作成する

  • プロジェクトとタスクの進捗を追跡する

  • 作業を割り当て、誰が何をいつまでに担当するかを追跡する

チームのニーズに合わせたデータベースを作成、設定、入力、表示、管理する方法について説明します。

このガイドでは、Confluence でコンテンツを構築してデータベースに接続するための基本事項を説明します。

この機能は現在 Confluence に限定されていますが、プラグインに接続したり、他のアトラシアン製品のデータにアクセスしたりすることで、その機能をフルに活用できるようになります。たとえば、Confluence インスタンスでのみ有効化され、使用できる場合でも、リンクされている Jira 課題のユーザー権限に基づく情報を活用することはできます。

データベースの各オプションの説明

すべての Confluence データベースには同じオプション セットがあります。データベース ツアーで、データベースのオプションについて簡単に説明します。

Confluence でのデータベースの検索

すべてのデータベースが Confluence スペース内にあります。

データベースは次の方法で検索できます。

  • スペース コンテンツ ツリー (旧称ページ ツリー)

  • スペース コンテンツ ビュー

  • クイックサーチ

  • 高度な検索

  • 最近のアクティビティ

    • ナビゲーションの [最近] メニュー

    • ホーム ページ

データベースの新規作成

次の 3 つの方法で Confluence にデータベースを作成できます。

  • ナビゲーションの [作成] ボタンを選択し、[データベース] を選択します。

  • スペース サイドバーで [コンテンツ] セクションの横にある [+] ボタンを選択し、[データベース] を選択してスペースにデータベースを作成します。

  • 編集時に、ツールバーから [+] を選択して [データベースの作成] を探すか、「/database」と入力します。

詳細については、データベースの作成に関する記事「データベースの作成」を参照してください。

データベース構造の編集

Confluence の各データベースには、設定したフィールド タイプによって定義される構造があります。フィールド タイプごとに異なる種類の情報を格納できます。使用可能なフィールドの詳細については、「データベース フィールド」を参照してください。

新しいフィールドを追加する手順は次のとおりです。

  1. テーブル レイアウトで、データベースの右上隅にある [+] ボタンを選択します。

  2. フィールドのタイプを検索または選択します。

  3. フィールドの名前を入力します。

 

フィールドを編集する手順は次のとおりです。

  1. テーブル レイアウトで、フィールド名の横にある 3 つのドットを選択します。

  2. [フィールドを編集] を選択します。

  3. [Field settings (フィールド設定)] ダイアログで任意の値を編集します。

  4. [Field settings (フィールド設定)] ダイアログを閉じます

 

フィールドを削除する手順は次のとおりです。

  1. テーブル レイアウトで、各列の上部にあるハンドルを選択して、1 つまたは複数のフィールド列を選択します。

  2. フローティング ツールバーのゴミ箱アイコンを選択します。

  3. 選択したフィールド列がすべて削除されます。

フィールドを削除すると、そのフィールドのデータもすべてのエントリから削除されます。

 

エントリと値を追加する

ページにリンクされたデータベースの表示中に、エントリと値を直接追加、変更できます。

データベースにエントリを追加するには、次の手順に従います。

  1. データベースの一番下にある [+ エントリを追加] を選択します。

  2. 新しいエントリの値を入力します。

    • テーブル レイアウトでは、テーブルに直接値を入力または更新できます。

    • カード レイアウトまたはボード レイアウトでは、入力ダイアログが開きます。

データベースのフィールドやエントリに制限はありませんが、大規模なデータベースは読み込みに時間がかかる上に、急速に極めて複雑化するためご注意ください。

 

エントリを削除するには、次の手順に従います。

  1. テーブル レイアウトで、各列の上部にあるハンドルを選択して、1 つまたは複数のフィールド列を選択します。

  2. フローティング ツールバーのゴミ箱アイコンを選択します。

  3. 選択したエントリ行はすべて削除されます。

他の場所のデータベースを表示する

情報をどのように提示するかがチームの成功を左右します。データベースを使用すると、データを論理的に表示して、並べ替えやフィルタリングによってチームにとって最も関連性の高い情報を表示できるようになります。スマート リンクが使用されている場所ならどこでも、データベース テーブル全体やデータ エントリを表示できます。「データベース、エントリ、または値の共有」を参照してください。

現在、Confluence テンプレートで埋め込みデータベースまたはデータベース マクロは有効化されていません。

データベース ビュー

データベース ビューで、埋め込みやリンクでのデータベースの表示方法をカスタマイズできます。ビューによって、そのデータベースのすべての用途に適用されるレイアウト、フィルター、並べ替え、表示するフィールドなどのオプションを定義できます。「データベース ビュー」を参照してください。

URL を使用してデータベースを埋め込むと、URL のコピー時に使用したビューが自動で埋め込みの既定として設定されます。

データベースを管理する

このセクションでは、データベースの移動、削除、アクセス制限、共有などの操作について説明します。

データベースを移動またはコピーする

データベースは、ページと同じように、Confluence スペース内または Confluence スペース間で移動またはコピーできます。受信リンクはすべて保持されます。親の下にある子ページ、ボード、データベースも移動またはコピーできます。

Confluence でのコンテンツの移動やコピーに関する詳細は、次のトピックをご参照ください。

コンテンツ アイテムを移動、コピー、非表示にする

データベースの [詳細] メニューで [構造をコピー] を選択して、構造のみをコピーすることもできます。これにより、フィールドは同じでもエントリや値のない、データベースの新しい空白のコピーが作成されます。

データベースを削除、アーカイブ、または復元する

データベースを削除すると、そのデータベースはスペースのゴミ箱に移動します。完全に削除されない限り、復元できます。

Confluence でのコンテンツの削除と復元に関する詳細は、次のトピックをご参照ください。

コンテンツ アイテムを削除、復元、削除する

アーカイブすると、データベースが完全に削除されることなく、アクティブなワークスペースから削除されます。

Confluence でのコンテンツのアーカイブに関する詳細は、次のトピックをご参照ください。

コンテンツ アイテムをアーカイブする

データベースの制限

その他の Confluence コンテンツと同様に、データベースへのアクセスと編集を制限できます。データベースの権限はスペース レベルで管理されます。

Confluence でのコンテンツ制限の詳細については、次のトピックをご参照ください。

コンテンツ制限を追加または削除する

データベースを共有する

データベースは、ページやブログなどその他の Confluence コンテンツと同じように共有できます。

Confluence でのコンテンツ共有に関する詳細は、次のトピックをご参照ください。

ページ、ホワイトボード、またはブログ投稿を共有する

 

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。