Confluence Server のインスタンスを Cloud に移行する場合、次を利用できるようになりました。 Confluence Cloud Migration Assistant.


このページでは、バックアップ マネージャを利用して Confluence Cloud インスタンスのすべてのコンテンツのコピーを取得する方法について説明します。

サイト全体ではなく個々のページまたはスペースをエクスポートしたい場合、「Word、PDF、HTML、XMLにコンテンツをエクスポートする」を参照してください。

バックアップ マネージャでデータをエクスポートした後は、以降で説明するように他の Confluence Cloud インスタンスにデータをインポートすることができます。

また、バックアップ ファイルを保存し、予備のオフライン バックアップにすることもできます。

Cloud サービスでは、アプリケーション データのロールバックではなくアプリケーションのリカバリのために、24 時間ごとにインスタンスのバックアップを取得しています。詳細については「データについて」を参照してください。

Confluence インスタンスのバックアップ (エクスポート)

一度に 1 つのバックアップ ファイルのみを保存できます。既存のバックアップは新しいものに上書きされます。

当社は、アプリケーションのリカバリを目的として、お客様のデータのバックアップを定期的に作成しています。ただし、これらのバックアップを使用しても変更をロールバックできません。データのバックアップ方法の詳細については、こちらをご参照ください

Confluence インスタンスの全データをバックアップする方法

  1. 次のいずれかを行います。
    • サイトに複数の Cloud アプリケーションがある場合、右上の歯車アイコン を選択し、[Confluence の管理] を選択します。左側のナビゲーションパネルにある [バックアップ マネージャー] を選択します。
    • サイトで Confluence のみを使用している場合、

      (設定)

      (Confluence ナビゲーション
      ) を選択して、[バックアップ マネージャー] を選択します。
  2. 添付ファイルを含めたい場合、[添付ファイルのバックアップ] を選択します。
  3. [バックアップの作成] を選択します。

バックアップが完了すると、バックアップ ファイルへのリンクが表示されます。リンクをクリックするとバックアップ ファイルをダウンロードできます。


バックアップされるデータ

バックアップには次のデータが含まれます。

  • ページ
  • ユーザーとユーザーのグループ設定
  • 添付ファイル (選択した場合)

Confluence Server にバックアップ データをインポートする

バックアップ データは Confluence Server 6.0 以降にインポート可能です。これはサイトのすべてのデータを上書きします。「Confluence Cloud から Server への移行」(Confluence ドキュメント) をご覧ください。

iConfluence Server でこのバックアップをインポートする場合、サイト管理者がエクスポートを実行する必要があります。サイト管理者は サイト内のすべてのメール アドレスを 閲覧できることから、サイト管理者がインポートを実行することによって、次に関係なくエクスポートにすべてのユーザーデータを含めることができます。 プロファイルの公開設定.


Confluence Cloud にバックアップ データをインポートする

他の Confluence Cloud インスタンスにバックアップ データをインポートできますが、これはそのサイトのすべてのコンテンツを上書きします。「 Confluence サイトをインポートする」の手順をご覧ください。

注意

元のサイトで Confluence 以外のアプリケーションも利用している場合、そのサイトのアプリケーション間のリンク、例えば元のファイル ページへのリンクや Jira 課題へのリンクは、インポートの後に対応する場所を示すよう設定されます。