システム プロパティを設定する

Team Calendars は、Java システム プロパティによって有効化できるいくつかの構成とデバッグ設定をサポートしています。通常、システム プロパティは、-D フラグを Confluence が稼働している Java 仮想マシンに渡すことによって設定されます。完全な手順をご参照ください。これらは主に、トラブルシューティングやパフォーマンスで問題が生じた際に役立ちます。Team Calendars で問題が生じた際には、お気軽にサポート リクエストを起票してください。

プロパティ

既定値

効果

com.atlassian.confluence.extra.calendar3.notification.enabled

true

 

com.atlassian.confluence.extra.calendar3.concurrent.task.max

20

Team Calendars が使用するワーカー スレッドの最大数。

com.atlassian.confluence.extra.calendar3.greenhopper.sprint.enabled

true

GreenHopper 連携が無効に設定されている場合。

com.atlassian.confluence.extra.calendar3.jira.timeout.socket

10000

Jira への接続のタイムアウト (ミリ秒単位)。Jira カレンダーでエクスペリエンスがタイムアウトした場合、この値を増やすと役に立つことがあります。

com.atlassian.confluence.extra.calendar3.jira.issues.max

1,000

Jira カレンダーに読み込まれるイベントの最大数。この値を増やすと、パフォーマンスの問題が発生することがあります。

com.atlassian.confluence.extra.calendar3.display.events.dashboard.maxperday

10

Confluence ダッシュボードで今後のイベント ビューに表示されるイベントの1 日当たりの最大数。

com.atlassian.confluence.extra.calendar3.display.events.calendar.maxpercalendar

200

1 つのカレンダーに表示できるイベントの最大数。

com.atlassian.confluence.extra.calendar3.display.events.calendar.maxperdaysummary

3

サマリー メールに表示するイベントの1 日当たりの最大数。

com.atlassian.confluence.extra.calendar3.display.events.calendar.maxdailysummary

4

日次サマリー メールに表示するイベントの合計の最大数。

com.atlassian.confluence.extra.calendar3.display.events.calendar.maxweeklysummary

8

週次サマリー メールに表示するイベントの合計の最大数。

com.atlassian.confluence.extra.calendar3.display.timeline.calendar.maxmonth

6

タイムライン ビューに表示する月の最大数。

その他のヘルプ