抜粋インクルード マクロを挿入する

抜粋のインクルードマクロは、とあるページから他のページへコンテンツを「抜粋」(一部分)して表示する際に使用します。

このマクロを使用する前に、抜粋マクロで、抜粋が定義されている必要があります。抜粋インクルードマクロは 1 ページで複数使用することが可能です(抜粋マクロは 1 ページにつき 1 つのみ)。

下記では、抜粋マクロページで定義された抜粋からのコンテンツを含む、抜粋インクルードマクロの例です。下記の抜粋インクルードマクロでは、ページタイトルとコンテンツ周囲のパネルの両方を表示するオプションを設定しています。

ページの一部を「抜粋」として定義し、他のページで表示されるようにします。

抜粋インクルードマクロを使用する

ページに抜粋インクルードマクロを追加するには

  1. 編集時には、ツールバーから を選択します。

  2. マクロを名前で検索して選択します。

  3. 必要に応じて設定します。

このページに「/」と入力して、ツールバーから を選択することで、同じリストを表示することもできます。続けてマクロの名前を入力して、リストをフィルタリングします。

オートコンプリートでマクロを素早く入力する方法

  • 新しいエディター - 「/」と要素 (ツールや挿入メニューのアイテム) の先頭の文字を入力すると、提案のリストが表示されます。

  • 従来のエディタ - 「{」とマクロ名の先頭を入力すると、マクロ候補の一覧が表示されます。

詳細については、「キーボード ショートカット、マークダウン、およびオートコンプリート」をご参照ください。

既存のマクロを編集する方法

  1. マクロのプレースホルダーを選択します。

  2. [編集] アイコン を選択して、設定パネルを開きます。

  3. パラメーターを設定します。変更内容は、移動するごとに保存されます。

  4. ページの編集を再開すると、パネルが閉じます。

中央揃え アイコン、幅 アイコン、全幅 アイコンを選択して一部のマクロの幅を調整することもできます。マクロを削除するには、ごみ箱 アイコンを選択します。

パラメーター

パラメーターとは、設定してマクロの内容をページに表示する方法を制御できるオプションです。 

Confluence Cloud ストレージ形式または wikimarkup で使用されるパラメーター名が、ブラウザやスラッシュ コマンドを使用してマクロを挿入する際に使用されるラベルと異なる場合は、下記の角括弧内に記載します (example)。

パラメーター

既定

説明

抜粋を含むページ
(default-parameter

なし

表示する抜粋を含むページ名を入力します。抜粋は、同じスペースまたは同じ Wiki の別のスペースにあるページから行います。

抜粋インクルードマクロ ダイアログにページ名を入力すると、他のスペースのページも含め、Confluence がマッチするページをリスト表示します。

あるいは、以下のようにスペースキーとページ名をコロン (:) でつなげて入力することも可能です。

1 2 3 4 SPACEKEY:Page name

このパラメーターは Wiki マークアップで名前が付けられていません。

周囲のパネルを削除
(nopanel) 

false

Confluence で抜粋コンテンツの周囲にパネルを表示するか否か決定します。パネルは抜粋を含むページタイトルとパネルのボーダーを表示します。既定値では、パネルとタイトルが表示されます。

Wiki マークアップの例

Wiki マークアップは従来のエディタでのみサポートされます。

Wiki マークアップはエディタ外部でマクロを追加する必要がある場合 (スペースのサイドバー、ヘッダー、またはフッターのカスタム コンテンツなど) に便利です。

マクロ名: excerpt-include

マクロ本文: なし。

1 2 3 4 {excerpt-include:My page name|nopanel=true}

その他のヘルプ