抜粋マクロを挿入する

抜粋マクロは、ページの一部を再利用できるようしるしをつけるために使用します。抜粋を定義すると、しるしをつけたコンテンツを抜粋マクロブログ投稿マクロなど、他のマクロで表示することが可能になります。

ページごとに複数の抜粋を追加して、割り当てた名前で区別できます。これによって、コンテンツのブロックを多く持つページを作成して他のページで再利用できます。抜粋に追加したコンテンツは単一のソースになって、その 1 箇所で変更を加えられます。また、抜粋インクルード マクロによってそのコンテンツを表示しているすべてのページでは、抜粋マクロで行った変更が反映されます。

抜粋マクロを使用する

抜粋マクロを追加するには:

  1. Confluence エディタで > [詳細を表示] の順に選択します。

  2. 抜粋マクロを見つけて選択します。マクロ プレースホルダーが追加されて、右側のパネルが開きます。

  3. Enter a name for the macro so that you can reference it on another page using the Excerpt Include macro.
    If you don't give the macro a name, you will only be able to include the content from the first Excerpt macro on this page.

  4. このページの公開時にマクロ内のコンテンツを非表示にするには [抜粋コンテンツを非表示にする] チェックボックスをチェックします。

  5. ページの抜粋マクロ プレースホルダー内にコンテンツを追加します。ほとんどの書式設定オプションを使用できるほか、ツールバーのエレメントをマクロに挿入できます。

さらに、このページに「/」と入力すると、ツールバーから選択したときと同じリストが表示されます。

抜粋マクロを編集するには:

  1. マクロのプレースホルダーを選択します。フローティング ツールバーが表示されます。

  2. 編集を選択します。右側のパネルが開きます。

  3. パラメータを修正します。変更内容は、移動するごとに保存されます。

  4. ページの編集を再開すると、パネルが閉じます。

パラメーター

パラメーターは、マクロ出力のコンテンツや形式を制御するために設定できるオプションです。Confluence の保存形式または wiki マークアップで使用されるパラメーター名がブラウザーで使用されるラベルと異なっている場合は、以下のリストに括弧付きで表示されます ()。

パラメーター

既定

説明

抜粋名

null

抜粋インクルード マクロを使用して、1 つのページに複数の抜粋マクロを追加して別のページで特定の抜粋マクロを使用できるように、このマクロを識別できるようにします。

抜粋コンテンツを非表示にする
(非表示

false

抜粋マクロプレースホルダーに含まれるページコンテンツをページに表示するか否か管理します。

このオプションは抜粋マクロを含むページにのみ影響します。コンテンツを再利用したページには影響しません。

Wiki マークアップの例

Wiki マークアップは従来のエディタでのみサポートされます。

Wiki マークアップはエディタ外部でマクロを追加する必要がある場合 (スペースのサイドバー、ヘッダー、またはフッターのカスタム コンテンツなど) に便利です。

マクロ名:  抜粋

マクロ本文: リッチ テキストの利用可

1 2 3 {excerpt:hidden=true|atlassian-macro-output-type=BLOCK} This is the *text* I want to reuse in other pages. This text is inside an Excerpt macro. {excerpt}

以下の付加パラメータは保存形式および Wiki マークアップで使用可能です。エディターのオプションパネルと同様に機能します。 

パラメーター名

必須

既定

パラメーターの説明と指定可能な値

atlassian-macro-output-type

いいえ

BLOCK

抜粋マクロ本体に含まれるコンテンツを新たに行を追加して表示するか、インラインで表示するか決定します。

利用可能な値:

  • BLOCK – 新しい行でマクロのコンテンツを表示します

  • INLINE – マクロのコンテンツを前後のテキストと同一パラグラフの一部として表示します。

This option affects only the page that contains the Excerpt macro. It does not affect any pages where the content is reused.

その他のヘルプ