Google ドライブ マクロを挿入する

このマクロはレガシー エディターでのみ利用可能です。エディターのバージョンに関する詳細についてご確認ください

Google Drive マクロの例

Google ドライブから Google ドキュメント、スプレッドシート、およびスライドのファイルを Confluence ページに直接埋め込みます。

Google Drive マクロは、Google Drive for Confluence アプリによって提供されます。

これらのマクロを使用するには、管理者がこのアプリをインストールする必要があります。

これらのファイルのいずれかを Google ドライブからページに追加するには、リンクをエディターに貼り付けます。自動変換によって以降の処理が行われます。または、Google ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライドのマクロをページに追加し、マクロを編集して URL を追加できます。

ファイルが非公開の場合、Confluence はユーザーがファイルに最初にアクセスする際に、Google の資格情報での認証を促します。

このアプリは、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド ファイルの埋め込みのみをサポートしています。Google ドライブにある他の種類のファイルを埋め込むことはできません。

Google ドライブ マクロの使用

Google ドライブ マクロをページに追加する方法

  1. 編集時には、ツールバーから を選択します。

  2. 挿入するアイテムを探して選択します

  3. [挿入] を選択します。

このページに「/」と入力して、ツールバーからを選択し、同じリストを表示することも可能です。

オートコンプリートでマクロを素早く入力する方法

  • 新しいエディター - 「/」と要素 (ツールや挿入メニューのアイテム) の先頭の文字を入力すると、提案のリストが表示されます。

  • 従来のエディタ - 「{」とマクロ名の先頭を入力すると、マクロ候補の一覧が表示されます。

詳細については、「キーボード ショートカット、マークダウン、およびオートコンプリート」をご参照ください。

既存のマクロを編集する方法

  1. マクロのプレースホルダーを選択します。フローティング ツールバーが表示されます。

  2. 編集を選択します。右側のパネルが開きます。

  3. パラメータを修正します。変更内容は、移動するごとに保存されます。

  4. ページの編集を再開すると、パネルが閉じます。

パラメーター

パラメータは、マクロ出力の内容や形式を制御するために設定するオプションです。 

Confluence Cloud ストレージ形式または wikimarkup で使用されるパラメーター名が、ブラウザやスラッシュ コマンドを使用してマクロを挿入する際に使用されるラベルと異なる場合は、下記の角括弧内に記載します ()。

パラメーター

既定

説明

Google ドライブの URL

なし

これは、Google ドライブのファイルの URL です。この URL は、ブラウザのアドレス バーから取得するか、Google ドライブの [リンクを取得] オプションを使用して取得できます。

高さ

 

埋め込まれたドキュメントの高さ。Confluence はファイル タイプ (ドキュメント、シート、またはスライド) に応じ、Google が推奨するサイズを既定で使用します。

[新しいタブで表示] へのリンクを含める

はい

このオプションを使用して、[新しいタブで表示] ボタンを追加します。これにより、ページ上のファイルの表示から Google ドライブでの編集にすばやくジャンプできます。

埋め込まれた Google ドライブ ファイルの幅を調整する方法 

埋め込まれたファイルを選択して、表示されるフローティング ツールバーで幅を選択します。

編集中にマクロを選択すると表示されるフローティング ツールバー

このアプリは Google Drive v3 API を使用しています。最新の API を使用する状態を保つよう最善を尽くしていますが、API が更新されたばかりの場合、予期しない動作が発生する可能性があります。

アプリのインストール

このアプリをインストールするには、管理者である必要があります。 

Google Drive for Confluence アプリをインストールには、次の手順を実行します。

  1. Confluence のサイドバーの [設定] をクリックして、サイト設定に移動します。 

  2. Confluence のサイドバーの Atlassian Marketplace セクションで [新しいアプリを検索] をクリックします。

  3. Google Drive for Confluence」を検索します。

  4. プロンプトに従ってアプリをインストールします。 

データ セキュリティとプライバシー

サービスの提供のため、Google Drive for Confluence アプリは次の構成データを保存します。

  • Confluence のホスト キー

  • Atlassian アカウントの ID

  • Google Drive API の更新トークン

  • Google Drive API のアクセス トークン

Google ドキュメントのコンテンツが Google Drive for Confluence アプリによって保存されることはありません

Google Drive for Confluence アプリの本番インスタンスのデータは、Amazon のクラウド サービスの Postgres データベースに保存され、ユーザー名 / パスワードの資格情報で保護されています。Google Drive API、Google Drive for Confluence アプリ、Confluence インスタンス、および Google Drive for Confluence アプリで使用されるインフラストラクチャ (現在は Micros および Amazon) 以外のサービスにデータが送信されることはありません。

Google Drive API、Google Drive for Confluence アプリ、および Confluence 間のすべての通信は、盗聴を防ぐために HTTPS を使用しています。

アクセス権の取り消し

ユーザーは、Google アプリのアカウント設定で Google Drive for Confluence アプリへのアクセスを取り消すことができます。 

その他のヘルプ