匿名アクセスでスペースを外部と共有する

匿名ユーザーにスペースへのアクセス権を付与することによって、スペース内のコンテンツを外部と共有できます。共有先は組織の内外を問わず、そのコンテンツを必要とする人なら誰でも構いません。

インターネット上の誰もが検索してアクセスできるようになります。

匿名ユーザーがコンテンツを利用できるようにすると、インターネット上の誰もがアクセスできるようになります。匿名アクセス機能は、一部の匿名ユーザーのみとの共有には対応していません。つまり、全員と共有するか、誰とも共有しないかのいずれかです。

匿名ユーザーがサイトにアクセスできる (グローバル権限で管理されている) 場合、コンテンツは検索エンジンのインデックスに登録されます。つまり、Google 検索でコンテンツが表示されるようになります。

匿名ユーザーとは何か、匿名ユーザーがサイトにアクセスすると何が起こるか、サイトで匿名アクセスを有効にする方法など、匿名アクセスの詳細については「匿名アクセスでサイトを外部と共有する」をご参照ください。

匿名アクセスが役立つ場合

匿名アクセスを使用して外部と共有することは、多くのコンテンツを不特定の人々 (つまりインターネット上の誰でも) と共有する際に最適です。

このようなコンテンツの例としては、次のようなものがあります。

  • 公開されているロードマップ

  • オープンなナレッジ ベース

  • サポート ドキュメント

匿名ユーザーがアクセスできるコンテンツを決める

コンテンツへの匿名アクセスは、さまざまなレベルで制御できます。

  • サイト: サイト レベル (グローバル権限) で、Confluence 管理者またはサイト管理者が匿名ユーザーにサイトへのアクセス権を付与するかどうかを決定します。

  • [スペース] – サイト レベルで匿名アクセスが許可されている場合は、匿名ユーザーにスペースへのアクセス権を付与するかどうかをスペース管理者が決定します。スペースへのアクセス権が付与されている場合は、ページ自体に制限がない限り、匿名ユーザーはスペースにあるすべてのページにアクセスできます。

  • [ページ] – ページのアクセス設定が [一部のユーザーのみ閲覧または編集可能] の場合は、匿名ユーザーによるページ閲覧が制限されます。また、親ページの 1 つが特定のユーザーしかアクセスできないように設定されている場合は、その親ページがネストするすべてのページに閲覧制限が継承されます。

匿名ユーザーにスペースへのアクセス権を付与する

スペースには匿名ユーザーに対する独自の制御レベルがあり、サイト レベルで許可されているアクセスとは無関係にアクセスを制御できます。手動で制限されない限りすべてにアクセスできるログイン ユーザーとは異なり、匿名ユーザーには最初からアクセス権がないため手動でアクセス権を付与する必要があります。

スペース権限はいつでも匿名ユーザーに付与できますが、匿名ユーザーがスペースに正常にアクセスするには、匿名アクセスをサイト レベルで有効にする必要があります。

スペース権限ページの [匿名アクセス] セクションのスクリーンショット

匿名ユーザーにスペースのアクセス権を付与するには、次の手順に従います。

  1. 公開するスペースに移動します。

  2. [スペース設定] を選択します。

  3. [スペース権限] カードで [一般] を選択します。

  4. いずれかの [権限を編集] ボタンを選択します。

  5. ページの下部にある [匿名アクセス] セクションまでスクロールして、匿名ユーザーに付与するすべての権限のボックスにチェックを入れます (すべての匿名ユーザーだけに対してスペースを表示する場合は [表示] にあるボックスだけにチェックを入れます)。

  6. [すべて保存] を選択して、変更内容を適用します。

スペース管理者は匿名ユーザーに通常のユーザーとまったく同じ権限を付与できますが、匿名ユーザーはスペースの管理者にできません。付与できるすべてのスペース権限リストについては「スペース権限の割り当て」をご確認ください。

匿名ユーザーにスペース権限が付与されている場合、そのユーザーはスペース内のすべてのコンテンツにアクセスできます。ページを制限するには、そのページの制限を変更するページ ツリーから非表示にします

非公開のサイトで匿名アクセスを使用する

サイト管理者がグローバル権限で匿名ユーザーに対してサイトへのアクセス権を付与した場合、サイトは「公開」となります。ただし、サイトが公開されていない場合でも、匿名アクセスには便利な機能があります。

匿名アクセスをショートカットとして使用して、一括権限を付与する

組織内の全員がスペースにアクセスできるようにするのは、スペース管理者にとっても悩ましい作業です。こうした権限の管理は、個々のユーザーとユーザーのグループに対する権限の付与や取り消しによって行われます。そのため、作業の容易さは、組織がグループをどのように構成したかによって異なります。ユーザー全員が所属するグループが存在しない場合や、ユーザー全員を網羅にするにはどのグループを組み合わせるべきなのかが明確ではない場合もあるでしょう。

そこで、グループ単位の管理を避けるための手段として、匿名アクセスを使用できます。

これを成功させるには、匿名ユーザーがサイトへのアクセス権を持っていないことが条件となります (これはサイト管理者がグローバル権限で管理します)。

たとえば、組織内のライセンスが付与されたすべての Confluence ユーザーがスペースを閲覧する必要があるものの、編集するのはチームだけにする場合を考えてみましょう。閲覧するためのアクセス権を必要とするグループをすべて追加する代わりに、匿名ユーザーにスペースの閲覧権限のみを付与して、チームには追加権限を (個別または存在する場合はグループとして) 付与できます。

本当の意味での匿名ユーザー (インターネット上の全員) はサイトへのアクセスがブロックされるため、ここでの匿名ユーザーの定義は「ライセンスされたアクセス権を持つすべてのユーザー」に変更されます。つまり、サイト レベルの匿名アクセス設定が無効になっている限り、Confluence サイトへのライセンスされたアクセス権を持つすべてのユーザーがスペース内のコンテンツを閲覧できることを意味します。

これは、場合によってはリスクのあるアプローチともなり得ます。ある時点でサイト管理者が本当の意味での匿名ユーザーに対して Confluence サイトへのアクセス権を付与すると、コンテンツがインターネット上の全員に対して公開される可能性があります。そして、これは警告なしに起こる場合があります。

個々のページへの匿名ユーザーのアクセスを制限する

スペースへのアクセス権が付与されると、匿名ユーザーはスペース内のすべてのコンテンツにアクセスできるようになります。匿名ユーザーのページに対するアクセスを制限するには、そのページの制限を変更するかページ ツリーでそのページを非表示にします

匿名ユーザーのページに対するアクセスを制限するには、次の手順に従います。

  1. ページ上のロック アイコンを選択して [制限] ダイアログを開きます。

  2. ドロップダウンで [一部のユーザーのみ閲覧または編集可能] を選択します (まだ選択されていない場合)。これによって、自分以外のすべてのユーザーのアクセス権が削除されます。

  3. このページへのアクセス権を必要とするライセンス済みのユーザーとグループを追加します。

  4. [適用] を選択して、変更を保存します。 これで、ダイアログにリストされているユーザーとグループだけがこのページにアクセスできるようになりました。

その他のヘルプ