Confluence Cloud から Data Center への移行

Confluence Server のサポートは、2024 年 2 月 15 日に終了しました。Confluence Data Center は、当社で唯一のオンプレミス製品であり、Confluence Cloud 以外で提供している主な製品です。

このページは、現在 Confluence Cloud を利用しており、Confluence Data Center(オンプレミスの Confluence インスタンス)への移行を検討中の方を対象としています。

Confluence Server から切り替える必要がありますか?

ご利用の移行タイプに応じて次のリソースをご利用いただけます。

はじめる前に

このプロセスを開始する前に、いくつかの点を理解しておく必要があります。

最小の Confluence バージョン

Confluence Cloud からは Confluence Data Center 6.0 以降に移行できます。以前のバージョンの Confluence Data Center へのクラウド・データのインポート(インスタンス全体または個々のスペース)はサポートされていません。

Confluence の最新バージョン、または最新の Enterprise リリースをインストールすることをお勧めします。Confluence アップグレード・マトリックスは、組織に最適なバージョンを選択するのに役立ちます。  

利用可能な機能およびアプリについて

一部の Cloud 機能は Confluence Data Center では利用できません。また、ナビゲーションとユーザー エクスペリエンスが異なる場所に配置されています。ただし、Confluence の中核となる機能は同様にご利用できます。 

Marketplace アプリは自動的には移行されません。Confluence Data Center インスタンスをセットアップするときに、各アプリを再インストールする必要があります。 

すべてのアプリを Cloud と Data Center の両方で利用できるわけではありません。移行を計画する際には、Atlassian Marketplace で、重要なアプリが Data Center 用に提供されていることを確認して、再インストールする必要があるアプリのリストを作成することをお勧めします。 

テンプレート

テンプレートから作成されたすべてのページが移行されます。 

ただし、Confluence Cloud サイトで作成したカスタム テンプレートは移行されません。移行が完了したら、テンプレートを再作成する必要があります。 

また、Confluence Data Center ではビルトイン・テンプレート(ブループリントとも呼ばれます)の数が限られているため、以前使用していた既定のテンプレートの一部が使用できない場合があることに注意してください。 

Team Calendars と Questions のデータについて

現在、Confluence Cloud から Confluence Questions および Team Calendars のデータをエクスポートする方法がないため、これらを移行することはできません。 

移行のアプローチ

インスタンス全体を一度に移行することも、チームのコンテンツをスペースごとにインポートすることもできます。 

サイト全体の移行では、サイト全体をエクスポート(バックアップ)し、このファイルを Confluence Data Center にインポートします。このエクスポートにはユーザーとグループが含まれます。アーカイブされたスペースと個人用スペースを含む、すべてのスペースが移行されます。 

スペース単位の移行では、各スペースを個別にエクスポートし、これらのファイルを Confluence Data Center に 1 つずつインポートします。そのため、移行するスペースを選択することも、時間をかけて段階的に移行することもできます。ユーザーとグループは自動では移行されません。Confluence Data Center を外部ユーザー・ディレクトリに接続しているか、ユーザー・アカウントがある新しいサイトが用意されている場合は、コンテンツを適切なユーザーに帰属させる処理がインポート時に行われます。 

インフラストラクチャとデータベースの選択

Confluence Data Center をどこにホストするかはユーザー次第です。「サポート対象プラットフォーム」で、サポートされているオペレーティング・システムとデータベースをご確認ください。 

サポート対象プラットフォーム」ページのリストに記載されている任意のデータベースを使用できますが、既存のデータベース サーバーがない場合は Confluence Cloud が実行されている PostgreSQL をお勧めします。 

ライセンス

Confluence Data Center に移行するには新しいライセンスが必要になります。現在の Confluence Cloud ライセンスを使用することはできません。新しいライセンスは http://my.atlassian.com から入手できます。有料の Marketplace アプリにも新しいライセンスが必要です。 

アカウントの可視性

Confluence Cloud では、各ユーザーは自分のプロファイル情報を公開するかどうか選択することができます。この設定により、Cloud インスタンスが Data Center に移行された時、ユーザーの姓名等のアカウント情報が含まれないことがあります。

サイトエクスポートをする際、サイト管理者としてログインしていれば、メールアドレスは常にサイトエクスポートに含まれ、ユーザー作成時にユーザー名として利用されます。ユーザーはメールアドレスでログインでき、移行されなかった情報を更新することが可能です。 

移行の手順

このページでは、サイト全体の移行について説明します。

スペースを 1 つずつ移行する場合は「Confluence Cloud からスペースをインポートする」をご参照ください。 

ステップ 1: アプリを確認する

アプリに互換性があるかどうかを確認するには、次の手順を実行します。

  1. まだアクセスしていない場合は、Confluence Cloud インスタンスにアクセスします。

  2. 右上隅の歯車アイコン () を選択して Confluence 管理を開きます。

  3. 左側のナビゲーションで [設定] > [Atlassian Marketplace] を検索します。

  4. [アプリを管理] を選択します。 

  5. すべてのユーザー インストール アプリを記録しておきます。 

  6. https://marketplace.atlassian.com に移動して各アプリを確認し、Data Center エディションを利用できるかどうかを確認します。 

ステップ 2: Confluence Data Center をインストールする

この手順はアプリのホスト方法によって異なります。 

すべてのインストール オプションへのリンクについては、「Confluence インストール ガイド」をご参照ください。  

ステップ 3: Confluence Cloud インスタンスをエクスポートする

Confluence Cloud インスタンスをエクスポートする方法。

  1. サイト管理者として Confluence Cloud サイトにログインします。

  2. 右上隅の歯車アイコン () を選択して Confluence 管理を開きます。

  3. 左側のナビゲーションで [設定] > [バックアップ・マネージャー] を検索します。

  4. プロンプトに従って、XML ファイルをダウンロードします。 

ファイルには、すべてのスペースとページ (添付ファイルを含む)、すべてのユーザーとグループが含まれます。 

ステップ 4: Confluence Cloud インスタンスのエクスポート・ファイルをインポートする

サイトのエクスポート・ファイルが非常に小さい場合(25 MB 未満)を除き、ホーム ディレクトリ方式でインポートすることをお勧めします。  

インポートは、サイト内のすべてのスペース、ページ、およびユーザー アカウント (管理者アカウントを含む) を上書します。管理者アカウントは次のステップで復元します。

ロールバックが必要な場合に備えて、開始前に、データベース、ホーム ディレクトリ、およびインストール ディレクトリをバックアップしておく必要があります。

ホーム ディレクトリからインポートする方法。 

  1. エクスポート ファイルを <confluence-home>/restore. にコピーします。
    (このディレクトリが置かれている場所がわからない場合は、バックアップと復元 画面にパスが一覧表示されています)

  2. > [一般設定] > [バックアップと復元] の順に移動します。 

  3. [ホーム ディレクトリからインポート] で、サイト エクスポート ファイルを選択します。

  4. インデックスが自動的に作成されるよう、[インデックスを作成] が選択されていることを確認します。

  5. インポートを選択します。

インポート プロセスの詳細については「サイトの復元」をご参照ください。 

ステップ 5: システム管理者権限を復元する

エクスポート・ファイルをインポートすると、Confluence のインストール時に作成されたシステム管理者アカウントを含む、すべてのユーザー・アカウントが上書きされます。既存のクラウド・サイト管理者アカウントに、Confluence Data Center のシステム管理者権限が自動的に付与されることはありません。 

システム管理権限を復元するには、次の手順を実行します。

  1. Confluence を停止します。

  2. <installation-directory>/bin/setenv.sh または setenv.bat を編集して、次のシステム プロパティを追加します。<your-password> を独自の一時的なパスワードで置き換えます。 

    1 2 -Datlassian.recovery.password=<your-password>


    システム プロパティの使用に関する詳細については「システム プロパティを構成する」をご参照ください。

  3. Confluence を開始 (手動) します。Confluence をサービスとして起動しないでください。

  4. ユーザー名 recovery_admin と、システム プロパティで指定した一時パスワードを使用して Confluence にログインします。 

  5. > [ユーザー管理] > [ユーザーを追加] の順に移動します。

  6. 新しいシステム管理アカウントの詳細情報を入力して [保存] をクリックします。強力なパスワードを使用するようにします。 

  7. [グループの編集] を選択し、confluence-administrators グループを選択します。これはシステム管理権限を持つスーパー グループです。 

  8. ログアウトし、新しいアカウントで正常にログインできることを確認します。

  9. Confluence を停止します。 

  10. <installation-directory>/bin/setenv.sh または setenv.bat を編集し、システム プロパティを削除します。 

  11. 通常の方法 (手動またはサービスとして起動) で Confluence を再起動します。 

このプロセスの詳細については「パスワードを復元して管理ユーザー権限を回復する」をご参照ください。 

ステップ 6: 任意のアプリをインストールする

アプリを再インストールするには、次の手順を実行します。

  1. 管理者として Confluence Data Center にログインします。

  2. > [アプリの管理] に進みます。

  3. プロンプトに従って、ステップ 1 で特定したアプリを検索またはアップロードします。これらのアプリについては、新しいライセンスを購入する必要があります。 

Team Calendars と Questions のデータはエクスポートに含まれず、現時点で Cloud から移行することはできない点にご注意ください。 

Jira などの複数の Cloud 製品を使用している場合は、アプリケーション リンクの変更が必要になる場合があります。 

アプリケーション リンクを削除または更新するには、次の手順に従います。

  1. > [一般設定] > [アプリケーション リンク] に移動します。

  2. プロンプトに従って、誤った場所を指しているアプリケーション リンクを確認して更新します。 

インポート後に Jira Cloud のアプリケーション リンクを Confluence インスタンスから削除できない場合、Confluence データベースから参照情報を直接削除する必要があります。「Confluence でアプリケーション リンクを削除する代替方法」を参照してください。

トラブルシューティング

Cloud インスタンスのインポート時に発生する可能性のあるいくつかの既知の問題があります。 

  • Confluence Data Center でページが読み込めない

インポート後にページの読み込みで問題が発生した場合は、ポートが変更されている可能性があるため、[一般設定] に移動してベース URL をご確認ください。 

  • Jira 課題マクロが壊れている

ご利用の Confluence Cloud インスタンスに Jira Cloud インスタンスへのアプリケーション リンクに依存するマクロが含まれていて、Jira も移行する予定がある場合は、これらの参照を更新して正しく動作させる必要があります。APL-1144 で回避策をご確認ください。 

Confluence Data Center にインポートする前に、XML ファイルの編集や Confluence データベースにおけるこれらの参照の一括編集も実行できます。「別の Jira インスタンスを示すように Jira 課題マクロを一括更新する方法」をご参照ください。

  • ユーザーのお気に入り (スター付きページ、後で読むために保存したページ) が見つからない

ユーザーのお気に入りの一部 (後で読むために保存したページ) が CONF-36348 によって失われた場合は、詳細について「XML からのインポート後に欠落したお気に入りを復元する方法」をご参照ください。

  • 一部のユーザー アカウントが欠落しているか、ユーザーの詳細情報なしで作成されている

Confluence Cloud のユーザーは、プロファイルの公開範囲を変更できます。すべてのユーザー データがエクスポートに含まれるようにするためには、サイト管理者にエクスポート実施を依頼してください。

その他のヘルプ