ページをクラウド エディターに変換する

Confluence Cloud でコンテンツを作成するためのより効率的かつ現代的な方法を必要とはしていないでしょうか。リアルタイムのコラボレーション機能、直感的なインターフェイス、合理化されたワークフロー、アトラシアン プラットフォーム機能のメリットなど、多くの利点がある堅牢な編集環境を使いたいとお考えではないでしょうか。このガイドでは、コンテンツを従来のエディターからクラウド エディターに変換する手順と、より迅速かつ効率的にコンテンツを作成および共有するうえでクラウド エディターがどのように役立つかについて説明します。

クラウド エディターを使用するメリット

クラウド エディターの次のような強力な機能で、コンテンツ作成エクスペリエンスを向上させることができます。

  • コラボレーションの強化: チームとのシームレスな連携とメンバーの編集内容の確認をリアルタイムで行うことができます。 メンションやリアクションを含む改善されたコメント機能でアイデアについて話し合い、合理化されたワークフローでタスクを効率的に管理しましょう。

  • 合理化されたワークフロー: コンテンツの作成とナビゲーションが簡素化される、使い勝手の良いインターフェイスが用意されています。 テーブル、見出し、コード ブロックなどのさまざまなオプションを使用してコンテンツを簡単にフォーマットし、読み込み時間を短縮して、よりレスポンシブな編集エクスペリエンスを実現しましょう。

  • 将来を見据えたコンテンツ: クラウド エディターの継続的な更新と定期的な改善により、アトラシアン製品全体の将来の機能強化にもコンテンツが引き続き対応できるようになります。 クラウド エディターはすべての Atlassian アプリで統一された編集環境であるため、Atlassian Intelligence やスマート リンクなどのプラットフォーム機能にアクセスできます。 この一貫性により、エディターの使い方を一度習得すれば、アトラシアン ワークフロー全体でその機能をシームレスに活用できます。

クラウド エディターを使用して、Confluence Cloud でコンテンツを作成および管理するための、より協調的かつ効率的で将来を見据えた方法を実現しましょう。

引き続き従来のエディターでページを作成するオプションも提供されます。しかし、従来のエディターの使用を継続するにはいくつかのデメリットがあります。

  • 重大な障害が発生した場合を除き、従来のエディタのバグは修正されません

  • 従来のエディターの改善は行われません

ページで使用しているエディターの確認

エディターのツールバーの違いを見れば、ページでどのエディターが使用されているかがわかります。

  • 新しいエディター: トップ メニューに [公開…] ボタンまたは [更新] ボタンと [閉じる] ボタン、さらに絵文字アイコンが含まれます

  • 従来のエディター:以前のバージョンのテキストカラー ピッカーとページの書式設定があります

新しいエディタ
ConfluenceCloud_NewEditor_Toolbar
従来のエディタ
画像は、レガシー エディターのツールバーと新しいエディターのツールバーを差別化する独自のツールをハイライトしています。

ページを変換する

クラウド エディターにスムーズに切り替えるためのクイック ガイドを用意しました。

レガシー エディターから新しいエディターに変換可能なページには、通知が表示されます。
  1. ページの特定: インスタンスでページ変換が有効化されると、最初に編集するページの上部にバナー通知が表示されるほか、ページの左下に通知が表示されます。

  2. ページのプレビュー: 変換を実行する前に、ページがクラウド エディターでどのように表示されるかをプレビュー オプションで確認できます。

  3. ページの変換: [ページを変換] を選択すると変換プロセスが始まります。

  4. その他のリソース: 詳細なガイダンスやトラブルシューティングのヒントについては、サポート ドキュメンテーションかナレッジ ベース記事を参照してください。

注: ほとんどのコンテンツはシームレスに変換されるため、調整は最小限で済みます。 ただし、注意と詳細なガイダンスが必要な特定の要素については、「変換の詳細について」セクションを参照してください。

スペースで自動変換を有効にする

スペース管理者は、スペース内の対象コンテンツを含むすべてのページで、従来のエディターから新しいエディターへの自動変換を有効化できます。これを行うには、次の操作を実行します。

  1. Confluence Cloud のスペースに移動します。

  2. サイドバーで [スペースの設定] を選択します。

  3. スペースを管理」カードから「ページを変換」を選択します。

  4. ページを自動で変換する」をオンに切り替えます。

 

エディターの自動変換機能の表示

自動変換が有効になっている場合、対象ページは公開されるまで新しいエディターでプレビューされ、公開時点で新しいエディターに「保存」されます。これは、ページ履歴で従来のエディターに戻すことができます。

自動変換が有効になっていない場合、新しいエディターで公開されたページのみが新しいエディターに保持されます。

ロールバック

クラウド エディターに移行したページが適切に機能せず、更新できない場合は、ページ履歴にある従来のエディターを使用するバージョンに戻すことで、変換をロール バックできます。 古いバージョンのページを復元する方法については、こちらをご確認ください。

変換の詳細について

ほとんどの要素はクラウド エディターにスムーズに変換されるため、ユーザー側では追加の調整は必要ありません。 ただし、新しい環境で最適な表示や機能を実現するには、いくつかの特定の要素に注意が必要な場合があります。

これらの要素に関するガイダンスについては、専用のナレッジベース記事「Confluence Cloud の従来のエディターの要素の変換について」を参照してください。 この記事では、クラウド エディター内で調整が必要な要素、代替のアプローチとソリューションについて詳しく説明しています。

次のステップとサポート

クラウド エディターを使用することで、Confluence Cloud でコンテンツをこれまで以上に効率的かつ協調的に作成および管理できるようになりました。

クラウド エディターは常に進化しており、定期的に更新や改善が行われています 。最新の特徴や機能を常に把握するために、次のリソースを参照することをお勧めします。

クラウド エディターの可能性を最大限に活用し、Confluence Cloud でコンテンツを作成および管理するためのより協調的で効率的な方法を実現しましょう。

 

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。