ページをアーカイブする

ページのアーカイブ機能を使用して、情報が古くなったコンテンツや関連性の薄くなったコンテンツを、通常利用するワークスペースから隔離することができます。ページをアーカイブすると、ページ ツリーから削除されるだけでなく、クイック検索からも削除されます。これには、次のようなメリットがあります。

  • 現在の作業に関連する情報をより簡単に見つけることが可能

  • 現在のコンテンツが正確かつ最新であることを保証

  • ページ ツリーを整理された状態に保つ

アーカイブできるもの、アーカイブに必要な権限、その後の処理に関する詳細については、次の情報を確認してください。

ページのアーカイブ後の挙動

ページをアーカイブすると、ページ ツリーからページが削除され、アーカイブに保存されます。アーカイブされたコンテンツは、クイック検索や分析から除外されるため、余計な結果が表示されず、適切な結果だけを確認できます。ただし、アーカイブされたコンテンツを高度な検索に含めるオプションも用意されています。

アーカイブされたページへのリンクは引き続き機能します。これらのリンクの横には「アーカイブ済み」のマークが表示され、アーカイブされたページへのリンクであることが示されます。

自分が作成したページを別のユーザーがアーカイブすると、メール通知が送信されます。

ページをアーカイブすると、ページの編集やコメントの追加、ページへの「いいね!」を含む一部の操作ができなくなります。これは、アーカイブされた時点のページの状態を保持するための措置です。アーカイブからページを復元するだけで、こうした操作を再度実行できるようになります。

アーカイブされたページを見つける

スペースのアーカイブに移動し、ページ ツリーの下部にスクロールして [アーカイブ済みのページ] を選択します。 

スペースにアクセスできるユーザーなら誰でもスペースのアーカイブ済みページを表示できます。ページ制限は引き続き適用されますが、アーカイブ済みページを表示する権限がないユーザーは、アーカイブ済みページのリストでアーカイブ済みページを表示することも、直接リンクからアクセスすることもできません。

各スペースは独自のアーカイブを持ち、ページのサイトレベルのアーカイブはありません。特定のスペースでページをアーカイブすると、そのページはそのスペースのアーカイブに入ります。

同様に、復元されたページはそのスペースのページ ツリーに戻ります。そこから、それらを他のスペースに移動できます。

ページをアーカイブする

  1. アーカイブしたいページに移動します。 

  2. [その他の操作] (•••) を選択します。

  3. [アーカイブ] を選択します。

または、次の手順を実行します。

  1. ページ ツリーでページを見つけて、タイトルにカーソルを合わせる

  2. [その他の操作] (•••) を選択します。

  3. [アーカイブ] を選択します。

ページをアーカイブする前に、継承された権限があるかどうかを確認してください。継承された権限がある場合、そのページはいずれかの親ページの権限に従ってページを表示できるユーザーを制御します。また、継承された権限がある場合は、アーカイブすることでより多くのオーディエンスにページが公開される可能性があります。これを回避するために、アーカイブするページに表示制限を設定してください。

すべてのネストされたページを含めてページをアーカイブする (Premium 限定)

Premium プランでページをアーカイブする場合は、選択した親ページにある入れ子ページを含めるオプションがあり、一度の操作ですべてアーカイブすることができます。これにより、ページ ツリーのブランチ全体を一度にアーカイブできます。

入れ子アーカイブでは、アーカイブするページを選択できません。(アーカイブする権限がある) すべての入れ子ページをアーカイブするか、どのページもアーカイブしないかのいずれかで、それ以外のオプションはありません。選択したページの入れ子ページをページ ツリーで維持する場合は、入れ子ページを移動して移動先で入れ子にならないようにすることを検討してください。

アーカイブ (または表示) 権限がない入れ子ページはそのままページ ツリーに残って、新しい階層に従って階層が上がります (入れ子アーカイブ アクションの続行を選択した場合)。

入れ子ページで継承されている権限に注意してください。入れ子アーカイブ操作の結果、ページ ツリーに「残された」入れ子ページには新しい親ページがあります。残されたページに表示制限が設定されていない場合は、意図したよりも多くのオーディエンスにコンテンツが公開される可能性があります。

まとめてアーカイブされたすべてのページは、アーカイブ済みページの一覧で階層を維持します。このため、ページ ツリーでの整理状況を保持することができます。

一括アーカイブ (Premium のみ)

Premium プランのスペース管理者は、スペースのサイド ナビゲーションで [一括アーカイブ] をクリックするだけでより高度なアーカイブ処理を利用できます。この機能では、最大 500 ページを一括アーカイブできます。

Confluence が常に最大の能力を発揮できるように、1 回のアーカイブ操作の処理量を 500 ページまでに設定しています。この最大ページ数は今後、増やしていく予定です。

アーカイブするページを選択するには、目的のページの横にあるチェックボックスをチェックします。ページを選択することで、ネストされたページもすべて対象になります。ネストされたページを個別に選択解除するには、チェックボックスのチェックを外します。

準備ができたら、表の上にある [アーカイブ] を選択します。

1 つのページをアーカイブするには、[その他の操作] (•••)、[アーカイブ] の順に選択します。

アーカイブ内のページを一括復元する機能は、近日追加予定です。

ページのアーカイブが可能なユーザー

以下の 2 つのアーカイブ権限があります。

  • スペースの任意のページをアーカイブできる権限

  • 自分のページだけをアーカイブできる権限

スペースの任意のページをアーカイブする権限をユーザーに付与する

「アーカイブ」スペース権限は、スペース内の任意のページをアーカイブする権限を付与します。また、ページ ツリーにページを復元できます。さらに、アーカイブできるページは復元もできます。

スペース レベルのアーカイブ権限がある場合でも、表示権限がないページはアーカイブできません。

アーカイブ権限を割り当てられるのはスペース管理者だけです。

スペース レベルのアーカイブ権限を割り当てる方法:

  1. Confluence Cloud のスペースに移動します。

  2. サイドバーで [スペースの設定] を選択します。

  3. [スペース権限] カードで [一般] を選択します。

  4. [グループ] または [個々のユーザー] ヘッダーで、[権限の編集] を選択します。

  5. いずれかのセクションの下部にある検索フィールド内をクリックして、ユーザーまたはグループを検索します。

  6. [追加] を選択します。

  7. [ページ] 列で [アーカイブ] のチェックボックスが選択されていることを確認します。

  8. ページ下部で [すべて保存] を選択します。

すべてのユーザーは本質的に、自身が作成したページをアーカイブする権限を持っています。スペース内のページを表示する権限があれば、自身のページをアーカイブできます。

アーカイブ ページで利用可能な限定アクション

アーカイブされた時点のページの状態を保存する場合、一部のページ アクションは無効になります。アーカイブされたページで無効になったアクションを実行する場合は、最初にそれをページ ツリーに復元します。

ページ権限で次の操作が可能な場合は、ユーザーはアーカイブされたページを表示するときにその操作を利用できます。

操作

アーカイブされたページで利用可能

操作

アーカイブされたページで利用可能

ページを表示

はい

ページの編集

いいえ

コメントの表示 (インラインおよびページ)

はい

ページの移動

いいえ

ページのウォッチ/ウォッチ解除

はい

ページの複製

いいえ

ページにスターを付ける/外す

はい

ページへのいいね!

いいえ

ラベルの追加/削除

はい

ページの共有

いいえ

ページの削除

はい

コメントの追加/編集/返信 (インラインおよびページ)

いいえ

ページ制限の表示

はい

コメントへのいいね! (インラインおよびページ)

いいえ

制限を編集する

はい

コメントの解決/削除 (インラインおよびページ)

いいえ

添付ファイル を見る

はい

ページを階層で表示

いいえ

ページ履歴を表示

はい

ページのバージョンの比較と復元

いいえ

Analytics

はい

添付ファイルの追加/編集/削除

いいえ

ページ情報

はい

 

 

解決済みのコメントの表示

はい

 

 

このページにリンクする

はい

 

 

ソースを表示する

はい

 

 

Word 文書のインポート

はい

 

 

PDF へのエクスポート

はい

 

 

Word エクスポート

はい

 

 

ページ上のタスク

はい

 

 

Slack 通知

はい

 

 

復元

はい

 

 

その他のヘルプ