コンテンツを Word、PDF、HTML、XML にエクスポートする

Confluence Cloud の外部からコンテンツにアクセス可能にする必要がある場合は、コンテンツを Microsoft Word、HTML、PDF、XML を含むさまざまなフォーマットにエクスポートできます。

スペース管理者は、スペース全体、またはスペース内の選択したページのグループをエクスポートできます。スペースの「エクスポート」権限を持つユーザーなら誰でも、個々のページをエクスポートできます。詳細をご確認ください。

Word や PDF への標準エクスポートでのページの向きは縦向きです。エクスポートしたドキュメントの向きを変更するには、エクスポート機能をカスタマイズする必要があります。

個々のページをエクスポートする

Confluence Cloud にアクセス権限のない人にページやブログ投稿を送信する必要がある場合は、Word ドキュメントや PDF にエクスポートできます。

Word をエクスポートするには:

  1. ページまたはブログ投稿に進み、[•••]を選択します。

  2. [エクスポート] にカーソルを合わせます

  3. [Word のエクスポート]を選択します

エクスポートされた Word ファイルの形式により、このファイルは Microsoft Word でのみ開くことができ、Open Office、Libre Office、Google Docs などの他のアプリケーションとは互換性がありません。

PDF にエクスポートするには、次の手順に従います。

  1. ページまたはブログ投稿に進み、[•••]を選択します。

  2. [エクスポート] にカーソルを合わせます

  3. [PDF にエクスポート] を選択します。

単一ページを PDF にエクスポートする際は、PDF スタイルシートのカスタマイズは適用されますが PDF レイアウトのカスタマイズは適用されません。PDF にエクスポートされる 1 ページに PDF のレイアウトのカスタマイズを適用するには、後述の「複数ページ」用の方法によってその 1 ページをエクスポートする必要があります。「PDF へのエクスポートをカスタマイズする」をご参照ください。

公開されているバージョンのみがエクスポートされます。
エクスポートしているページやブログ投稿に未公開の変更がある場合、その変更は含まれません。つまり、他の人物がページ上で作業している間でもエクスポートを作成できます。

スペースをエクスポートする

スペース管理者は、スペース (またはスペース内で個別に選択したページのグループ) を HTML、XML、または PDF にエクスポートできます。Confluence は、HTML または XML ファイル (複数) のアーカイブ ZIP 、またはダウンロード可能な PDF ファイル (1 ファイル) を作成します。

ヒント
スペースを静的 Web サイトに変換するには、HTML エクスポートは大変役立ちます。スペースを他の Confluence サイトにインポート、またはスペースのデータを他のアプリケーションで使用する必要がある場合は、XML エクスポートを利用できます。Confluence Cloud に保存している技術文書からユーザー マニュアルを作成しようとする場合は、PDF オプションが最適です。

ページを HTML、XML、PDF にエクスポートする方法

  1. サイド バーで [スペース設定] を選択します。 

  2. [スペースを管理] カードから [スペースのエクスポート] を選択します。

  3. HTMLXMLPDF のいずれか > [次へ] の順に選択します。

  4. HTML または PDF の場合は通常またはカスタム エクスポートを、XML の場合はフルまたはカスタム エクスポートを選択します。

    • 通常のエクスポート(HTML および PDF) - 閲覧権限のあるすべてのページを含む HTML ファイルを作成します。

    • フルエクスポート (XML) - 閲覧権限のないページも含め、スペースのすべてのページを含む XML ファイルを作成します。

    • カスタム エクスポート - 選択したページのみをエクスポートしたい場合、あるいはコメントをエクスポートから除外したい場合に利用します。

  5. [エクスポート] を選択します

エクスポートの処理が終了したら、ZIP アーカイブまたは PDF をダウンロードできます。

この方法に関するその他の注意事項

この方法で PDF へエクスポートした場合、ブログ投稿は含まれません。また、PDF へエクスポートする場合、コメントはいかなる場合も含まれません。

XML エクスポートには Team Calendars は含まれません。カレンダーのエクスポートとインポートのヒントについては、このコミュニティー投稿を参照してください。 

現在、ページ コメントは HTML エクスポート中にエクスポートされません。機能リクエスト CONFCLOUD-57908 をご参照ください。

PDF エクスポートの表示をカスタマイズする

出力する PDF に、タイトル ページ、目次、カスタマイズしたヘッダーとフッターを追加できます。詳細なカスタマイズとして、CSS (カスケーディング スタイル シート) の変更を適用できます。これらのカスタマイズは各スペースに固有であるため、適用するには「スペース管理者」権限が必要です。詳細は「PDF へのエクスポートをカスタマイズする」をご参照ください。

PDF エクスポートについての注意

  • 多言語テキストを含む PDF のエクスポートについては「別の言語で PDF を作成する」をご参照ください。

  • PDF エクスポート機能はさまざまなコンテンツを処理できるように設定されていますが、稀に、カスタマイズを認識できずに PDF のエクスポートに失敗する場合があります。その場合は、PDF エクスポート画面に問題が発生したページのタイトルが表示されます。失敗の原因を診断するご参照ください。

HTML エクスポートについての注意

  • zip ファイルでは、ページの添付ファイルは以下の形式の名前を持つ個別のフォルダに振り分けられます。
    ...\download\attachments\xxxxxx
    ここでの 2xxxxxx''"は、添付ファイルを含むページのページ ID です。

  • ブログ投稿は HTML エクスポートには含まれません。機能リクエスト CONFCLOUD-14684 をご参照ください。

XML エクスポートについての注意

  • スペースを Confluence Cloud にインポートする際の制限の注意事項については、「Confluence スペースをインポートする」を参照してください。

このエクスポートを Confluence Server に取り込みますか? 最良の結果を得るには、以下をおすすめします。

  • ユーザーのプロファイル表示設定にかかわらずメール アドレスを含めることができるよう、エクスポートの実行をサイト管理者に依頼する

  • メールアドレスの照合機能が利用可能な、Confluence 6.15.4 以降または選択されたエンタープライズ リリース バージョンにスペースをインポートする

これによって、インポート後にコンテンツが「unknown user」に関連付けられることを回避できます。詳細

サーバーからクラウドへのコンテンツの移行

Confluence Server から Confluence Cloud へ移行する場合、Confluence Cloud Migration Assistant を使用してコンテンツとスペースを移行できます。 

その他のヘルプ