スペースを使用して作業をまとめる

スペースとは 

Confluence の仕様であるスペースとは、コンテンツを有意なカテゴリとして整理する、作業を保管できる複数のフォルダーのようなものです。

また、すべての Confluence ユーザーはパーソナル スペースをセットアップできます。これによって、他のユーザーが閲覧して編集できるように、公開または非公開にできます。パーソナル スペースはスペース ディレクトリの標準スペースと併せてリストされます。また、ユーザー ディレクトリやユーザー プロファイルから、パーソナル スペースを見つけられます。

スペースの使用方法

作業の完了に必要な任意の数のスペースを作成できます。

  • チーム スペース – 各チーム (QA、人事、エンジニアリング、サポートなど) に独自のスペースを提供することで、それぞれのチームが自身の作業に集中でき、すべてのユーザーが情報を見つけやすいようにします。

  • プロジェクト スペース – プロジェクトに関連するすべての情報を 1 箇所にまとめましょう。これによって、全員が Confluence 内で共同作業できるようになります。もうメールの往復は不要です。

  • パーソナル スペース – 個人で作業中のすべての内容を保管して To Do リストを保持し、コンテンツを別の共有スペースに移動させる前にブラッシュアップしましょう。 

パーソナル スペースの作成方法については「パーソナル スペースをカスタマイズする」をご参照ください。

Confluence におけるコンテンツの階層

スペースを最新に保つ

スペースの管理
スペースの管理権限を持っている場合は以下を実行できます。

スペース権限
スペースの管理権限について、いくつかの点をご確認ください。

  • スペースの作成者は自動的に、そのスペースの管理権限を持ちます。

  • スペース管理者は他のユーザーに管理権限を付与できます。

  • スペース管理者は Confluence 管理者である必要はなく、1 つのスペースでのみ特別な権限を持つことができます。たとえば、あなたは自身のパーソナル スペースの管理者ですが、これはほかのスペースで自身に付与されているアクセス権限を問いません。

その他のヘルプ