robotsnoindex

マクロは、Confluence ページの機能の拡張に役立つ強力なツールです。これによって、別の機能を追加したり動的コンテンツを組み込んだりできます。マクロはモーダル ウィンドウに追加のパラメーターを表示するため、ページにマクロを挿入したことがわかります。たとえば、目次マクロを挿入してページにあるすべての見出しをクリック可能なリンクとして表示したり、添付ファイル マクロを使用してページに添付したファイルを一覧表示したりできます。

マクロには、挿入できる基本要素や書式設定ツール以外にも、さらに多くの設定が必要です。これらの設定項目はフローティング形式のツールバーにいくつかのオプションを提供するのみであるため、基本要素を挿入したことがわかります。たとえば、ステータス バッジや日付を挿入したり、引用や見出しなどのテキストに書式を適用したりできます。  

マクロを使用する

マクロを追加するには、次の手順に従います。

  1. Confluence エディタで、 > [詳細を表示] の順に選択します。
  2. 挿入するアイテムを探して選択します
  3. [挿入] を選択します。

このページに「/」と入力して、ツールバーからを選択し、同じリストを表示することも可能です。

マクロを編集するには、次の手順に従います。

  1. マクロのプレースホルダーを選択します。フローティング ツールバーが表示されます。
  2. [編集] を選択します。右側のパネルが開きます。
  3. パラメータを修正します。変更内容は、移動するごとに保存されます。
  4. ページの編集を再開すると、パネルが閉じます。

パラメーター

多くのマクロには、マクロの出力の制御に使用できるオプションのパラメーターがあります。

例えば、添付ファイル マクロにはオプションのパラメーターが 2 つあり、これによって次のことが可能です。

  • 表示される添付ファイルのファイル形式の指定
  • 表示される添付ファイルの旧バージョンが必要かどうかの選択

プレースホルダー

マクロ プレースホルダーはエディタ内に表示され、ページにマクロを追加した場所を示します。

ページの編集時に次の操作が可能です。

  • マクロ プレースホルダーをダブルクリックして (またはプレースホルダーをクリックして [編集] を選択) マクロ ダイアログ ウィンドウを開き、マクロのパラメーターを編集する
  • マクロ プレースホルダーを選択して、マクロの切り取り、コピー、および貼り付けを実行する


従来のエディタでのみ利用できるマクロ

以下は、従来のエディタで利用できるマクロの一覧です。

マクロ名をクリックすると、オプションのパラメーターや例など、使用方法の詳細が表示されます。

以前のマクロで実現していた内容を引き続き実現するための代替方法についてはこちらの提案をご参照ください。


両方のエディタで利用できるマクロ

以下は、両方のエディタで利用できるマクロの一覧です。

マクロ名をクリックすると、オプションのパラメーターや例など、使用方法の詳細が表示されます。


Marketplace のマクロ

Atlassian Marketplace では、さらに多くのマクロを利用できます。