Microsoft Office マクロを挿入する

ユーザーはさまざまなツールを使用してコンテンツを作成します。コンテンツをコピーして Confluence に貼り付けるのではなく、ファイルをページに添付し、マクロを使用してページ閲覧者に表示できます。閲覧者は Office をインストールする必要はありません。この方法で、これらのプログラムからフォーマット、アニメーション、数式を維持したまま、Confluence で簡単に共有できます。

Office Word

Office Word マクロは単にプレビューを表示するのではなく、ページにドキュメントを埋め込みます。 

これは、Word の書式やその他の機能を保持するために、ドキュメントの内容を Confluence ページに単純にコピーできない場合に役立ちます。 

  1. ページを表示する際に [その他のアクション] メニューからファイルをページに添付するか、ツールバーの [ファイルと画像] ツールを使用してファイルをアップロードします。

  2. マクロを挿入してコンテンツを表示します。 

  3. 他のユーザーに表示されるページに添付ファイルを表示しない場合は、ページからファイルを削除します。

パラメーター

パラメーター名

必須

既定

パラメーターの説明と指定可能な値

name

はい

(なし)

表示する Word ドキュメントのファイル名。ドキュメントは、Confluence サイトのページに添付する必要があります。

ページ

いいえ

マクロを含むページ

Word ドキュメントが添付されている Confuence ページの名前。

Wiki マークアップの例

Wiki マークアップは従来のエディタでのみサポートされます。

Wiki マークアップはエディタ外部でマクロを追加する必要がある場合 (スペースのサイドバー、ヘッダー、またはフッターのカスタム コンテンツなど) に便利です。

Macro name: viewdoc

マクロ本文: なし。

1 2 3 4 {viewdoc:page=Docs|name=My document.doc}

Office Excel

Office Excel マクロ エクスペリエンスは 2022 年 6 月にアップデートされました。アップデート前は、マクロは Excel ファイルの PDF バージョンを表示していました。アップデート後のエクスペリエンスでは、Excel ファイルの HTML レンダリングが表示され、ビューの下部にスプレッドシート セレクターが含まれます。

アップデート前にアップロードされた Excel ファイルを表示するためにマクロが使用されている場合、アップデート後のエクスペリエンスで使用するには、そのファイルを再度アップロードする必要があります。

Office Excel マクロは単にプレビューを表示するのではなく、ページにスプレッドシートを埋め込みます。これは、財務情報やデータの計画など、Confluence の基本的な表が提供する機能よりも高度な機能が必要な場合に適しています。 

Office Excel マクロを挿入するには、次の手順に従います。

  1. ページを表示する際に [その他のアクション] メニューからファイルをページに添付するか、ツールバーの [ファイルと画像] ツールによってファイルをアップロードします。

  2. エディタのツールバーから [挿入] を選択します。

  3. ドロップダウンから [Office Excel] を選択します。

  4. 表示するファイルを選択して [保存] を選択します。

パラメーター

パラメーター名

必須

既定

パラメーターの説明と指定可能な値

name

はい

(なし)

表示する Excel スプレッドシートのファイル名。ドキュメントは、Confluence サイトのページに添付する必要があります。

ページ

いいえ

マクロを含むページ

Excel スプレッドシートが添付されている Confuence ページの名前。

Wiki マークアップの例

Wiki マークアップは従来のエディタでのみサポートされます。

Wiki マークアップは、エディタの外部にマクロを追加する必要がある場合に便利です。たとえば、スペースのサイドバー、ヘッダー、またはフッターのカスタム コンテンツなどです。

Macro name: viewxls

マクロ本文: なし。

1 {viewxls:page=Docs|name=My document.xls}

Office PowerPoint

Office PowerPoint マクロはプレゼンテーションをビューアーで表示します。このビューアーは単にプレビューを表示するだけでなく、[次へ] と [戻る] ボタンを備えています。 

これは、プレゼンテーション、トレーニング セッション、およびその他のビジュアル データの共有に適しています。 

  1. ページを表示する際に [その他のアクション] メニューからファイルをページに添付するか、ツールバーの [ファイルと画像] ツールによってファイルをアップロードします。

  2. マクロを挿入してコンテンツを表示します。 

  3. 他のユーザーに表示されるページに添付ファイルを表示しない場合は、ページからファイルを削除します。

パラメーター

パラメーター名

必須

既定

パラメーターの説明と指定可能な値

name

はい

(なし)

表示する PowerPoint プレゼンテーションのファイル名。ドキュメントは、Confluence サイトのページに添付する必要があります。

ページ

いいえ

マクロを含むページ

PowerPoint プレゼンテーションが添付されているされている Confluence ページの名前。

height

いいえ

 

マクロ表示の高さ。ピクセル単位 (例: 10px または 10 のみ) またはウィンドウの高さに対するパーセンテージ (例: 20%) で指定されています。

width

いいえ

 

マクロ表示の幅。ピクセル単位 (例: 10px または 10 のみ) またはウィンドウの高さに対するパーセンテージ (例: 20%) で指定されています。

Wiki マークアップの例

Wiki マークアップは従来のエディタでのみサポートされます。

Wiki マークアップはエディタ外部でマクロを追加する必要がある場合 (スペースのサイドバー、ヘッダー、またはフッターのカスタム コンテンツなど) に便利です。

Macro name: viewppt

マクロ本文: なし。

1 {viewppt:height=20%|page=Docs|width=20%|name=My document.ppt}

 

その他のヘルプ