Atlassian アカウント サービスが不要になったら、アカウントを削除できます。削除すると、Confluence と他のすべての Atlassian アカウント サービスに対するアクセス権が即座に失われて、アカウントの組織に対する請求が停止されます。また、Atlassian アカウント サービスから個人データが削除されます。

アカウントを削除したあとは、アカウントを再度有効化したり、個人データを復元することはできません。

削除対象のデータ

アカウントを削除すると、すべての Atlassian アカウントのサービスからそのアカウントに関連する個人データが永久に削除されます。Confluence 全体で名前が元ユーザーに置換されて、Confluence のパーソナル スペースはアーカイブされます。

次の情報は削除されません。

  • ページ、ブログ投稿、コメント、またはファイル。作成したコンテンツを手動で削除するには、「ページを削除、復元、または完全に削除する」の手順に従ってください。

  • ユーザーが生成したコンテンツに含まれる個人データ。Confluence Cloud のページに、ユーザーの名前、メール アドレス、電話番号などの個人データが表示されている場合、そのページまたはサイトが削除されるまで、情報は Confluence Cloud に残ります。ページ、ブログ投稿、またはコメントから個人データを削除するには、グローバル検索を使用してコンテンツを検索し、編集してデータを手動で削除する必要があります。

アカウントを削除すると、アカウントとそこに含まれる個人データの両方が永久に削除されます。

アカウントの表示方法

アカウントを削除すると、他の Confluence ユーザーには以下のように表示されます。