コード ブロック マクロを挿入する

このマクロは新しいエディターから意図的に除外されており、コード スニペット要素に置き換えられました。詳細

コードブロック マクロを使用すると、以下のように、構文をわかりやすく強調表示したソースコードをページに表示できます。

コード ブロック マクロのプレビューを表示する

コード ブロック マクロを使用する

コード ブロック マクロを追加するには、次の手順に従います。

  1. 編集時には、ツールバーから を選択します。

  2. 挿入するアイテムを探して選択します

  3. [挿入] を選択します。

このページに「/」と入力して、ツールバーからを選択し、同じリストを表示することも可能です。

コード ブロック マクロを編集するには、次の手順に従います。

  1. マクロのプレースホルダーを選択します。フローティング ツールバーが表示されます。

  2. 編集を選択します。右側のパネルが開きます。

  3. パラメータを修正します。変更内容は、移動するごとに保存されます。

  4. ページの編集を再開すると、パネルが閉じます。

エディターのプレースホルダー内に直接コードブロックを入力します。プレースホルダー内に含まれるスペースは、コードブロック マクロでは 処理されないでの注意してください。これにより入力時、柔軟にコード インデントを行えます。

パラメーター

パラメータは、マクロ出力の内容や形式を制御するために設定するオプションです。 

Confluence Cloud ストレージ形式または wikimarkup で使用されるパラメーター名が、ブラウザやスラッシュ コマンドを使用してマクロを挿入する際に使用されるラベルと異なる場合は、下記の角括弧内に記載します (example)。

パラメーター

既定

説明

シンタックス ハイライト
(language

java

構文をハイライトする言語(または環境)を特定します。規定値は java ですが、下記の言語/環境から選択可能です。

  • ActionScript

  • AppleScript

  • bash

  • C#

  • C++

  • CSS

  • coldfusion

  • delphi

  • diff

  • erlang

  • groovy

  • HTML および XML

  • java

  • javafx

  • javascript

  • プレーン テキスト

  • powershell

  • python

  • ruby

  • SQL

  • Sass

  • scala

  • Visual Basic

タイトル

なし

コードブロックにタイトルを追加します。指定すると、コードブロックの先頭行のヘッダーに表示されます。

折りたたみ可能
(collapse

false

選択すると、コード マクロの内容が、Confluence ページへのアクセス時やページの再読み込み時に折りたたまれます。expand source リンクをクリックすると、コンテンツを確認できます。false の場合、コード マクロの内容は常に全表示されます。

行番号を表示
(linenumbers)

false

選択すると、コード行の左側に数字が表示されます。

最初の行番号
(firstline

1

行数を表示を選択すると、この値を最初の行の数字として定義します。

テーマ

既定

コードブロックの表示に使用するカラーテーマを指定します。テーマの多くは人気の統合開発環境 (IDE)のデフォルトのカラースキームをベースにしています。 既定のテーマConfluence (既定) は、ブランクの背景にブラックとカラーフォントの一般的なものですが、下記の人気のテーマから他のテーマを選択することも可能です。

  • DJango

  • Emacs

  • FadeToGrey

  • Midnight

  • RDark

  • Eclipse

  • Confluence

Wiki マークアップの例

Wiki マークアップは従来のエディタでのみサポートされます。

Wiki マークアップはエディタ外部でマクロを追加する必要がある場合 (スペースのサイドバー、ヘッダー、またはフッターのカスタム コンテンツなど) に便利です。

マクロ名: code

マクロ本文:プレーンテキストをアクセプトする

1 2 3 4 5 6 {code:title=This is my title|theme=FadeToGrey|linenumbers=true|language=html/xml|firstline=0001|collapse=true} This is my code {code}

 

その他のヘルプ