Confluence でゲストが閲覧/実行できること

すべてのチームワークが 1 つの組織の (場合によっては仮想的な) 壁の内側で発生するとは限りません。他社と提携して統合環境を構築したり、代理店と協力してマーケティング キャンペーンを実現したり、請負業者やコンサルタントを参加させて大きなプロジェクトの進行を支援したりする必要がある場合もあります。

単一スペース ゲストを使用すると、Confluence を離れることなくすべての作業を行うことができます。

Confluence サイトでゲストを設定する方法については、「Confluence にゲストを招待する」を参照してください。

ゲストをスペースに割り当てて、Confluence でコラボレーションを開始できるようにする方法については、「ゲストにスペースのアクセス権を割り当てる」を参照してください。

Confluence でゲストができること

ゲストは、通常の Confluence ユーザーとは異なるタイプのユーザーです。一度にアクセスできるスペースは 1 つ (管理者によって割り当てられたもの) に限られ、アクセスにも一定の制限が課せられます。

ゲストは匿名でのアクセスが許可される任意のスペースにアクセスできる

ゲストは自身の単一スペースだけでなく、匿名ユーザーがアクセスできるすべてのスペースにアクセスできます。

これは、匿名ユーザーがグローバル権限でサイトへのアクセスを制限されている場合にも当てはまります。

セキュリティを強化してゲストを管理する

ゲストが Confluence にアクセスできるようにする場合、そのコラボレーションによる価値が大きければ、ゲストがアクセスすべきでないと明確かつ自信を持って管理できる Confluence の領域とデータは小さくなり、その間には常に拮抗関係があります。

アトラシアンの外部ユーザー セキュリティ機能を使えば、いつでも安心して管理できます。以下はその例です。

  • 2 段階認証

  • 定期的な再認証

  • セキュリティ設定変更前の外部ユーザーの確認

  • API トークンを利用したアクセス

外部ユーザーのセキュリティに関する詳細についてご確認ください。

ゲストには既定で複数のスペース権限が付与される

ゲストには、既定では次のスペース権限が設定されています。

スクリーンショットによると、ゲストに既定で付与されるスペース権限は、ページの閲覧、ページの追加、コメントの追加、および添付ファイルの追加のみです。

スペース管理者は、以下を除くすべてのスペース権限をゲストに付与できます。

  • スペース管理

  • スペースをエクスポート

  • 制限

これらの権限によって制御される対象の詳細については、「スペース権限を割り当てる」を参照してください。

ゲストは、内部ユーザー情報へのアクセスが制限されます

Confluence は、サイト全体のユーザー情報を含むユーザー ディレクトリに対するゲストのアクセスをブロックします。

サイト全体のユーザー ディレクトリを問い合わせる機能は次のとおりです。

  • @mentions

  • 上部のナビゲーション バーの [チーム] タブ

  • ユーザー検索

  • ユーザー ピッカー

これらはすべてのゲストに対してシステム的にブロックされます。

アプリ

ゲストは以下を含む Confluence のシステム アプリの使用が制限されています。

  • 分析 (サイト レベルとスペース レベル)

  • Team Calendars

  • Confluence Questions

ただし、ゲストはページ分析を操作できます。

ゲストはアプリを追加して管理できません。

Marketplace アプリ

ゲストは、Confluence に無料でアクセスできるのと同じように、Confluence で使用しているすべての Marketplace アプリにも無料でアクセスできます。

Marketplace アプリの開発者は、必要に応じてゲストによるアプリへのアクセスをブロックできます。方法

Marketplace アプリの多くは、アトラシアンが提供するものではありません。ゲストによるサードパーティ アプリの操作に関する詳細は、以下をご確認ください。

サードパーティ アプリ

ゲストがアクセスできるスペースまたはページで使用されているサードパーティ アプリが有効になっている場合、それらのゲストはそのアプリを操作できます。

Marketplace アプリに共有される情報と、アプリ内でゲストに付与される情報へのアクセス権の内容については、ご利用の組織が責任を負います。

Confluence でゲストを見分ける方法

Confluence でのゲストのアクセスは制限されていますが、誰が組織外のユーザー (ゲスト) にあたり、ゲストのアクセスがどこまで許可されているのかを担当者とその社内チームが明確に理解することが重要です。

これは、誤った情報が不適切なユーザーと共有されないようにするために、必ず認識しておくべきことです。

誰がゲストでどこまでアクセスが許可されているのかわかるように、Confluence では多数のマーカーを UI に使用して示しています。

個人

ゲストである個々のユーザーは、コメントを残すとき、Confluence のユーザー ピッカーで該当するユーザーを検索しているときなど、UI のどこに表示される場合でも、名前の横に GUEST ラベルが表示されます。

スペース
ゲストがアクセスできるすべてのスペースには、UI にある固定のコンテンツと有益な製品内メッセージが組み合わさって示されます。コンテンツの移動やコピー、コンテンツ制限のアップデート、新しいコンテンツやアップデートしたコンテンツの公開など、セキュリティの高い重要な操作の際には、ゲストが存在していることを通知します。

スペース管理者には、担当するスペースへのアクセス権がゲストに付与されるたびに、メールで通知されます。プロファイルのメール設定で、この設定をオフにしてメール通知の受信を停止できます。

Confluence 管理者は、[グローバル権限] > [ゲスト アクセス] タブを参照して、サイトにアクセスできるすべてのゲストを確認できます。

スペース管理者は、サイドバーの [スペース設定] > [ゲスト] の順に選択して、スペースにアクセスできるすべてのゲストを確認できます。

その他のヘルプ