ホワイトボードへのリンクの挿入

リンクとスマート リンクを使用して、ホワイトボード セッションにコンテキストを追加します。ホワイトボード、Jira 課題、Confluence ページ、お気に入りのクラウド アプリや Web サイトなどの外部のコンテンツにリンクできます。

ホワイトボードにリンクを挿入するには、次の 3つの方法があります。

URL

リンクを URL として追加します。

  1. 使用するリンクのページに移動します。

  2. URL をコピーします。

  3. ホワイトボードに表示したい場所に URL を貼り付けます。

スマート リンクでは、お気に入りのクラウド アプリや Web サイトからの、よりリッチなハイパーリンクを作成できます。ホワイトボードから離れることなく、リンクに関する重要なコンテキストを提供できます。

すべてのリンクがスマートリンクでサポートされているわけではありません。サポートされていないリンクは、プレーン URL としてホワイトボードに挿入されます。

ホワイトボードでは、スマートリンクを表示する方法が 2 つあります。

  • カード表示

カードで表示されるスマート リンクの例

カード ビューは、リンクの内容を簡略化したものです。通常、リンクの簡単な要約と最も重要なデータが表示されます。たとえば、Jira 課題の場合、課題タイプ、課題キー、課題の要約、ステータス、コメント数が表示されます。

  • 埋め込み表示

埋め込みで表示されるスマート リンクの例

埋め込みは最もリッチなスマート リンク ビューです。リンクのコンテンツをインタラクティブにプレビューできます。たとえば、Google スライドの埋め込みビューには、ナビゲートできるスライド デッキが表示されます。YouTube 動画などの一部のリンクは、ホワイトボードに追加したときに既定で埋め込みビューになることがあります。

スマート リンクの表示オプションが表示されているメニューでカードが選択されている状態

すべてのスマート リンクに埋め込みビューが含まれているわけではありません。可能な場合、フローティング ツールバーを使用してカード ビューから埋め込みビューに切り替えることができます。

  1. 表示形式を変更するスマート リンクを選択します。

  2. そのスマート リンクに適用したい表示方法を選択します。

スマート リンクをプレビューしている例

スマート リンクに埋め込みがある場合は、フローティング ツールバーの [プレビュー] ボタンをクリックすると、拡大表示されます。

ホワイトボードを Jira、Confluence、Trello に埋め込む

ホワイトボードのスマート リンクをプロジェクト ポスター、製品ロードマップ、カンバン ボードなどに埋め込むことで、アイデアの埋め込みやワークフローの視覚化を簡単に実行できます。

 

ホワイトボードを埋め込む方法。

  1. リンクをホワイトボードにコピーします。

  2. それを Confluence ページ、Jira ボード、または Trello カードに貼り付けます。

  3. フローティング ツールバーで、表示状態として [埋め込み] を選択します。

埋め込まれたホワイトボードの例

スマート リンクはリンクの権限を考慮します。リンクに、リンクのコンテンツを表示できるユーザーと表示できないユーザーに対する権限がある場合は、認証の取得が必要になることがあります。

認証が必要なスマート リンクでは、認証を求めるメッセージがスマート リンクに表示されます。認証フローを順番に選択してスマート リンクをプレビューします。

別のアトラシアン製品でアプリ (例えば Google Docs) のスマート リンクがすでに認証されている場合は、ホワイトボードで再度認証する必要はありません。

Jira 課題をインポートする

Jira 課題のインポート ダイアログでは、1 つまたは複数の Jira 課題リンクを検索してホワイトボードに挿入できます。Jira、Jira Service Management、Jira Product Discovery の各クラウド バージョンからインポートできます。

Jira 課題のインポートの詳細

その他のヘルプ