robotsnoindex
robotsnoindex



iFrame マクロを使うと、Confluence のページに Web ページを埋め込むことができます。

iFrame マクロを使用するには、次の手順に従います。

iFrame マクロを追加するには、次の手順に従います。

  1. Confluence エディタで、 > [詳細を表示] の順に選択します。
  2. 挿入するアイテムを探して選択します
  3. [挿入] を選択します。

このページに「/」と入力して、ツールバーからを選択し、同じリストを表示することも可能です。

iFrame マクロを追加するには、次の手順に従います。

  1. マクロのプレースホルダーを選択します。フローティング ツールバーが表示されます。
  2. [編集] を選択します。右側のパネルが開きます。
  3. パラメータを修正します。変更内容は、移動するごとに保存されます。
  4. ページの編集を再開すると、パネルが閉じます。

iFrame のカスタマイズ

iFrame マクロは、いくつかの方法でカスタマイズできます。

属性説明

高さ

ピクセル単位

iframe の高さおよび幅に固定値を設定します。

これは、特定のサイズ以下の場合に適切に表示されないコンテンツに対して特に有効です。

ピクセル単位
位置合わせ

left

right

iframe をページの左側または右側に寄せます。

デフォルトでは left に設定されています。

frameborder

show

hide

iframe のコンテンツの周りに境界線を描画して、ページ上の他のコンテンツと区別します。

デフォルトでは show に設定されています。

scrolling

はい

いいえ

auto

追加のコンテンツを表示するための、iFrame でのスクロールを許可または禁止します。

デフォルトでは auto に設定されています。

他の属性 (ID、class、styles、title、long description、margin height、margin width、name、text direction、および language code) は廃止されています。これらの属性の値を変更しても、iFrame マクロでのコンテンツの表示に影響はありません。

既知の問題

一部の Web サイトについて、iFrame の一部として含めようとすると空白で表示される場合があります。この原因として以下のことが考えられます。

  • ブラウザが iFrame 内で Web サイトをレンダリングしないように、Web サイト管理者が x-frame-options レスポンス ヘッダーを設定している。
  • 使用しているブラウザが、セキュリティ対策として、Web サイトのロードをブロックしている。

iFrame に含めようとしている Web サイトが表示されない場合は、以下を試してみてください。

  • URL の先頭を http:// から https:// 書き換え、より安全にコンテンツにアクセスできるようにする。
  • iFrame マクロを削除し、代わりに Web サイトへのリンクを追加する。