RSS フィードの作成

RSS フィード ビルダーを使用すると、カスタマイズした RSS フィードを作成して、Confluence 内の変更を購読できます。

RSS フィードついては「RSS フィードの詳細」をご参照ください。

RSS フィードの作成

以下の手順に従ってコンテンツのタイプとモニターしたい期間を選択し、フィードを作成します。

カスタマイズされた RSS フィードを作成する方法

  1. ナビゲーションの右側にあるヘルプ アイコン > [フィード ビルダー] の順にクリックします。

  2. フィードするコンテンツタイプを選択します。

  3. リストから1つ以上のスペースを選択します。

  4. 詳細オプションをクリックして以下を設定します。

  • フィード名 – 既定の名前は、ご使用の Confluence インストールの名前に基づきます。たとえば、「Extranet RSS Feed」などです。

  • 次のラベルがあるスペース – 1 つ以上のラベルを入力して、スペースまたはコンマで区切ります。Confluence は、1 つ以上のラベルと一致する (選択されたタイプの) すべてのコンテンツを返します。ラベルによるフィードのカスタマイズについては、次のヒントをご参照ください。

  • これらのスペースから除外する – 特定のスペースを既に選択したものから除外します。

  • 並べ替え - 日付、作成、または最終更新日のいずれかでコンテンツをソートします。

  • フィードの制限 - フィードに返されるアイテムの数を指定します。

  • 最近 – 返されるアイテムの鮮度を指定します。

  • ページのコンテンツの取り込み – フィードでページ全体を表示するかどうかを指定します。

  1. [RSS フィードの作成] をクリックします。

  2. リンクをドラッグして、RSS リーダーにコピーします。

  • 複数のフィードを分離します。フィードは、ページ専用に1つ、コメントを含むものを1つというように、別々に作成することをお勧めします。これにより、時間がない場合にはページのみをモニターし、時間の余裕があるときにコメントを読むことができます。

  • ラベルを付けてフィードをカスタマイズします。RSS フィード ビルダーによって、ラベル付きのページとそのページのコメントに対する更新を追跡できます。ここでは、次の独自のパーソナル ラベルによって RSS フィードをカスタマイズするアイデアを示します。特定のページやブログ投稿に対する更新を追跡したいが、メールは不要な場合に役立ちます。この方法は、ページのウォッチの代替方法として利用できます。

    • my:feed」などのパーソナル ラベルでラベル付けされたページ、ブログ投稿、コメントを返す RSS フィードを作成します。

    • 'ウォッチ' したいページがあるたびに 'my:feed' を使用してラベル付けするだけです。

    • すべての更新およびコメントは RSS フィードを通じて自動的に届きます。

  • RSS フィードの削除: 

    Confluence RSS フィード ビルダーによって作成された RSS フィードは削除不要です。

    説明: RSS フィード ビルダーによって生成されたフィードはフィード URL (アドレス) に含まれるパラメーターから動的に生成されます。 次のフィード URL を例に挙げて説明します。

    1 2 3 4 5 6 http://ja.confluence.atlassian.com/createrssfeed.action?types=page&sort=modified&showContent=true...

    上記のフィード URL は、ページのリスト ('types=page') を生成します。このリストは変更日によりソートされ、ページコンテンツを示しています。フィードは URL の取得時に生成され、データベースに保管されている RSS フィード情報はありません。このため、何も削除する必要がありません。

  • フィード認証オプション: Confluence では、オプションとして匿名フィードまたは認証が必要なフィードを選択できます。

    • 匿名フィードは、匿名ユーザーに表示可能なコンテンツのみを表示します。フィード URL には、次で言及されている &os_authTypeパラメーターはありません。このパラメーターは、Confluence サイトが匿名アクセスを許可している場合にのみ役立ちます。フィードが匿名の場合は、Confluence ユーザーであるかどうかに関係なく、匿名で閲覧可能なフィードのコンテンツのみを取得します。

    • 認証済みフィードでは、コンテンツを取得するために Confluence にログインする必要があります。フィード URL にはパラメーター &os_authType=basic が含まれます。

    • 現在、匿名と認証済みの各フィード間を選択するオプションはフィード ビルダー画面では利用できません。フィード ビルダーは認証済みフィードのみ提供します。詳細と回避策については「CONF-21601」をご参照ください。

その他のヘルプ