robotsnoindex
robotsnoindex

ページ プロパティとページ プロパティ レポート マクロを組み合わせることで、1 つのページの概要情報を別のページで表示できます。これらの 2 つのマクロの例を、意思決定および 製品要件ブループリントで確認できます。

ページ プロパティ マクロを使用する

ページ プロパティ マクロは、キー/値のペアを使用します。


ページ プロパティ マクロを追加するには、次の手順に従います。:

  1. Confluence エディタで、 > [詳細を表示] の順に選択します。
  2. 挿入するアイテムを探して選択します
  3. [挿入] を選択します。

このページに「/」と入力して、ツールバーからを選択し、同じリストを表示することも可能です。


マクロ本文に 2 列のテーブルを作成します

  1. 左の列には "キー" を入力します。これらはレポート テーブルの列見出しになります。
  2. 右の列には、各キーの値を入力します。これらがレポート テーブルの行を生成します。
  3. ページにラベルを追加します (このラベルをページ プロパティ レポート マクロで指定する必要があります)。
  4. ページを保存します。



tip/resting Created with Sketch.

ページ プロパティ マクロを横に使用する

これを行うには、次のようにします。

  • 2 の表ではなく 2 の表を作成し、最初の行に見出し行スタイルが適用されていることを確認します。
  • 1 行目にキー、2 行目に値を入力します。

ページ プロパティ マクロを別の場所で垂直に使用していても、ページ プロパティ レポート マクロでこの情報を正確に取得できるようになります。


次に、ページ プロパティ レポート マクロを別のページに追加する必要があります。

エディタでのページ プロパティ マクロの例は次のようになります。Deadline、Current Status、および Team がレポートでの列見出しになります。



上記の例はページ プロパティ レポートに次のように表示されます。



1 ページに複数のページ プロパティ マクロを使用する

1 つのページに複数のページ プロパティ マクロを追加して、レポートにすべてのマクロを含めるか、特定のマクロのみを含めるかを選択できます。複数のマクロを使用することで、マクロの情報をページの他の情報のコンテキストで表示したり、個々のページ プロパティ マクロのレポートを作成したりすることができます。 

ページ プロパティ マクロには、個々のページ プロパティ マクロの識別に使用できるオプションの ID パラメーターが含まれます。 

レポートにすべてのページ プロパティ マクロのコンテンツを表示するには、次の手順を実行します。

  1. ページ プロパティ マクロを含むページにラベルを追加します
  2. ページ プロパティ レポート マクロでこのラベルを指定します

レポートに選択したページ プロパティ マクロのコンテンツを表示するには、次の手順を実行します。

  1. ページ プロパティ マクロを含むページにラベルを追加します
  2. 報告したいページ プロパティ マクロの ID を指定します
  3. ページ プロパティ レポート マクロでラベルと ID の両方を指定します

: ページ プロパティ レポート マクロでは、ページ ラベルと ID はそれぞれ 1 つのみ許可されます。


tip/resting Created with Sketch.

Confluence で製品要件を文書化する方法」で、ページ プロパティ マクロの使用例をご確認ください。この強力なマクロを使用することで、複数のページから情報を取得する概要ページを作成できます。


ページ プロパティ マクロを編集するには、次の手順に従います。

  1. マクロのプレースホルダーを選択します。フローティング ツールバーが表示されます。
  2. [編集] を選択します。右側のパネルが開きます。
  3. パラメータを修正します。変更内容は、移動するごとに保存されます。
  4. ページの編集を再開すると、パネルが閉じます。

パラメーター

パラメーターは、マクロ出力の内容や形式を制御するために設定できるオプションです。Confluence の保存形式または wiki マークアップで使用されるパラメータ名がブラウザで使用されるラベルと異なる場合、以下の一覧に括弧付きで表示されます (example)。

パラメーター

既定

説明

ページ プロパティ ID

(なし)

オプションの ID はページの特定のページ プロパティ マクロを識別するために使用されます。ページ プロパティ レポートでこの ID を指定し、この ID を使用したマクロのみの概要情報を含めることができます。

非表示Falseページ プロパティ マクロのデータを現在のページに表示するかどうかを決定します。この設定は、ページ プロパティ レポート マクロの詳細表示に影響しません。


注意

  • 左側の列のデータは、ページ プロパティ レポート マクロの列見出しを生成するために使用されるため、左側の列でマクロを使用することはできません。 
  • ページ内や Confluence ページの他の場所からメタデータを使用してメタデータを参照することはできません。