スパム防止用に Captcha (キャプチャ) を設定する

Confluence インスタンスを公開している(匿名ユーザーにコメント追加やページ作成などを許可している)場合、コメントや新しいページの形をとって、自動化されたスパムが追加される可能性があります。

Confluence の設定により、ユーザーが以下の操作を行う前に、人間であることを証明するよう求めることによって、自動化されたスパムを阻止できます。

  • コメントの追加。

  • ページの作成。

  • ページの編集。

  • Confluence 管理者へのリクエスト送信。

「キャプチャ」は、人間をウェブ スパイダーやロボットなどの自動エージェントと区別する一種のテストです。キャプチャが有効になっている場合、歪んだ単語の画像がユーザーに表示され、先に進むにはテキスト フィールドにその単語を入力する必要があります。 

スパム対策のための Captcha (キャプチャ) の例

Captcha は既定では無効化されています。有効にすると、初期設定では匿名ユーザーのみがコメントの作成時やページの編集時に Captcha テストを実行する必要があります。また、すべてのユーザーや特定のグループのメンバーに対して Captcha を適用するように選択できます。Confluence で匿名ユーザーにコメントの追加やコンテンツの作成を許可している場合は、インスタンスで Captcha を有効にするようにサポート リクエストを登録できます。詳細については、「Atlassian Cloud と Data Center の比較」を参照してください。

その他のヘルプ