ページの書式設定

斜体、太字、下線、色、左右揃えなどの書式設定を使用してテキストを強調できます。 

太字や斜体などの標準の書式設定オプションに加えて、Confluence のページのレイアウトを変更したり、コンテンツの動的な表を追加したり、タスクを追加および割り当てたり、画像、gif、動画などのマルチメディアを表示したりすることもできます。 

ご利用のサイトのページでは、新しいエディタまたは従来のエディタが使用されます。このページでは両方のエディタの使用方法について説明します。

ページで使用しているエディターの確認

ページを編集する際に、視覚的な指標としてツールバーを確認できます。新しいエディターのツールバーでは、テキストのカラー ピッカー、「元に戻す/やり直し」ボタンの埋め込み、または絵文字アイコンなどの違いを確認できます。また、新しいエディターでは [公開] ボタンと [閉じる] ボタンが右上に移動しています。

新しいエディタ

ConfluenceCloud_NewEditor_Toolbar

従来のエディタ

画像は、レガシー エディターのツールバーと新しいエディターのツールバーを差別化する独自のツールをハイライトしています。

新しいページの右側のサイドバーにある従来のエディター テンプレートによって、新しいエディターから従来のエディターに切り替えられます。

新しいエディタ

このセクションでは、新しいエディタを使用したコンテンツの作成、編集、および公開方法について、次の詳細情報を説明します。

  • テキスト

  • リンク

  • 画像、動画、.gif

  • レイアウト

日付やステータスなどの基本要素の挿入に関する詳細については「要素を挿入する」をご参照ください。

テキスト

Confluence には、他のドキュメント エディターで提供される標準書式設定の多くが含まれます。ページに追加するテキストは通常のテキストとして書式設定されますが、段落スタイルを変更すると最大 6 レベルの見出しを割り当てられます。

また、斜体、太字、下線、テキストの色、左右揃えなどの書式設定を使用して、テキストを強調できます。 

tab キーによってインデントして、shift + tab キーの組み合わせによってアウトデントします。これらのキーボード操作をテキスト ブロックや箇条書きで使用できます。

新しいエディターに表示される書式設定ツール

ページへのリンクの挿入方法

  1. リンクを挿入するテキストまたはカーソルの位置を選択します。

  2. ツールバーの [リンク] を選択します。キーボード ショートカット (Windows: Ctrl+K、Mac: command+K) を使用することもできます。

  3. ページまたはブログ投稿を選択するか、外部の URL を入力します (特定のタイプのコンテンツへのリンク方法については「リンクとアンカー」をご参照ください)。

  4. リンク テキストを入力または変更します。これがページ上に表示されるテキストです。このフィールドを空欄のままにすると、ページ名または URL がリンク テキストとして使用されます。

  5. Enter を押します。

URL を直接ページに貼り付けることもできます。Confluence により自動的にリンクが作成されます。また、現在のサイト内のページからの URL の場合、ページ名がリンク テキストとして設定されます。

画像、動画、gif

1 枚の画像が 1,000 語に匹敵する場合、gif はどれだけの語数に匹敵するでしょうか。

ツールバーの [ファイルおよび画像] ボタンを選択して、Confluence ページに画像または gif を追加します。Confluence に画像や gif をアップロードするか、URL を使用して別の web ページの画像を表示します。画像はドラッグしてサイズを変更できます。

画像やマルチメディア、 Office ファイル、PDFのようなファイルをコンピュータからドラッグし、エディタに直接ドロップします。ファイルのコンテンツがページやブログ投稿に埋め込まれます。

画像設定

画像を選択すると、フローティング ツールバーが表示されます。 

新しい Confluence エディターのフローティング画像ツールバー

以下を制御できます。

  • キャプションを追加する — 画像に詳細を追加します。テキストのサイズと配置は変更できませんが、他の書式を適用できます。

  • 画像の位置合わせ - ページ上の画像の位置合わせの方法を決定します。

  • テキストの折返し - 画像を選択し、フローティング ツールバーで [左揃え] または [右揃え] をクリックすることで、画像の周囲のテキストの表示方法を調節できます。

  • リンク - Confluence ページまたは外部 URL へのリンクを追加して、ページ閲覧者が画像をクリックして追加したページに移動できるようにします。

  • 代替テキスト — すべてのユーザーが使用できる、画像と併せて表示される補足テキストを追加します。代替テキストを使用することで、画像にコンテキストや意図を追加できるほか、すべてのユーザーが画像をより良く理解できるようにできます。

マルチメディア

映画、アニメ、動画、埋め込みのオーディオ ファイルを Confluence ページに表示できます。Confluence は、Adobe Flash、MP3、MP4、その他のさまざまな動画フォーマットをサポートしています。マルチメディア マクロによってこれらをアップロードします。 

ソーシャル ビデオおよび画像共有 

ウィジェット コネクター マクロは、YouTube、Vimeo、Flickr、その他のサイトからライブ コンテンツを表示します。Youtube と Vimeo の各リンクの場合は、ページに URL を貼り付けると再生可能動画に自動で変換されます。 

ステータスからロードマップまで、Confluence ページに追加できる情報を確認するには、マクロの完全なリストをご参照ください。 

新しいエディタで、画像とファイルは個別の行に表示されます。テキストの内部に画像を追加することはできません。製品アイコンなどの十分に小さい画像の場合、カスタム絵文字を作成してその画像を挿入できます。

表を追加するには、[] をツールバーで選択します。3 列 3 行の表 (ヘッダー行を含む) がページに表示されます。

表をツールバーから Confluence ページに追加します。

表右側の幅セレクターによって、中央揃え、幅広、全幅を切り替えられます。すべての表は画面サイズに合わせて拡大縮小して、最適なビューを提供します。

多数の行を含む大規模な表では見出し行が「固定」されて、ページを編集/表示する際に表示外にスクロールされません。ただし、複数の行をマージして見出し行を大きくした場合には機能しません。

各列幅はページ幅の割合で設定されるため、ページ サイズの変更によって列が拡大または縮小されます。表が全幅で列数が多い場合は、水平方向にスクロールできるようになります。

表をページで表示している際に、見出し行の並べ替えアイコンを選択してコンテンツを並べ替えられます。選択した並び替え条件は他のユーザーの表示に反映も保存もされません。

リスト、ブロック引用、または別の表内には表を配置できません。

表を編集する

表の編集ツールはコンテキストに依存して、フォーカスの位置に応じて異なります。 

左上にフォーカスを置くと表全体が選択されます。表全体を別の場所にコピー & ペーストする場合に役立ちます。

左上にフォーカスを置くと表全体が選択されます。
表のオプション

ページの編集時に表の一部を選択すると、表のオプションが表示されます。表のオプションによって次を実行できます。

  • 行をヘッダー行としてマーク (灰色の背景と太字テキスト)

  • 列をヘッダー列としてマーク (灰色の背景と太字テキスト)

  • 番号付き列を挿入して各行に自動で番号を付ける

フローティング ツールバーの表オプションを選択して、表の外観を変更します。

セル内で (または複数のセル、行、もしくは列の選択時に)、下矢印を選択して次のアクションにアクセスします。

  • セルの色を変更

  • 右側に列を挿入

  • 下に行を挿入

  • 列を削除

  • 行を削除

  • セルをマージ

  • セルを分割

  • 列の幅を揃える

  • セルをクリア

複数のセルを選択している際は、選択したすべてのセルの背景色を変更したり、選択したセルをマージしたりできます。セルがマージ済みの場合は、セルを分割するオプションを利用できます。

セルごとにさまざまなオプションによって表を変形します。
  • 表の左側にある点にカーソルを合わせて [+] を選択し、その下に行を挿入します。

  • 表のセルのいずれか > 左端の順に選択します。これによって行全体がハイライトされて、その行を削除できる X が表示されます。

    • マージされた行は削除前に分割する必要があります。

  • Shift キーを押しながら別の行の左端を選択すると、複数の行を一度に削除できます。

表の行を簡単に追加、削除、または変更します。
  • 上部の点にカーソルを合わせて [+] を選択し、右に列を挿入します。

  • 表のセルのいずれか > 上端の順に選択します。これによって列全体がハイライトされて、その列を削除できる X が表示されます。

    • マージされた列は削除前に分割する必要があります。

  • Shift キーを押しながら別の列の上端を選択すると、複数の列を一度に削除できます。

表の列を追加、削除、または変更します。

複数の列を選択している際は、[列の幅を揃える] を選択して選択したすべての列を同じ幅に調整できます。また、表全体を選択して表のすべての列をサイズ変更できます。

表を削除する

表を完全に削除するには、表のフローティング ツールバーのゴミ箱アイコンを選択します。

テーブルの視覚化

表データを動的な円、棒、または折れ線の各グラフとして視覚化して、情報を簡単に確認、監視、提示できます。

グラフを表データに基づいて挿入するには、次の手順に従います。

  1. 表の一部を選択します。

  2. フローティング ツールバーから [グラフを挿入] を選択します。

  3. 複数のグラフを同じ表から作成するには (ソース表の再選択後に) [グラフを挿入] をもう一度選択します。

グラフを表データから挿入して、情報を視覚化します。

グラフの幅は、中央揃え、幅広、または全幅に調整できます。

グラフを削除するには、グラフ > フローティング ツールバーのゴミ箱アイコンの順に選択します。ソース表は削除されません。

表から作成されたグラフは、サイズ変更または削除できます。

表から作成されたグラフはその表にリンクされるため、表に加えた変更はグラフに反映されます。グラフ > フローティング ツールバーの [ソースを編集] の順に選択して、ソース表にジャンプして更新します。

ソース表は、それを視覚化したグラフと同じページまたはブログ上に配置される必要があります。表を削除すると、その表から作成されたすべてのグラフが破棄されます。ただし、表を切り取って同じページに貼り付けると、グラフは再生成されます。

グラフを表示してソース表を非表示にする場合は、そのページに展開マクロを追加してソース表を切り取り、展開内に貼り付けられます。

表の視覚化は編集可能で、ソース表は展開内にすら隠せます。
グラフのオプション

グラフ挿入後に表示するデータとそのデータの表示方法を決定するには、いくつかのオプションが用意されています。

  1. グラフを選択します。

  2. フローティング ツールバーから [グラフのオプション] を選択します。

  3. 必要なグラフのタイプを選択します。

  4. 表の X 軸に使用する表の列を選択します。

  5. データとしてカートに表示する他の表の列を選択します。

  6. 複数の行が同じ値を持つ際に値を単一のデータ ポイントに集計するには、[データを集約] を選択します。

表の視覚化の表示方法には多くのオプションがあります。

各グラフ タイプには独自のカスタマイズがあります。

 

棒グラフ

折れ線グラフ

円グラフ

Style

  • グラフ領域の高さ

  • データ系列 (表見出し) の色

  • グラフの向き

  • グラフ領域の高さ

  • データ系列 (表見出し) の色

  • データ ポイントを表示/非表示

  • ライン スムージング

  • グラフの向き

  • グラフ領域の高さ

  • データ系列 (表見出し) の色

タイトル

  • グラフのタイトル、X 軸、Y 軸

  • グラフのタイトル、X 軸、Y 軸

  • グラフのタイトル

凡例

  • グラフ凡例を表示/非表示

  • 凡例の位置

  • グラフ凡例を表示/非表示

  • 凡例の位置

  • グラフ凡例を表示/非表示

  • 凡例の位置

レイアウト

ページのレイアウトは、ページの読まれ方やコンテンツの視覚的なインパクトに大きな影響を与える可能性があります。たとえば、読みやすさを最適化する場合は最も狭い列幅を行あたり約 50 ~ 75 文字にすることをお勧めしますが、表形式でデータを表示する場合はページの幅を広くするほうが便利です。

Confluence では、既定のレイアウトを挿入したあとに [レイアウト] ツールを使用して異なるレイアウトを作成し、ページのさまざまな場所で個別の列構成を使用できます。 

新しい Confluence エディターのレイアウト

複数の列レイアウトを利用できます。レイアウトを挿入したら、オプション間を簡単に切り替えられます。列レイアウトを変更してもコンテンツは消えません。追加の列は右側に追加されます。列を減らすようにレイアウトを変更すると、コンテンツは左側に移動します。これは、従来のエディターにおけるセクションの追加、削除、移動機能に代わるものです。

フローティング ツールバーのごみ箱アイコンを選択すると、ページからレイアウトを移動できます。

Confluence のレイアウト内に挿入された初期設定

従来のエディタ

このセクションでは、従来のエディタを使用してページに書式設定を追加する方法の詳細について説明します。

レイアウト

ページのレイアウトは、ページの読まれ方やコンテンツの視覚的なインパクトに大きな影響を与える可能性があります。たとえば、読みやすさを最適化する場合、最も狭い列幅を行あたり約 50 ~ 75 文字にすることをお勧めしますが、表形式でデータを表示する場合はページの幅を広くするほうが便利です。

Confluence ではセクション ツールを使用して各セクションに異なる列設定を設定して、さまざまなレイアウトを作成できます。 

Confluence の従来のエディターでレイアウトを作成する

セクションを使用するには、ツールバーの [ページ レイアウト] ボタンを選択します。ページ レイアウト ツールバーが表示されます。

従来の Confluence エディターのページ レイアウト ツールバー
  1. セクションを追加: 現在のコンテンツの下に新しいセクションが追加されて、セクションの境界が点線で示されます (ページ表示時に点線は表示されません)。

  2. 列レイアウト: カーソルを合わせているセクションの列レイアウトを変更します。列レイアウトを変更してもコンテンツはなくなりません。追加の列は右側に入って、列を減らすようにレイアウトを変更するとコンテンツは左側に移動します。 

  3. セクションを移動: カーソルを合わせているセクションを、セクション内のすべてのコンテンツと併せてページの他のセクションの上または下に移動します。 

  4. セクションを削除: カーソルを合わせているセクションを削除します。これによって、セクションとそのすべてのコンテンツが削除されます。

非常に幅の広い表について

各列幅はページ幅の割合で設定されるため、ページ サイズの変更によって列が拡大または縮小されます。列に幅の広すぎる項目が含まれている場合は、ページを表示するときに、水平スクロール バーが表示されます。これを回避するには、画像をオリジナルのサイズに設定します。これにより、幅に合うように画像が拡張されます。 

テキスト

Confluence には、他のワープロ ソフトで提供されているすべての標準書式設定オプションが含まれます。斜体、太字、下線を使用してテキストを強調したり、色、インデント、または配置を変更したりすることができます。これらに加えて、次の書式設定ツールを使用できます。

  • 引用する段落のテキストのスタイルを変更することで、引用を強調します。

引用はこのようになります。

  • 水平線によって、テキストのセクションを分割します。これは > [その他を挿入] メニューにあります。 


  • 日付ピッカーを使用するには、// と入力して日付を選択します。

  • @と名前を入力すると、メンションできます。メンションされたユーザーには通知が送信されるため、これによってページを読むように知らせたり、特定のコメントに注目させたりできます。

  • 画像の周りをテキストで囲むには、画像を選択し、配置ボタンを 2 回クリックします。1 回目で配置が変更され、2 回目でテキストが画像の周りを囲むように設定されます。 

  • コード ブロック マクロによって、ページでシンタックス ハイライトによってソース コードを表示できます。

1 2 3 <div style="color: green"> <p> This page needs more cats.</p> </div>
  • 情報が溢れ返っていたら、ページで情報を必要とするユーザーにそれを表示しながら他のユーザーに影響を与えないようにするために、展開機能をお試しください。

展開はマクロ ブラウザーで見つけられます。[さらにコンテンツを挿入] > [その他のマクロ] > [展開] の順に移動します。

  • ボタンによってタスクを追加して、他のユーザーにメンションします。その行で最初にメンションしたユーザーにタスクが割り当てられます。

    これらのタスクは、そのユーザーのプロファイルにあるタスクのリストに表示されます。このユーザーはタスクの完了時にチェックボックスを選択できます。期限切れになると期限が赤く表示されます。また、この画面では、日付、完了状況、タスクが割り当てられたものか自身で作成したものかどうかで、絞り込めます。これらを別のページに表示する場合は、タスク レポート マクロも使用できます。

  • 目次マクロによって、ページの見出しに対するリンクのリストを生成できます。リンクのリストはマクロを追加した任意の場所に表示されて、見出しの文言が変更されるたびに自動で更新されます。

  • 絵文字、記号、または特殊文字を追加します。完全なリストをこちらでご確認ください。 

表を追加するには、ツールバーの [表を挿入] を選択してドロップダウンのセルをクリックし、行と列の数を設定します。 

従来のエディターで表を挿入する

表の編集

表を変更するには、セルの内部をクリックします。これによって、ツールバーに表ツールが表示されます。 

以下は表ツールの概要です。

列幅モード

  • レスポンシブ - コンテンツを追加すると表が拡張され、ドラッグで列のサイズを変更できます。また、ページ閲覧者のウィンドウのサイズに合わせ、合理的な範囲内で自動的にサイズが調整されます。

  • 固定幅 – 列の枠線をドラッグして幅を設定します。コンテンツおよびウィンドウのサイズを問わず、設定したサイズで列が表示されます。

  • 現在の行の前後に行を挿入、または現在の行を削除

  • 現在の行の切り取り、コピー、貼り付け

  • 行をヘッダー行としてマーク (灰色の背景、太字テキスト)。これをダブル クリックするとヘッダー行が削除されます。

  • 現在の列の前後に列を挿入、または現在の列を削除

  • 現在の列の切り取り、コピー、貼り付け

  • 列をヘッダー列としてマーク (灰色の背景、太字テキスト)。これをダブル クリックするとヘッダー列が削除されます。

セル

  • 選択された列をマージ、または選択された列を分割

  • セルの色を変更

  • 表の削除

  • 各行に自動的に番号を付ける番号付き列を挿入

ページで表を表示しているときに、見出し行の並べ替えアイコンをクリックして表を並べ替えることができます。

表はネストされません。リスト、ブロック引用、または別の表内には表を配置できません。

リンク

ページへのリンクの挿入方法

  1. リンクを挿入するテキスト、画像、またはカーソルの位置を選択します。

  2. ツールバーで [リンク] を選択するか、キーボード ショートカット Ctrl+K を使用します。

  3. ページ、ブログ投稿、または添付ファイルを選択するか、外部 URL を入力します (特定のタイプのコンテンツにリンクする方法については「リンクとアンカー」をご参照ください)。

  4. リンク テキストを入力または変更します。これがページ上に表示されるテキストです。このフィールドを空欄のままにすると、ページ名または URL がリンク テキストとして使用されます。

  5. [挿入] をクリックします。

URL を直接ページに貼り付けることもできます。Confluence により自動的にリンクが作成されます。また、現在のサイト内のページからの URL の場合、ページ名がリンク テキストとして設定されます。

画像、動画、gif

1 枚の画像が 1,000 語に匹敵する場合、gif はどれだけの語数に匹敵するでしょうか。

> [ファイルと画像] の順に選択して、画像または gif を Confluence ページに追加します。画像や gif を Confluence にアップロードするか、URL によって別の web ページの画像を表示します。

画像のピクセル サイズを選択したり、[オリジナル] を選択して元のサイズで表示したりすることができます。列やページに対して画像が大きすぎる場合、水平スクロールバーが表示されます。 

ドラッグアンドドロップ

画像やマルチメディア、 Office ファイル、PDFのようなファイルをコンピュータからドラッグし、エディタに直接ドロップします。ファイルのコンテンツがページやブログ投稿に埋め込まれます。

マルチメディア

映画、アニメ、動画、埋め込みのオーディオ ファイルを Confluence ページに表示できます。Confluence は、Adobe Flash、MP3、MP4、その他のさまざまな動画フォーマットをサポートしています。マルチメディア マクロによってこれらをアップロードします。 

ソーシャル ビデオおよび画像共有 

ウィジェット コネクター マクロは、YouTube、Vimeo、Flickr、その他のサイトからライブ コンテンツを表示します。Youtube と Vimeo の各リンクの場合は、ページに URL を貼り付けると再生可能動画に自動で変換されます。 

ステータスからロードマップまで、Confluence ページに追加できる情報を確認するには、マクロの完全なリストをご参照ください。 

 

その他のヘルプ