このドキュメントは、クラウド サイトから別のクラウド サイトへの Confluence スペースのインポートに固有のものです。

Confluence スペースをサーバー インスタンスからクラウド サイトに移行するには、Confluence Cloud Migration Assistant を使用することをお勧めします。

このドキュメントでは、Confluence Cloud スペースをサイト全体ではなく別のクラウド サイトにインポートする手順について説明します。クラウド サイト全体を移行する方法については、「Confluence Cloud サイトを既存のクラウド サイトに移行する」をご参照ください。

このページでは、「元の Confluence サイト」や「元のサイト」という単語を、Confluence Cloud インスタンスのデータのコピー元を意味するものとして使用します。

始める前に

Confluence サイトで Jira も利用している場合

Jira プロジェクトにスペースをリンクする 

スペースをインポートする際に、インポート画面の [Cloud プロジェクトへのリンク] ドロップダウンからプロジェクトを選択すると、Jira プロジェクトに Confluence スペースをリンクできます。

Jiraプロジェクトを同時にインポートまたは移行したい場合 

Confluence スペースにリンクされている Jira プロジェクトを同時にインポートもしくは移行したい場合、Confluence スペースをインポートする前に Jira インポートを完了する必要があります。これにより、Confluence が新しいロケーションから Jira データを取得し、Jira マクロを更新できます。

スペース キーの変更

Confluence でスペース キーを変更することはできません。別のスペース キーを持つことが必須な場合、別のキーを使用して新しいスペースを作成し、ページをそのスペースへ移動させてから、新しいスペースをインポートします。


スペースのインポートでは、既存のスペースの上書きは行いません。したがって、移行先の Confluence インスタンスが、インポートしようとしているスペースと同じスペース キーを持っている場合、Confluence はそのスペースをインポートできません。

ステップ 1. 元の Confluence Cloud サイトからスペースの内容をエクスポートする

コピーしたいスペースをエクスポートします。

  1. 元のサイトに行き、スペースを選択します。
  2. ナビゲーションでスペース名をクリックし、 [スペース設定] をクリックして、
  3. [コンテンツ ツール] > [エクスポート] を選択します。
    (info) このオプションは "スペースのエクスポート" 権限を持っている場合に表示されます。
  4. [XML] を選択し、[次へ] をクリックします。

詳細な手順については、「Word、PDF、HTML、XML にコンテンツをエクスポートする」をご覧ください。


スペースの XML エクスポートのダウンロードに Mac を使用している場合、OS X は、バックアップを解凍し、ダウンロード フォルダには解凍したフォルダを配置し、zip 形式のバックアップをゴミ箱に保存することにご注意ください。この場合、Confluence にインポートをする zip ファイルをゴミ箱から取り出す必要があります。

圧縮されていないフォルダをアップロードしようとした場合や、Mac でフォルダを再圧縮しようとした場合、インポートに失敗し、Confluence で exportDescriptor.properties ファイルを見つけられない旨のエラーが表示されます。

ステップ 2. 宛先サイトにスペース コンテンツをインポートする

  1. Confluence Cloud サイトにログインします。
  2. Confluence ナビゲーションで (設定) を選択します。
  3. 左側のナビゲーション バーの [管理] の下にある [スペースのインポート] を選択します。
  4. [参照] ボタンを利用してファイルを指定します。
    Jira Cloud を使用している場合、このスペースにリンクしたい Jira プロジェクトを指定できます。
  5. [インポート] を選択します。

複数のスペースをインポートする場合、最初のインポートが完了した後、[別のスペースをインポート] をクリックし、すべてのスペースのインポートが完了するまで操作を繰り返し行うことができます。

すべてのスペースをインポートしたら、[次のステップ] をクリックします。これによってJira マクロの修復が行われ、インスタンス上の Jira マクロの検索と修正が行われます。 

スペース インポートについての注意

  • ユーザー: 上記の手順ではユーザー アカウントはインポートされません。「G Suite との統合」を参照してください。
  • グループと権限 – 上記の手順では、グループはインポートされません。グループに関連付けられている権限の設定 (スペースまたはページ) は、インポート時に失われます。ただし、同名のグループが移行先サイトにすでに存在する場合を除きます。グループの権限設定を維持するには、スペースをインポートする前に、すべてのグループにおいて、移行先サイトにすでに存在する同名の対応するグループがあることを確認します。この手順は、ユーザーとグループ、スペースの順にインポートすると簡単に実行できます。 
  • ドキュメント テーマを持つスペースのインポート- ドキュメント テーマを利用していたスペースをエクスポートした場合は、テーマで行った可能性のあるすべての wiki マークアップのカスタマイズを記録しておくことをおすすめします。これらはスペースのインポート時にデフォルト テーマに自動的に適用されません。