Confluence Cloud スペースをインポートする

このドキュメントは、クラウド サイトから別のクラウド サイトへの Confluence スペースのインポートに固有のものです。Confluence スペースをサーバー インスタンスからクラウド サイトに移行するには、Confluence Cloud Migration Assistant の使用をお勧めします。

Confluence Cloud スペースをサイト全体ではなく別のクラウド サイトにインポートする手順について説明します。クラウド サイト全体を移行する方法については「Confluence Cloud サイトを既存のクラウド サイトに移行する」をご参照ください。

ユーザー アカウントをインポートすることでユーザーに製品アクセスを付与してグループに追加する方法については「ユーザーの移行戦略を決定する」の Confluence セクションをご覧ください。既存の G Suite ユーザー ディレクトリを統合するには「G Suite と統合する」をご参照ください。

このページでは、「元の Confluence サイト」や「元のサイト」という単語を、Confluence Cloud インスタンスのデータのコピー元を意味するものとして使用します。

始める前に

Confluence サイトにも Jira がある場合は、スペースのインポート時にインポート画面の [Cloud プロジェクトへのリンク] ドロップダウンからプロジェクトを選択すると、Jira プロジェクトに Confluence スペースをリンクできます。

Jira プロジェクトのインポートまたは移行  

Confluence スペースにリンクされている Jira プロジェクトを同時にインポートまたは移行している場合は、Confluence スペースをインポートする前に Jira インポートを完了する必要があります。これによって、Confluence が新しいロケーションから Jira データを取得して Jira マクロを更新できます。

スペース キーの変更

Confluence でスペース キーを変更することはできません。別のスペース キーを持つことが必須な場合、別のキーを使用して新しいスペースを作成し、ページをそのスペースへ移動させてから、新しいスペースをインポートします。

スペースのインポートでは、既存のスペースの上書きは行いません。したがって、移行先の Confluence インスタンスが、インポートしようとしているスペースと同じスペース キーを持っている場合、Confluence はそのスペースをインポートできません。

元の Confluence Cloud サイトからスペースの内容をエクスポートする

エクスポートするには、スペース管理者である必要があります。

コピーするスペースをエクスポートするには、次の手順に従います。

  1. 元のサイトに行き、スペースを選択します。

  2. サイドバーで [スペース設定] を選択します。

  3. [スペースを管理] カードから [スペースをエクスポート] を選択します。
    このオプションは、スペースのエクスポート権限がある場合にのみ表示されます。

  4. [XML] を選び、[次へ] を選択します。

詳細な手順については「Word、PDF、HTML、XML にコンテンツをエクスポートする」をご参照ください。

スペースをエクスポート

スペースの XML エクスポートのダウンロードに Mac をご利用の場合、OS X はバックアップを解凍して解凍したフォルダーをダウンロード フォルダーに配置し、zip 形式のバックアップをゴミ箱に移動することにご注意ください。この場合は、Confluence にインポートをする zip ファイルをゴミ箱から取り出す必要があります。

圧縮されていないフォルダをアップロードしようとした場合や、Mac でフォルダを再圧縮しようとした場合、インポートに失敗し、Confluence で exportDescriptor.properties ファイルを見つけられない旨のエラーが表示されます。

宛先サイトにスペース コンテンツをインポートする

スペースをインポートするには、サイト管理者である必要があります。

  1. Confluence Cloud サイトにログインします。

  2. Confluence ナビゲーションで、 (設定) を選択します。

  3. 左側のナビゲーション バーの [管理] で [スペースをインポート] を選択します。

  4. [参照] によってファイルを指定します。
    Jira Cloud をご利用の場合は、このスペースにリンクする Jira プロジェクトも指定できます。

  5. [インポート] を選択します。

インポートされたスペースは、[スペース] メニューの下にあります。[スペース] >>[すべてのスペースを表示] の順に選択してください。

スペースをインポート

複数のスペースをインポートする場合、最初のインポートが完了した後、[別のスペースをインポート] をクリックし、すべてのスペースのインポートが完了するまで操作を繰り返し行うことができます。

この手順で次はインポートされません。

  • ユーザー アカウント。つまり、ユーザーに対する製品へのアクセス権の付与やグループへの追加は行われません。ただし、インポートするスペースに接続されているユーザー データの一部はインポートされます。これは、メンション、コメント、ページ履歴をアクティブな状態に保つためです。インポートされるユーザー データには、次が含まれます。

    • 氏名

    • ユーザー名 (インポート後に破棄)

    • メール アドレス

  • グループ。
    グループに関連付けられている権限の設定 (スペースまたはページ) は、インポート時に失われます。ただし、同名のグループが移行先サイトにすでに存在する場合を除きます。グループの権限設定を維持するには、スペースのインポート前に、すべてのグループに移行先サイトにすでに存在する同名の対応するグループがあることを確認します。この手順は、ユーザーとグループ、スペースの順にインポートすると簡単に実行できます。 

ドキュメントのテーマを利用していたスペースをエクスポートした場合は、あなたがテーマで行った可能性のあるすべての wiki マークアップのカスタマイズをメモしておくようにしてください。これらはペースがインポートされる際に自動的にデフォルトのテーマには適用されません。

その他のヘルプ