テンプレートからページを作成する

Confluence には、スペース ブループリントと呼ばれる多数のテンプレートが用意されています。これにはカスタマイズされた概要とサイドバーに加えて、開始に役立つページのブループリントやサンプル コンテンツが含まれる場合があります。また、ブループリントによって個々のページを作成できます。

Confluence 管理者はブループリント テンプレートをカスタマイズまたは無効化することができます。テンプレートの詳細については、「サイト テンプレートの管理」をご参照ください。 

テンプレートからスペースを作成するには、次の手順に従います。

  1. Confluence のナビゲーションで、[スペース] > [スペースを作成] の順に選択します。

  2. 利用可能なテンプレート オプションから、目的のスペース タイプを選択します。
    空白スペース (テンプレートなし) から始める場合は「空白スペースの作成」をご参照ください。

  3. 次へ をクリックします。

  4. 必要な詳細 (スペース名とスペース キー)、説明 (任意) の順に入力します。

  5. スペースの権限を設定します。

  6. [作成] を選択して、スペースの作成を完了します。

ソフトウェア プロジェクト スペース ブループリントは、Confluence が Jira Software インスタンスにリンクされている場合のみ表示されます。

チームスペース

Confluence をイントラネットとして使用したり、チームの管理に使用している場合は、こちらが良いでしょう。チームスペースは、チームのメンバーをアピールし、ユーザーに適切な権限を付与します。

テンプレートから作成された Confluence Cloud チーム スペース。

ナレッジベース スペース

このスペース ブループリントでは、コンテンツを見つけやすくするために、ページ ラベルによる検索を使用しています。また、このスペース ブループリントには、ハウツー記事やトラブルシューティング記事を作成するための 2 つのページ ブループリントが含まれています。こうしたページ ブループリントで使用されるテンプレートは、完全にカスタマイズできます。ナレッジベース スペースのスペース ブループリントは、Jira Service Deskとも連携されます

テンプレートから作成された Confluence Cloud ナレッジ ベース スペース。

ドキュメンテーション スペース

文書のスペースの概要では、検索とページ ラベルによって簡単にコンテンツを見つけられます。概要でハイライトするページには「注目」ラベルを追加します。このスペースにはページ ブループリントは含まれていませんが、テンプレートを作成してドキュメント作成者に使用するように促進できます。

テンプレートから作成された Confluence Cloud ドキュメント スペース。

ソフトウェア プロジェクト スペース

ソフトウェア プロジェクト スペース ブループリントは、Confluence が Jira Software インスタンスにリンクされている場合のみ表示されます。

このスペースは、ソフトウェア プロジェクトを整理しやすくすることを目的としています。専用のスペース概要によって、ロードマップを表示して編集し、チーム メンバーを確認して Jira Software と統合できます。要件、ミーティング議事録、決定事項、ふりかえりなどのために、このスペースにページを作成します。

テンプレートから作成された Confluence Cloud ソフトウェア プロジェクト スペース。

その他のヘルプ